【新常識の時間帯】あなたの知ってる「お肌のゴールデンタイム」はもう古い!

美容
スポンサーリンク

お肌のゴールデンタイムという言葉を聞いたことがありますか?
以前は22時から翌2時までがお肌のゴールデンタイムと言われていましたが、最近は少し変わってきているようです。

なぜゴールデンタイムというのかというと、その時間に美肌には欠かせない成長ホルモンが分泌されているから。
でも、現代の女性にとって22時に寝るということはとても難しいと思います。

この記事ではお肌のゴールデンタイムとは何なのか、また、美肌と睡眠の関係と成長ホルモンがいつ分泌されるのかなど、美肌になるための情報をお伝えします。

スポンサーリンク

お肌のゴールデンタイムとは

昔から美肌になるためには「この時間に寝るようにしましょう」とテレビなどでもよく耳にしませんでしたか?
果たして最新のお肌のゴールデンタイムはどうなのでしょうか。

22時から2時に成長ホルモンが出るというのは嘘だった

美意識の高いあなたは、「22時から翌2時はお肌のゴールデンタイム」ということを聞いたことがあると思います。

このお肌のゴールデンタイム、最近では22時から翌2時までという時間が間違っているという研究結果が出ているのです。

今は「お肌のゴールデンタイムが22時から翌2時までというのは都市伝説」とまで言われているほどです。

お肌のゴールデンタイムの根拠

なぜその時間がお肌のゴールデンタイムと言われているのかというと、その時間に成長ホルモンが最も多く分泌され、この時間に寝ているのがお肌に良いとされていたからです。

一昔前ならこの時間に床についている人は多かったでしょうが、現代では生活環境の変化から、22時頃から寝るということが難しい状況です。

しかし、寝ている間に成長ホルモンが分泌されてお肌に良い、ということに変わりありません。

寝ている間にお肌が綺麗になる理由

寝ている間にお肌が綺麗になるのには理由があります。
これを読んだら、もう夜更かしなんてできなくなりますよ。

睡眠とお肌の関係

ヒトは深く眠っているときに大脳の下にある脳下垂体(のうかすいたい)から成長ホルモンが分泌されます。

出典:中外製薬

下垂体は脳の下面についた前後8ミリ、幅10ミリ程の小さな内分泌腺でホルモンを血液中に送り出します。下垂体前葉と下垂体後葉に分けられますが、内頸動脈、海綿重脈洞などに囲まれた重要な臓器です。下垂体は脳の視床下部から命令を受け、副腎皮質や甲状腺、膵臓、卵巣、精巣、骨や筋肉などいろんなところを刺激して作用させる仕組みになっています。

引用:総合南東北病院

成長ホルモンは、新陳代謝を促す作用があり、肌のターンオーバーも新陳代謝の一種です。

ターンオーバーとは皮膚の細胞が下層から生まれ変わり、それが表皮となってやがて角質化して剥がれ落ちるというサイクルのこと。
健康な人は約28日の周期で肌は生まれ変わっています。

  • 睡眠時間が短い
  • 寝つきが悪い
  • 途中で目が覚める
  • 10時間以上ダラダラと寝る

 

