1. TOP
  2. 肉割れ対策には必須!肉割れ予防に効果のある人気クリーム!

肉割れ対策には必須!肉割れ予防に効果のある人気クリーム!

ボディケア
この記事は約 11 分で読めます。 22 Views

肉割れの消し方でお困りではありませんか?

また、妊娠中の方は産後の肉割れ(妊娠線)が気になりますよね

肉割れ解消のお手軽な方法としてはクリームを思い浮かべるかもしれませんが、実は一度出来てしまった肉割れをクリームで完全に消すことは難しいです。

クリームはまだ肉割れが出来る前、あくまで予防として効果を発揮します。

 

そのためには自分にあったクリームを選ぶことが必須です。

では、実際に出来てしまった肉割れにはレーザー治療やエステしかないのかというとそうではありません。

 

最近では効果のあるものとして炭酸ガスを使った治し方が話題になっています。

この記事で取り上げる人気クリームと炭酸ガス治療を参考に、肉割れの予防・解消に役立てていただければと思います。

 

まずは肉割れのメカニズムから!

肉割れ予防にはその過程を理解することが重要です。

なぜ肉割れが起こってしまうのかが分かれば自然と対策法やクリーム選びも範囲が絞られてきます。

ここではまず肉割れのメカニズムからご紹介していきます。

 

肉割れの原因はどこにあるの?

皮膚は急激に伸びることで細胞が傷付きます。

一見、皮膚表面に異常は起きていなくてもその内部の真皮と呼ばれる部分には大きく亀裂が入り、その結果として肉割れが起きてしまいます。

皮膚表面は柔軟性があるので伸縮に耐えられますが、真皮は柔軟性が低く裂けてしまいます。

急激に太った場合や妊娠では真皮まで大きく伸びてしまい、肉割れが起こるケースが多いです。

 

特に妊娠に関してはひと月ごとにお腹の皮膚が普段の何倍にも大きく引っ張られてしまうことから、真皮へのダメージも大きくなります。

場合によっては亀裂とともに赤紫色の線がお腹を覆い、しばらくすると白い痕としてお腹に残ってしまいます。

 

肉割れができやすい人とは

妊娠後に肉割れが出来る人と出来ない人は半々に分かれると言われています。

生まれ持っての体質も関係してきますが、一番の敵は乾燥です。

乾燥肌の人やスキンケアを怠りがちの人は肉割れに悩まされる可能性が高いです。

 

皮膚は乾燥すると伸縮性を失います。

これは真皮も伸びにくくなるということも意味しており、当然亀裂も入りやすくなってしまいます。

 

また、初産の人より経産婦さんの方が肉割れはできやすいと言われています。

皮膚が伸びる回数が増えれば増えるほどダメージは蓄積され、大きくなっていくからです。

1度目の出産で肉割れとは無縁だった人でも2度目、3度目で襲ってくることは珍しくありません。

 

肉割れを起こしたときにやってはいけないこと

肉割れを刺激しないことです。

妊娠線は軽い痒みを伴います。

掻くことで線がよりはっきりと残ってしまうと言われています。

自分では皮膚の表面を軽く掻いているつもりでも、しっかりと内部の真皮にまで圧力がかかっています。

 

妊娠中はただでさえお腹の中の赤ちゃんが内側から真皮に負担をかけています。

そこに外側から指で圧力をかけるということは、内と外の両方から真皮を刺激することになります。

 

また、就寝時は無意識に掻いてしまうこともあるので、薄い手袋をして寝るのもオススメです。

爪で掻きむしるのに比べればまだダメージを抑えることができます。

 

 

肉割れはクリームでは消せない!?

