1. TOP
  2. 汗臭くならない方法は体と服の簡単ケアでできる!体臭美人でいるための日常ルール

汗臭くならない方法は体と服の簡単ケアでできる!体臭美人でいるための日常ルール

ボディケア
この記事は約 10 分で読めます。 125 Views

汗の臭いで悩んでいる方はいませんか?

特に人ごみや人と会う時など気になってしまうものですよね。

汗臭さは体から発する臭いと服に染み付いた臭いで構成されています。

そして、普段のシャワーや洗濯だけでは完全には臭いを消しさることが出来ないのが汗の嫌なところです。

そこでこの2つをどう解決していくかがポイントになります。

自分は生まれつき臭いやすい体質だとお悩みの方やあまり面倒なことはしたくないという方も心配いりません。

汗かきさんでも毎日のちょっとした工夫で簡単に改善できるのです。

ここでは臭いの原因と毎日の対策、さらに衣服についた頑固な臭いの落とし方を通して汗臭くならない方法をご紹介していきます。

 

まずは汗が臭う仕組みと原因を知ることから!

多くの方が誤解していますが、実は汗自体はほとんど無臭です。

スポーツで汗をかいたときを思い浮かべてみると分かりやすいです。

汗をかいた直後からすぐ辺りに臭いが立ちこめてくるということはありません。

時間が経つとともに段々と臭いを発してきます。

これは皮膚の表面に住みついている常在菌が原因なのです。

菌は汗をエサとして栄養を蓄え繁殖するときに、同時に臭いも発しています。

これが一般的に「汗臭さ」と言われる臭いとなっています。

特に汗をかいてから6時間後が最も菌の活動が活発になり、汗の臭いも強くなると言われています。

さらに、汗が衣服に染み込むとそれを追いかけるように菌もその中でどんどん増えていきます。

こうして体と衣服から嫌な臭いが発散されてしまうのです。

また、汗は2つの汗腺から出るのも特徴です。

脇の下や耳の中など特定の場所にだけ存在するアポクリン汗腺から出る汗、そして全身に点在するエクリン汗腺から出る汗です。

エクリン汗腺から出るものの99%は水分で残りは多少のアンモニアなどで構成されています。

一方アポクリン汗腺からのものにはタンパク質や脂質など多くの成分が混じっていて、これは常在菌の大好物です。

最後にサラサラ汗とドロドロ汗という分類をご紹介します。

体内のミネラルが汗として流れ出るとベタベタとした感触がします。

ベタベタ汗をかくと汗腺を詰まらせ、そこから出た大量のミネラルを菌が分解し、臭いが強くなっていく、と悪循環を引き起こします。

逆に適度なミネラルを含んだものはサラサラ汗と呼ばれ、いい汗の代表として機能しています。

ドロドロからサラサラへ汗をどう改善していくかが臭い除去のポイントとなります。

 