…など、質が良くない睡眠が続くとターンオーバーの周期が乱れ、角質が剥がれ落ちにくくなり、皮膚の再生がうまくいかなくなります。

お肌の状態で「ガサガサ」「乾燥」「くすみ」などのトラブルがある場合は睡眠状態が悪いか、ストレスや疲労がたまっている証拠だとも言えます。

お肌のためには眠りの質が大切

眠りは浅い眠りの「レム睡眠」と深い眠りの「ノンレム睡眠」を繰り返します。
この「ノンレム睡眠」が深いことが、質の良い睡眠の条件になります。

出典:医療法人 仁和会 和田病院

すんなりと寝入ることができれば、ぐっすりねむれ、寝起きもスッキリ。
深い眠りにつくことができれば成長モルモンが分泌されるので、お肌は綺麗になるのです。

眠りについてから3時間の熟睡が必要

お肌のターンオーバーに欠かせないのが成長ホルモンです。
寝ている間中、ずっと成長ホルモンが出ているのかというと、そうではありません。

成長ホルモンは眠りはじめて約3時間までの深い眠りである「ノンレム睡眠」の時に、たくさん分泌されます。

お肌をきれいにしたいなら、ただ単に睡眠をとればいいということではなく、3時間以内に深い眠りに入ることが重要なのです。

お肌のゴールデンタイムに眠る効果

お肌のゴールデンタイムに睡眠をとると、疲労回復や美肌効果など女性にとってうれしい効果が期待できます。
ここではそれぞれの効果について紹介します。

疲労回復や免疫力アップ

しっかりと深い眠りを得ることで、一日の疲れをスッキリさせてくれ、免疫力もアップさせる効果があります。

睡眠時間が少ない人は免疫力が低下して体調を崩したり、肌トラブルが増えたりするものです。

美肌に効果がある

成長ホルモンの分泌で、お肌のターンオーバーが促進されることはすでにお伝えした通りです。
ターンオーバーが正しい周期で繰り返されていると、肌にうるおいが出てきます。

この肌のうるおいを保っているのは、角質層にあるセラミド。
セラミドは肌の細胞分裂で生み出されます。

新陳代謝が低下するとセラミドが少なくなり、お肌が乾燥してしまいます。

太りにくくなる

成長ホルモンには脂肪を燃焼し、筋肉を作る働きもあるんです。
筋肉が増えれば基礎代謝が増えて痩せやすい体になれますよね。

成長ホルモンの分泌が多いと、美肌効果だけでなくダイエットにも効果が期待できるなんて、まさに一石二鳥ですよね。

お肌のために最低限必要な睡眠時間

18歳以上の方でお肌が綺麗になるために必要な睡眠時間は、一般的に6~8時間です。
なぜこれほど幅広いのかというと、自分が最適だと感じる睡眠時間が人によってそれぞれ違うからです。

  • 目覚めた時にすっきり感がある
  • 起きてから4時間後に眠気がない
  • 寝ている間に何度も起きることがない

 

これらに当てはまれば、最適な睡眠時間だと言えます。

お肌のターンオーバーに欠かせない熟睡を手に入れる3つのポイント

睡眠が大事なのはわかるけど、中には「なかなか寝付けない」「ぐっすり眠れない」という方もいらっしゃると思います。

そこで、質の良い睡眠を手に入れるための3つのポイントを紹介します。

寝る60~90分前までにぬるめのお湯につかる

寝る前に体温が高い状態だと、寝つきが悪くなり、質の良い睡眠を得ることができません。
寝る前には体温を上げすぎないように、ぬるめのお湯にゆっくり入り、リラックスすることがポイント。

早く寝たいからと言って、シャワーで済ませることなく、きちんと湯船につかって交感神経を落ち着かせましょう。

ストレッチやエクササイズは19時がベスト

運動をすることで、体が適度に疲れて快眠を促しやすいということはよく知られていることですが、時間帯によっては睡眠の妨げとなることもあります。

一日のうちで一番体温が高くなる19時前後に簡単なストレッチや軽いエクササイズを行うと、体が適度に疲れて熟睡できます。

逆に21時以降は体が眠りにつくために徐々に休息モードに入っていく時間です。
その時間にストレッチやエクササイズをすると、交感神経を刺激してしまうので眠気が冷めてしまいます。

寝る前の運動は深い眠りの妨げになりますので、避けましょう。

寝る1時間前にはスマホやテレビを見ない

寝る前には脳から「メラトニン」と呼ばれる睡眠ホルモンが分泌されます。
メラトニンの分泌が多くなることで、眠気を誘うのです。

メラトニンは強い光を浴びると分泌が止まってしまいます。
ですから、寝る1時間前にはスマホやテレビを見るのをやめて、照明を少し暗くして、読書やリラックスできる音楽を聴くなどして寝る体制を整えましょう。

そうすることで熟睡でき、成長ホルモンの分泌を最大限に高めることができます。

まとめ

お肌のゴールデンタイム、今までの常識と違っていたことに驚かれましたか?
今までだとお肌のために「10時には寝ないと!」と躍起になっていた人も、就寝後に成長ホルモンが分泌されると分かれば、自分のペースで睡眠をとることができますよね。

質の良い睡眠をとる習慣を手に入れて、お肌のゴールデンタイムを自分のモノにしちゃいましょう。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
美容
オトカツ編集部をフォローする
オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。

コメント