1. TOP
  2. デリケートゾーンのケアでよくある5つの悩みとその対策

デリケートゾーンのケアでよくある5つの悩みとその対策

 2017/03/24 ボディケア
この記事は約 12 分で読めます。 193 Views

目次

あなたは大丈夫? 間違ったデリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンが他の体の部分と明らかに違うのは、臭いが気になるという点ですね。その臭いに対策をしようとすると、毎日の洗浄に力を入れる人が多いと思います。でも、ちょっと待ってください!デリケートゾーンの悩みのいくつかは、間違った洗い方で酷くなってしまう場合が多いのです。今まで良かれと思ってやってきたデリケートゾーンの洗い方をもう一度見直して、正しいケアで快適に過ごしましょう。

自宅で出来る!デリケートゾーンの正しいケア方法

デリケートゾーンのお手入れで気をつけるのは、洗浄、保湿、清潔の3つです。正しいデリケートゾーンの洗い方から、その後のケア方法までをご紹介していきます。

デリケートゾーンの洗浄で気をつける事

デリケートゾーンの基本となるケアは洗浄です。臭いやかゆみが気になる人は「洗い方が足りないのかな?」「よく洗わなきゃ!」と今まで以上にゴシゴシと隅々まで洗う人が大多数です。

しかし、このデリケートゾーンは、ソープと過度な洗浄で臭いやかゆみを抑える大切な良い菌「乳酸菌」まで洗い落としてしまうのです。

デリケートゾーンの洗浄で気をつけるのは、体を洗うソープとは別にデリケートゾーン用の洗浄剤を使用する事と、洗いすぎない事の2つです。

デリケートゾーンの保湿

肌は乾燥してカサカサになるとかゆみを覚えます。

この事は、冬の乾燥した肌が痒いという経験をした人には実体験としてあるのではないでしょうか。

実際に体験していなくても、テレビCMやポスターなどで乾燥は肌がかゆいというのを知識として知っている人も多いはずです。

デリケートゾーンのかゆみを抑えるにも、保湿は大切です。

ムレも気になる場所だから不要なのでは?余計にムレてかぶれるのでは?と思いがちですが、乾燥してコンディションの悪い肌に菌が付着するのとコンディションが良い肌に菌が付くのでは菌に対する抵抗力が全く違ってきます。

デリケートゾーンを洗浄した後には、しっかりと保湿をしてください。

この場合もデリケートゾーン専用のクリームなどでのお手入れをおすすめします。

清潔に保つ事でトラブルは防げる

先程も少しお話しましたが、デリケートゾーンの臭い、かゆみの原因は肌に繁殖する雑菌です。

この雑菌を防ぐには、肌コンディションを上げるだけでなく清潔に保つ事も効果的です。

毎晩のお風呂の時に、デリケートゾーン用の洗浄剤で洗う事だけでなく、臭いや雑菌が心配な生理中やおりものが増える生理前には、外出先でも手軽にスプレーして拭き取るだけのデリケートゾーン洗浄スプレーなども市販されています。

その時の状態に合わせて、いつも清潔に保つ事が出来れば多くのデリケートゾーンの悩みが軽減されるんですね。

 

ここまで、デリケートゾーンの基本的なお手入れ方法をご紹介しましたが、悩みはこれだけではありません。

ここからは、具体的なデリケートゾーンの悩み別原因と対策を見ていく事にしましょう。

 

どうしてデリケートゾーンは黒ずんでしまうの?

まず、デリケートゾーンで悩む人も多い黒ずみの問題です。

一度黒ずんでくると、洗っても放置してもなかなかキレイに戻らないのがこの黒ずみです。

何とかしてキレイにしたい物ですね。

デリケートゾーンの黒ずみの原因はコレ

そもそもデリケートゾーンの黒ずみとは、どうして起こってしまうのでしょうか?

まずは、デリケートゾーンの黒ずみの原因から見ていきましょう。

黒ずみは日々の積み重ね

デリケートゾーンの黒ずみの正体は、肌の色素沈着です。

日焼けや傷のあとなどと同じく、肌に対するストレスで皮膚が厚くなったりメラニン色素が過剰分泌される事により肌が黒ずんでくるのです。

デリケートゾーンの黒ずみの原因として一般的に考えられるのは以下の2点です。

・下着のしめつけ

・カミソリでの肌へのストレス

この他、自転車に一日中乗っていたりとアソコへの刺激や摩擦がある場合はそれも原因となるでしょう。

肌が分厚くなりメラニン色素が増えてしまうと、そのまま何もせずに自然に黒ずみが消える事はありません。

デリケートゾーンの黒ずみ対策

日々増え続ける黒ずみの原因であるデリケートゾーンへの肌ストレス。

それでは、デリケートゾーンの黒ずみにはどう対処していったら良いのでしょうか。

摩擦を防いで黒ずみ対策

デリケートゾーンの黒ずみをこれ以上増やさないためには、肌に対する摩擦に気をつける必要があります。

たとえば、お風呂に入った時にゴシゴシとこすらないようにする事もその一つです。

タオルやスポンジは使用せず、手に泡をとって泡を乗せて軽く洗浄するようにすると良いでしょう。

また、下着の締め付けやこすれによって摩擦が起こるので、きつめの下着を着用している人は、適度なゆるみのある下着に変える事も効果的です。

下着の材質も、化学繊維ではなく天然素材の物に変えると更に良いですね。

黒ずみ対策になる食事

肌を丈夫にして、肌コンディションを整える事で肌自体がキレイになり黒ずみにも効果的です。

肌をキレイにする食べ物は、たんぱく質!