すでに出来てしまった肉割れを消そうとクリームを使用しても、残念ながらあまり効果は期待できません。

まず大前提としてクリームは予防に最も効果を発揮するということをご理解ください。

その上で、ご自身に合った製品を選ぶことが肉割れ予防には不可欠となります。

 

 クリームはあくまで予防のみ

肉割れを消すというクリームが販売されていますが、前述のとおり肉割れは皮膚の下に位置する真皮の亀裂が原因のため、クリームを塗るだけではそれを完全に治すことは難しいです。

あくまで、今と比べて多少薄くなる、目立たなくなるという程度の効果だと考えておいてください。

 

それより大事なのは肉割れが出来る前にしっかりとクリームで予防するということです。

一度出来てしまった線を消すより、線ができにくくなるように前もって手を打っておくことが肉割れ対策の第一歩となります。

 

ニベアやワセリンで肉割れは消せるの?

薬局でお手軽に購入できるのは魅力的ですが、ニベアやワセリンは肉割れのために作られた商品ではなく、あくまで皮膚表面の保湿を目的としています。

肌の水分の蒸発を防いでくれはしますが真皮にまで浸透することはなく、肉割れ解消に作用するような成分も含まれていません。

 

よって、予防、解消ともに大きな効果は期待できません。

もちろん皮膚を保湿し潤いを保つこと自体は悪いことではないので、全く効果がないわけではありませんが、せっかくなら肉割れ専用のクリームを使う方が良いです。

 

 

これでもう安心!オススメの肉割れ予防クリーム

肉割れ予防クリームもたくさんの種類があり、いったいどれを選べばいいのかが悩みどころの一つです。

また、そもそもローションや他の製品ではダメなのと疑問に思うかもしれません。

 

クリームにはクリームならではの利点があり、肉割れ専用のものには一般的な保湿用クリームにはない利点があります。

 

なぜクリームがオススメなのか

肉割れを起こさないためには肌をどれだけ保湿しているかが重要になってきます。

乾燥する冬場はもちろん、夏場にも保湿には気を使わなければなりません。

そのときに最も効果的なのがクリームです。

 

ローションは大部分が水のため蒸発しやすく、すぐに乾燥してしまいます。

オイルは逆に油分が多いためベタつきや衣服への染みが気になります。

クリームはこれらの中間に位置し、保湿力にも優れているため乾燥対策には最適です。

 

また、真皮はそのほとんどがコラーゲン繊維でできています。

多くの専用クリームにはコラーゲンの生成を促進する成分が配合されており、まさに真皮をケアするという意味ではうってつけだと言えます。

 

クリームを使った肉割れ予防法

ほとんどのクリームは朝、夜2回塗ることを基本としています。

購入したクリームの用法用量に従えば間違いないですが、乾燥が気になったら適宜塗るようにしましょう。

特にお風呂上がりは肌が乾燥しやすいので特に念入りに塗っておくことが必要です。

 

専用クリームは肌に良くない成分を配合していないので、塗り過ぎを心配する必要はありません。

おへそより下は見えにくいですが妊娠線が一番出来やすい部分となっているのでしっかりケアしましょう。

汚れの上からクリームを塗ると効果が薄くなってしまうので、外から帰ってきたときなどは肌を清潔にしてから塗るように心がけましょう。

 

妊娠線対策としてクリームを使う時期

単純に早ければ早いにこしたことはないです。

妊娠線は妊娠中期から出産間近で出始めることが多いですが、そのときになって慌てても遅い場合がほとんどです。

 

まだお腹が大きく張っていなくても妊娠が分かった時点でクリームを塗り始めるようにしましょう。

妊娠初期の3、4ヶ月目あたりからケアを始め保湿をしておくことが重要です。

 

専用クリームと普通の保湿クリームどっちがいいの?