サラサラ汗を目指そう!汗臭さの対策は日々の生活でこれだけ変わる

サラサラ汗になるかドロドロ汗になるかは毎日の習慣で大きく左右されます。

普段あまり気にすることのない食事の内容や運動、入浴法、さらには精神面まで全てがあなたの汗に作用しています。

まずは日々の生活にちょっと気を使い、汗の質を変えていくことから始めましょう。

 食生活は臭いの基本

食べ物によって汗の臭いは大きく変わってきます。

アポクリン汗腺から出る動物性タンパク質や脂肪分は常在菌の栄養分となるので、当然臭いの原因となり、それらをいかに抑えるかがポイントになります。

肉や揚げ物などの油分の多い食べ物、スナック菓子などの加工食品は上記の成分を多く含んでいます。

なので、食べ過ぎないように気をつけることを心がけましょう。

また、塩分は汗自体をドロドロにしやすいので、これも摂り過ぎには注意です。

逆に臭いの発生を抑えてくれる食べ物もあります。

野菜に多く含まれるビタミンAとビタミンEです。

この2つは体内で脂肪分を吸収し、分解する手助けとなる成分です。主にニンジン、カボチャなどに代表される緑黄色野菜に含まれています。

油物が好きな方は、意識して食生活をあっさりとした食べ物中心にすることで汗をかいても臭いを抑えることができます。

 適度な運動で臭いを軽減

運動不足はドロドロ汗を解消する1番の方法とされています。

体の機能は使わなくなればなるほど弱っていきます。それは汗をかくのに必要な「汗腺」でも同じです。

運動不足だと新陳代謝が悪くなり、血液もドロドロになりがちです。

そして皮脂が詰まった汗腺からいざ汗をかいたとき、その汗にはミネラルやアルカリ性を含む分泌物が必要以上に多く混じっています。

この状態を解消するためには適度な運動、とりわけ有酸素運動が効果的です。

お手軽なものとしてはウォーキング、ジョギング、サイクリングが挙げられます。

ジムなどで本格的に取り組む必要はなく、30分程度のウォーキングでも効果があると言われています。

休日や空いた時間を使い定期的に運動をすることで汗腺機能を高めサラサラ汗をかけるようになります。

普段から適度に汗をかいておくことも大事なのです。

 入浴で臭いが左右される?

汗腺機能を高めるためには入浴も効果があります。

忙しかったりするとシャワーだけですませてしまう方も多いと思いますが、湯船に浸かることで気持ちの良い汗をかき、体の内から汗臭さを改善することになります。

そのときにオススメなのが半身浴です。

お湯の温度は38~40度で、お腹のあたりまで浸かります。

時間は20~30分程度です。

肩や上半身が濡れると冷えてしまうので、タオルを用意しておいて、そのときには適宜拭き取って下さい。

また、お風呂では目立ちにくいですが、半身浴中は自分が感じるよりたくさんの汗をかいています。

入浴後は水分補給をしっかりとして下さい。

ペットボトルを持ち込み、半身浴中でも喉が渇いたら飲むというのでももちろんOKです。

運動のように疲れを感じることもなく精神的にもリラックスした状態で汗をかけるので男女問わずオススメです。

 ストレスが臭いのもとに?

精神面も汗の臭いには大きく関わってきます。その最たるものがストレスです。

ストレスを溜め込むと体調に変化が起きます。特に自律神経の乱れは汗のかきかたにも直結しています。

ストレスを抱えていると、血液の中のアンモニアの量が増えていきます。

そして本来は体内で処理されるはずのこの増えたアンモニアはそのまま汗に混じってしまいます。

さらに普段は出ないはずの分泌物も上乗せされ、臭いを強めてしまう原因になっています。

ストレスは精神的なものなので表面的な対策では改善しづらいのが難点です。

自分にあったストレス解消法を見つけ、精神的に落ち着いた状態でいることも汗臭さ解消に一役買います。

 サプリメントで体の中から消臭

体の中から臭いの原因を断つということでは専用のサプリメントもオススメです。

食生活を大きく変える必要がなく体内環境を整えることができます。

消臭サプリメントは数え切れない種類が売られていますが、臭い対策には抗酸化作用の強いもの、そして乳酸菌が入っているものが適しています。

前者は酸化した皮膚と汗が結びつき、臭いの原因にならないよう皮膚の酸化を抑えてくれます。

後者は乳酸菌を増やしてくれるものです。

良い汗にはサラサラの血液が必要になり、そのサラサラの血液を司っているのは腸内環境です。

乳酸菌や腸内環境と聞くと便との関わりを思い浮かべるでしょうが、それだけでなく回り回って汗の臭いにも関連しているのです。

食生活を大きく変えることが難しい方は、サプリメントの手助けを借りながら体の中を綺麗にしていきましょう。

 

