1. TOP
  2. ふくらはぎ痩せが【歩き方を変える】だけで叶う簡単ウォーキング

ふくらはぎ痩せが【歩き方を変える】だけで叶う簡単ウォーキング

ボディケア
この記事は約 8 分で読めます。 91 Views

「脚が痩せるダイエットを頑張ってるのに、ふくらはぎだけは全然痩せない」

「ふくらはぎがたくましいので、もっと女性らしく細くしたい」

他はそんなに太ってないのに、何故かふくらはぎだけが太いという悩みをお持ちではありませんか?

ふくらはぎは筋肉が付きやすい部位のため、いつの間にか太くなってしまったという方も多いです。

 

太くなってしまったふくらはぎが一週間で細くなってしまう歩き方がもしあるなら、知りたくないですか?

 

この記事ではただ歩き方を変えるだけで、ふくらはぎ痩せができる歩き方やサポートアイテムなどを紹介しています。

誰もが憧れるような細くスッキリとしたふくらはぎを手に入れるために、明日からさっそく取り入れてみましょう!

こちらの記事もおススメです。

こんな歩き方は脚を太くする!ふくらはぎが筋肉質になってしまう6つの原因

特に運動もしていないのに、ふくらはぎが筋肉質になり、太くなってしまったという経験はないでしょうか。

ふくらはぎが太くなってしまう原因は歩き方が関係している場合があります。

どのような歩き方がふくらはぎを筋肉質にしてしまうのでしょうか。

人より歩くスピードが速い

ふくらはぎには持久力のある筋肉と瞬発力のある筋肉が存在します。

人より歩くスピードが速い人は、瞬発力のある筋肉を常に鍛えているのと同じです。

瞬発力のある筋肉を鍛えてしまうと、ふくらはぎは筋肉質で太くなります。

一方、持久力のある筋肉は鍛えてもふくらはぎが太くなることはないので、ふくらはぎの脂肪が気になる人は、こちらの筋肉を鍛えると良いです。

重心がつま先にかかり、前傾姿勢で歩いている

つま先重心の前傾姿勢で歩いている人は、すぐに走り出すことができる歩き方です。

その歩き方は、瞬発力のある筋肉を使っている状態になります。

また、つま先重心の歩き方はふくらはぎの筋肉があまり動かないため、むくみやすくて太く見えてしまう原因になります。

猫背など、歩くときの姿勢が悪い

姿勢が悪い歩き方は、骨盤のゆがみや膝への負担が大きいです。

そのため骨盤のゆがみや膝への負担をカバーするために、ふくらはぎに無駄な筋肉がついてしまうことがあります。

無駄についてしまった筋肉は、ふくらはぎを太く見せる原因になります。

内股もしくはガニ股で歩いている

内股で歩く女性に、女性らしい印象を抱く人も多いです。

しかし、ふくらはぎに筋肉がつくだけでなく、太ももの外側の筋肉も鍛えられてしまい、下半身全体が太っている印象になってしまう恐れがあります。

また、ガニ股は膝や足首への負担が大きく、ふくらはぎがむくむ原因になります。

足を引きずるように歩いている

足を引きずるように歩いている人は、ふくらはぎの筋肉をあまり使っていない状態です。

筋肉を使っていないということは、血液を心臓まで戻すポンプ機能が弱くなっています。

ポンプ機能が弱くなると、むくみや冷え性の原因になります。

浮指や外反母趾があり、指上げ歩きになっている

浮指は、常に指が地面から浮いた状態で歩いていることです。

浮指や外反母趾の場合、歩くときに重心移動がうまくできず、不安定な歩き方になります。

不安定な歩き方をカバーするために、ふくらはぎの筋肉に多くの負荷がかかり、筋肉質で太いふくらはぎになってしまいます。

 

筋肉質なふくらはぎも痩せる!足が細くなる歩き方

筋肉質になってしまう歩き方や癖を見直すことができたら、次は正しい歩き方を身につける必要があります。

ほどよく筋肉のついた理想的なふくらはぎになれるかもしれません。

まずは姿勢を正し、腕を振って歩こう!

正しい姿勢とは、肩甲骨を軽く寄せ、骨盤がまっすぐな状態です。

肩甲骨を寄せると猫背が改善され、自然と胸を張った姿勢になります。

その時、顎を上げたり、お尻を突き出てして背中が反った状態にならないように。

顎を引き、お尻を下におろすイメージで立つとより良い姿勢になります。

歩くときは、ただ腕を振って歩くのではなく、肩甲骨を意識し、腕を後ろに引くように歩きます。

そうすることで、背中の筋肉が刺激され、猫背を防ぐことができます。

足の指で蹴り出し、かかとで着地しよう!

良い歩き方は、足の親指の付け根に重心を乗せて蹴り出し、かかとで着地することです。

かかとに重心が乗り、再び足の付け根に重心を移動させ、蹴り出すという動作を繰り返します。

この体重移動が上手くいかないと、姿勢が崩れる原因にもなります。

まずは、重心のかかり方を意識して歩いてみましょう。

目線は少し上!顎を引いて歩こう!