たんぱく質を摂取する時は同じ系統の物ばかり食べると内臓に良くありませんので、大豆などの植物性たんぱく質と、乳製品・肉などの動物性たんぱく質をバランス良く両方摂取すると良いでしょう。

黒ずんでしまった肌には美白クリームを

一度黒ずんでしまった肌は、そのまま放置してもなかなか元のプリプリの白い肌には戻ってくれません。

少なくなったとはいえ、下着はデリケートゾーンへの摩擦の原因になりますし、歩くことやストッキング・ガードル・スリムなパンツなども締め付け、摩擦になるからです。

出来てしまった黒ずみには、デリケートゾーンに使える美白クリームでのお手入れが必要です。

早くもっとキレイに黒ずみを治すにはクリニックも

美白クリームや、ビタミンC誘導体などの入ったサプリなどで肌のターンオーバーを活性化しても、デリケートゾーンの黒ずみを解消するにはそれなりの時間が必要になってきます。

早急にキレイに白くしたいと言う時には、クリニックでの美白も考慮してみてはいかがでしょうか。

皮膚科や美容外科などを訪れて相談してみる事をおすすめします。

 

 どうしても我慢できないアソコのかゆみ

デリケートゾーンの悩みで、日常生活にまで問題になってくるのがかゆみです。

周りに人がいるのに、かゆくなってきたら掻くわけにもいかず気持ちが悪いですよね。

デリケートゾーンの痒みの原因は?

先程お話したとおりに、デリケートゾーンのかゆみの原因は雑菌です。

不潔にしていれば雑菌は繁殖するもの。

特に女性は生理があり、生理中の経血は雑菌にとっては栄養分になってしまいます。

また、人の肌のぬくもりと湿気も増えるので雑菌にしてみればこれほど増えやすい環境は無いでしょう。

デリケートゾーンの痒み対策方法

デリケートゾーンのかゆみの多くは、生理が問題になる事から、生理用品の見直しをしてみてはいかがでしょうか?

雑菌の繁殖を防ぐには生理用品をこまめに取り替える事でも良いのですが、ナプキンを肌にやさしい布ナプキンに変える事で擦れによる肌ダメージを抑えてかゆみ防止がより期待できます。

また、使用している下着も見直せば更に効果的です。

綿素材など天然の繊維を使用した下着がおすすめです。

かゆみが頻繁・おりものの色が変と感じたら

生理でもないのに頻繁にアソコが痒いという場合は、性病やカンジダ菌が原因とも考えられます。

心当たりがあったり、おかしいな? と思ったらすぐに皮膚科に受診をおすすめします。

 

 

かゆみが更に酷く? デリケートゾーンのかぶれには

かゆみが更にひどくなると、かぶれたりして痛くなってくる事もあります。

かぶれの原因

ムレ、雑菌によるかゆみから、思わず掻いてしまう事もあるでしょう。

そこから更に肌ダメージが進んでかぶれになる事もあります。

掻きむしらなくても肌の弱い人は、雑菌が繁殖するだけでもかぶれてしまいます。

デリケートゾーンのかぶれ対策

まず使用しやすいのは市販のデリケートなかゆみ止め薬ですね。

この他、下着がこすれてかぶれた場合は「ショーツをゆったりした物に替えてみる」事でも改善が期待できます。

肌への刺激を削減するという意味で、布ナプキンやガーゼのパンティライナーなどに変えるのも良いですね。

前述のかゆみも防ぐ効果があり一石二鳥です。

 

気になるデリケートゾーンの臭いについて

汗・におい

生理中の経血は、何もしていないのにプーンと自分でも臭う時がありますね。

生理中以外の時でも、夏場など脱いだ下着が臭っている事もあるでしょう。

アソコの臭いの原因は?

やはり、何と言ってもデリケートゾーンの一番の臭いと言えば経血の臭いですね。

デオドラント効果のあるナプキンなどを使用してなんとか防いでいるという人もいるのではないでしょうか。

その他、汗やおりものによっても雑菌が繁殖して臭う事があります。

すそワキガと言って、わきの下と同じように臭いを発する腺が原因で臭う事もあるのです。

デリケートゾーンの臭い対策

生理中の臭いは、女性ならほとんどの人が普段よりも臭うようになると感じます。

対策方法は臭いの元である経血を吸収したナプキンを、こまめに取り替える事にあります。

また、臭いは雑菌のせいなので、普段よりも清潔にするように心がけると共に、ストレスをためないようにするのもひとつの手です。

なぜストレス?と思われるかも知れませんが、ストレスがたまるとおりものの臭いがきつくなってしまうのです。

この他、やはりおりものの臭いがきついと感じた時にも性病やカンジダ菌が原因であることも考えられるので、医療機関を受診する事をおすすめします。

すそワキガを治すには皮膚科の受診を

わきの下が臭う体質の事をワキガといいますね。

デリケートゾーンにもワキガと同じ臭い成分を出す腺があり、その腺から分泌される汗が異臭を発します。

これは体質なので、病気ではないですが皮膚科に受診して治療してもらう事になります。

 

他人に聞けないアンダーヘアの悩みを解決!