外出先で汗の臭いが気になったら

日々のケアをどれだけやっていてもやはり外に出れば汗はかくものです。

外でできることは限られていますが、それでも臭い対策には欠かせないことばかりなのでぜひ取り入れてみて下さい。

 制汗剤は強い味方

制汗剤には2種類あり、汗の量自体を抑えるもの、汗の中の菌を殺菌するものがあります。

2つの作用が1つになったものも売られているので、それを使うのがお手軽です。

さらに匂いつきのスプレータイプは香りでも汗の臭いをごまかしてくれます。

このときスプレーをかけすぎてしまうと肌に必要な善玉菌まで死んでしまい肌のトラブルを引き起こすこともあるので、用法用量を守って使うようにして下さい。

また、全身にかけるのもオススメしません。

汗がたまりやすく臭いが強く出る部分、脇の下や足などに限定しましょう。

制汗剤は簡単に使える強い味方です。

しかしあくまで一時的な消臭に過ぎないということ、そして薬品の一種だということを忘れずに。

頼り切ることのないようにするのが大事です。

 タオルを常備し汗はすぐ拭き取る

前述のとおり、菌は汗を栄養として増殖していき、その過程で汗臭さが出てきます。

そこで最もシンプルな方法として菌が増える前に汗を拭き取ってしまえばいいのです。

タオルやハンカチをいつもカバンの中に入れておいて、汗が気になったときにはサッと拭いてしまいましょう。

このとき、服の裾などで拭かないように気をつけてください。

これだと汗が服にうつっただけなので、結局菌も徐々に体から移動して解決したことにはなりません。

タオルと違いカバンに潜めておくこともできないので、体中から嫌な臭いが出てきてしまうだけです。

また、タオルでなくボディ用のウェットティッシュも効果的です。

タオルほど場所も取らず清涼感があり、使い終わればすぐ捨てられるので便利です。

タオルを忘れてしまったときはコンビニなどに立ち寄ってみてはいかがでしょう。

 こまめな水分補給を

汗をかきたくないから水分を取らないというのは間違った考え方です。

汗をかかないと汗腺はどんどん弱っていってしまいます。

出た汗はきちんと拭き取ってあげればいいだけです。

また、水分を取った量に比例して汗をかくわけではありません。

余計な水分は尿として排出されます。

飲み物はジュースやコーヒーなどは避け、水をとるようにしましょう。

カテキンには臭いの元となる成分の分解を早めてくれる作用があるのでカテキンを含む緑茶も効果的です。

普段から意識して緑茶を飲むと汗腺機能を維持した上で臭いの分解にも効果があるので一石二鳥です。

 

臭いの元は体だけじゃない!衣服の臭いをおさえるためには

雑菌は時間が経てばどんどん繁殖していきます。

なので服は放置せずになるべく早く洗うというのが基本ですが、それでも普通の洗濯では一度ついてしまった臭いと雑菌は簡単には落とせません。

しかし、洗い方や洗剤選びにちょっと気を使うだけでその後の匂いは劇的に改善されます。

ここでは洗濯前の準備と効果的な洗剤をご紹介します。

 洗濯前の一手間で劇的に変わる

洗濯機に入れる前に予洗いをするだけで臭いの落ち方が変わってきます。

汗をたっぷりかいた部分を洗濯用石けんとぬるま湯で揉むだけです。

この工程をいれるだけで洗濯後の臭いはだいぶ軽減されます。

予洗いが面倒な方は、重曹水を使うだけでも大丈夫です。

重曹はアルカリ性の性質を持っているため、汗から出るタンパク質や皮脂の臭い落としには最適です。

洗面器に水と重曹をまぜて重曹水を作り、そこに衣類を浸けておくだけです。

1日漬けておくのが理想ですが30分程度でも効果を発揮するので、浸けおきが終わったらその日のうちにそのまま洗濯してしまっても大丈夫です。

 消臭に適した洗剤・漂白剤とは

臭い落としに必須のアイテムは弱アルカリ性の洗剤と酸素系漂白剤です。

聞きなれない言葉かもしれませんが、パッケージの表面などに「酸素系漂白剤」などと大きく書かれている場合がほとんどなので見つけやすいと思います。

洗剤を選ぶときには液体タイプではなく粉末タイプがオススメです。

粉末のものは弱アルカリ性のものが多く、重曹と同じ理由で臭い落としに相性がいいです。

それにプラスして酸素系漂白剤を使うことで臭いは劇的に落ちます。

酸素系漂白剤は洗剤だけでは落としきれなかった皮脂や菌そのものまで分解してくれるからです。

また、浸けおきで効果を発揮するので、重曹が手に入らない場合は代わりに1時間ほど使ってもOKです。

重曹と同じく洗面器に水と漂白剤を混ぜて衣服を沈めておくだけです。

 

まとめ

汗臭さの対策で大事なことは汗そのものの質を変えていくこと、そして洗濯時にちょっと気を使うことだけです。

それにはお金をかける必要も体に負荷をかける必要もありません。

日々の中の簡単なポイントに目を向けるだけで十分なのです。

ご紹介してきたものがみなさんの汗の臭いの悩みを解消できれば幸いです。

\ SNSでシェアしよう! /

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 多汗症の原因と治し方。汗を止める、抑える、もう悩まない!

  • おしりのニキビが治らない!すぐにできる対処法やニキビ跡の消し方

  • ムダ毛を【早く、お金をかけずに】薄くする方法。男性も是非参考に!

  • お尻の整形で美尻ゲット!ヒップの悩みをすぐに解消できる色々な整形術

  • リンパの流れを良くする方法13選 むくみを取ってスッキリボディに

  • サプリメントでできる体臭対策を徹底攻略しませんか?