スマートフォンが多く普及した現代では、下を向いて歩く人も多いです。

目線が下を向くことで、猫背になり、歩く姿勢が崩れ、ふくらはぎを太くしてしまう原因になります。

目線を上げると顎も上がり、胸を張ると肩が上がってしまう人がいます。

目線は少し上を見て、顎は引き、肩はリラックスした状態で歩きましょう。

ひざ裏を伸ばし、しなやかに歩こう!

ひざ裏が曲がった状態で歩くと、腰が落ち、猫背になってしまいます。

理想は、歩き出した時にひざ裏が自然と伸びた状態です。

伸ばしすぎると逆効果になるので、力を入れすぎないようにしましょう。

足を前にスッと出すイメージで歩くとしなやかに見えます。

お尻の穴を締め、安定した姿勢で歩こう!

お尻の穴を締めることで、体の中心の筋肉を使いやすい状態にしてくれます。

中心の筋肉は姿勢やバランスに大きく関係しているため、その筋肉が刺激されることで歩く姿勢も安定します。

お尻の筋肉を使うのでシェイプアップ効果もあるのですが、やりすぎると疲れてしまうので力の入れすぎには注意しましょう。

広めの歩幅でキビキビ歩こう!

ふくらはぎ痩せのためには、少し広めの歩幅で歩くと効果的です。

ウォーキングの場合、身長×0.45が理想の歩幅とされていますが、普段歩くには広すぎます。

ウォーキングより狭いけれど、普段より少し広いくらいの歩幅を意識するようにしましょう。

ただ、ダラダラ歩いたり、速すぎるのはNGです。

少し広めの歩幅で、少し早歩きが理想の歩き方です。

肩の力を抜き、リラックスして歩こう!

正しい姿勢を意識すると肩に力が入り、ぎこちない歩き方になってしまうことがあります。

それだけでなく、必要以上に疲れてしまい、長続きしない場合もあります。

正しい歩き方で大切なことは、リラックスして行うことです。

歩き出す前に1度深呼吸をしてみてはいかがでしょうか。

美脚の秘密!?モデルウォークでふくらはぎ痩せ

誰もが憧れる美脚の秘密はモデルウォークにあると言われています。

モデルウォークは正しい歩き方をマスターしてからのステップアップに行うと効果的です。

モデルウォークではまず基本姿勢を保ち、歩き出す時は片足に体重をかけると同時に骨盤をきちんと動かすことが大切です。

具体的には、体重をかけている足側の骨盤を押し込みます。

この時に軸がぶれないように気を付けましょう。

押し込まれた骨盤は、体重をかけていない足側が上がり、斜めになっている状態です。

そこから1歩踏み出し、体重移動が出来たら、同じように体重をかけている足側に骨盤を押し込み、骨盤を斜めにします。

歩く動作の中で繰り返しを行うと、骨盤がきちんと動き、無理のない歩き方ができるため疲れにくく、美脚になります。

ふくらはぎが痩せる歩き方で、5つの嬉しい効果

ふくらはぎ痩せのための歩き方を実践すると一石二鳥だけでなく、五鳥くらいの嬉しい効果が期待できます。

 

  1. ふくらはぎが細くなり、美脚に!
  2. 血流が良くなり、代謝アップ!
  3. リンパも流れて、むくみも解消!
  4. 足だけじゃない!全身にも痩せ効果あり!
  5. 幸せホルモンで心の安らぎ効果も!

 

これらは、正しい歩き方をするだけで手に入ります。ダイエットする時間もないような忙しい人にも、手軽にできるダイエット法です。

 

おすすめ!ふくらはぎ痩せをサポートしてくれる器具

正しい歩き方をサポートしてくれる器具もあります。

重心が外側にずれてしまっている人には、自然に重心が内側になるようなインソールがおすすめです。

インソールなので、自分が履きなれた靴に装着することができ、他人にバレることなく足のゆがみを直すことができます。

また、重心のズレを修正し、本格的なふくらはぎ痩せダイエットをしたい人には、踏み台昇降運動がおすすめです。

家の中でテレビを見ながらでもできる運動で、下半身の筋肉を鍛えることができます。

中でも、内側へ軽く傾斜のついた踏み台は、骨盤のゆがみやお尻のたるみにも効果があり、体型をコントロールしたい40代の人にもおすすめです。

 

まとめ

ふくらはぎ痩せのための歩き方について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

普段の歩き方を見直すことで、体のゆがみも修正され、憧れの美脚に近づくことができます。

ふくらはぎの太さが気になる人は、ぜひ実践してみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 骨盤の開きをセルフチェック!簡単にできる10の骨盤矯正法でスタイルアップを目指す!

  • ワキガの原因と臭い対策8つ

  • おしりのニキビが治らない!すぐにできる対処法やニキビ跡の消し方

  • クーパー靭帯を鍛える方法と垂れ胸のハリを取り戻す7つのポイント

  • ムダ毛を薄くする方法をコスパ重視でまとめました

  • 【自宅で簡単】骨盤を小さくする方法で小尻が叶う!ストレッチやグッズ10選