アンダーヘアを処理したいけど、カミソリ負けしてしまったり黒ずみが気になったりとあまり手を付けられないという人もいますね。

アンダーヘアも重要なデリケートゾーンのケア方法です。

臭い予防にもなるハイジニーナ脱毛

最近やっている人もいるという、アンダーヘアをツルツルにしてしまうハイジニーナ。

このハイジニーナの語源は「清潔」や「衛生的」という意味の言葉なのだそうです。

女性器から出てくる経血やおりものはアンダーヘアにまとわりついて、アンダーヘアが雑菌のすみかになります。

そのすみかをなくせば臭いやかゆみが軽減されるというわけです。

自宅でできるワックス脱毛

アンダーヘアをいつもキレイにしておくためには、こまめなお手入れが必要です。

しかし、抜いてしまえばお手入れ期間が長くなるから手間が減ると考える人もいます。

そんな人の間で試されているのが、自分で作る事も出来るワックス脱毛です。

ワックスに毛をからめて引っ張って抜くという方法になります。

海外では多く使われている方法ですが、やる時に痛みがあるのと皮膚の弱い人は肌ダメージも心配ですよね。

試す時は皮膚が丈夫な部分でどのくらい痛いのか、自分の肌が耐えられそうか試してみてからアンダーヘアにする事をおすすめします。

夜更かしするとアンダーヘアも濃くなる!?

本数はそれほどではないけれど、アンダーヘアの濃さが気になるという人もいますね。

そんな人は、思い返して欲しいのですが、夜更かししている事が多くないですか?

アンダーヘアなどの体毛は、男性ホルモンによって生成されます。

アンダーヘアが濃い人は男性ホルモンが多く作られてしまっている可能性があります。

男性ホルモンが作られるのは主に深夜の時間。

夜更かししていると、この男性ホルモンが多く分泌される事になってしまうのです。

アンダーヘアの濃さを気にする人は、早く就寝するよう心がけてみてはいかがでしょうか。

 

デリケートゾーンのケア商品の選び方

ここまで、ソープや美白クリームなどデリケートゾーンのケア商品を使う方法もご紹介してきました。

このようなデリケートゾーンのケア商品の選び方のポイントもお話します。

ちょうど良い殺菌力

デリケートゾーンの菌は、すべて取り去ってしまって良いものではないというお話をしましたね。

ですから、強力すぎる殺菌力の物は避けた方が良いのです。

香りでごまかさない消臭効果

デリケートゾーンの臭い対策には、香りが良いものよりも消臭効果のあるものを選びましょう。

香りがあるのは良いのですが、元の臭いを取らないでその上に香りを重ねてもあまり良い匂いとは感じませんね。

メラニンを防いで黒ずみ予防

メラニンは、肌への刺激が強いと作られてしまう成分です。

日焼けをすると黒くなるのがそのわかりやすい例でしょう。

黒ずみが気になる人がデリケートゾーンケア商品を選ぶなら、肌への刺激の少ない物を選ぶと良いですね。

アンダーヘアにも良い物ならなおよし!

デリケートゾーンケア商品の中には、パパインなど毛を薄く、やわらかくする成分が配合された物もあります。

ゴワゴワのアンダーヘアが肌に当たれば、とうぜん肌への摩擦も増えます。

ふわふわのアンダーヘアは、トイレに入った時に拭き取る時にもゴワゴワより気持ちが良いですよね。

アンダーヘアのゴワゴワを何とかしたい人は、このような毛をやわらかくするケア商品を選ぶと良いでしょう。

 

まとめ

多くの人がかえる5つのデリケートゾーンの悩みの原因と対策、またデリケートゾーンケア商品の選び方もご紹介してきました。

いかがでしたでしょうか?

人にはあまり話づらい事なので、なかなか医者にかかるのも勇気が必要ですね。自分で何とか出来る事は、改善していきたいものです。

しかし、「どうしても早急に解決したい」「病気の心配がある」という人は、早めに医療機関を訪れる事をおすすめします。

\ SNSでシェアしよう! /

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • お尻の黒ずみケアやニキビ対策方法|ちゃんと気づいてますか?

  • クリニック脱毛を考えている人へ!知っておきたい基礎知識

  • お尻の整形で美尻ゲット!ヒップの悩みをすぐに解消できる色々な整形術

  • 育乳サプリでもう貧乳と呼ばせない!育乳効果絶大のサプリの使い方

  • 【自宅で簡単】骨盤を小さくする方法で小尻が叶う!ストレッチやグッズ10選

  • 靴が臭い!12の対策で「出先で靴が脱げない」悩みをスッキリ解消!