専用クリームは妊娠中でも使えるよう工夫されています。

その1つが匂いです。

つわりのときはクリームの匂いが刺激となって気分が悪くなってしまうこともありますが、専用クリームは無香料のものが多いです。

 

 

普通の保湿クリームは肌表面の保湿のみを重視していますが、専用クリームはきちんと肌の奥まで届き、真皮にコラーゲン修復を促す成分を配合しているので機能面でも大きく違います。

 

 

 

薬局やドラッグストアでは肉割れ専用クリームというものは売られていないことがほとんどですが、少々手間がかかりますがネット通販などで専用のものを使うことをオススメします。

 

クリームを選ぶときの大事なポイント

大事なポイントは4点、「保湿」「浸透性」「低刺激」「香り」です。

保湿と浸透性は繰り返しお話してきたとおり肉割れ予防の最重要項目です。

 

肌の乾燥は痒みを引き起こし、そこから掻きむしる→真皮のダメージと連鎖してしまいます。

そのため潤いを長時間キープしてくれる「ヒアルロン酸」などを含んだものがオススメです。

 

真皮まで浸透して作用するという点では「ビタミンC誘導体」や「シラノール誘導体」、「FGF(線維芽細胞増殖因子)」といった成分がコラーゲンの成長を促進してくれる代表的なものとなります。

 

肌にトラブルが起きるとやはり痒みから掻いてしまうことになるので、アルコールや石油成分、着色料などが含まれている高刺激のものはNGです。

 

香りの有無は肌への効果には関係ありませんが、妊娠中は匂いに敏感ということもあり無香料のもの、もしくは自分が気にならない程度のものを選ぶようにしましょう。

 

聞きなれない成分をご紹介してきましたが、多くの専用クリームにはこれらの成分、またはこれらに類する成分が含まれています。

もちろん肌を悪化させる余計なものは含まれていないのでご安心して使用してください。

 

人気の肉割れ予防クリーム3選!

ここでは評価の高い3つのクリームをご紹介します。

お値段や各種サービスなどを比較しながらご自身に合いそうなものを選んでいただければと思います。

 

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム

引用:http://www.natural-s.jp/pickup/nmcream/

「うるおい」「弾力・柔軟」性をサポートして妊娠中のボディをケア

ナチュラルマーククリームは肌をしっかり保湿する「うるおいサポート成分」と、肌の伸びを良くする「弾力・柔軟サポート成分」を配合。

肌荒れを防いでうるおった弾力のある肌に導きます。

 

肌にやさしい無香料・無着色・低刺激

妊娠中に使うものだからこそ、肌へのやさしさに徹底的にこだわっていて、

においや刺激に敏感になっている妊婦さんにもおすすめです。

 

ベルタ マザークリーム

引用:http://belta-shop.jp/user_data/pregnancy_lp.php

徹底した成分へのこだわりが!

オーガニック原料5種類配合!

あの有名なシラノール誘導体配合!

こだわりの高品質美容成分3種類配合!

潤いのアミノ酸。ビタミン5種類配合!

肌に優しいこだわりの無添加!

 

AFC マタニティクリーム

引用:http://464981.com/mcream/index.html

肌の”めぐり”を助ける葉酸をたっぷり配合

葉酸はプレママには不足しがちな栄養素として有名ですが、実は肌に塗っても良いのです。

女性のめぐりをサポートしてくれる成分”葉酸”。

エーエフシーはこのめぐりに注目し、クリームに配合しました。

希少な葉酸をふんだんに使用しております。

葉酸の成分は空気に触れる事で黄色く変化しますが影響はありません。

たっぷりの葉酸がお肌のめぐりを手助けします。

 

 

肉割れを消す大本命は炭酸ガス

最後に、実際に出来てしまった肉割れの処置方法をご紹介します。

これまでは病院での肉割れ治療としてはレーザー治療が主流でしたが、最近では炭酸ガスを使った方法が増えています。

これを期に検討してみてはいかがでしょうか。

 

レーザー治療とどう違うの?

レーザー治療は熱で皮膚にダメージを与え真皮の再生を促進します。

しかし、刺激が強すぎるとやけどになってしまうこともあります。

その点、炭酸ガスは皮膚の内側にガスを注入するので真皮に直接働きかけます。

血流が促進され代謝があがり、コラーゲンの生成を促します。

 

 

炭酸ガスはここがすごい!

レーザーでは直接真皮まで届かないこともありますが、炭酸ガスは直接肌の奥の層に作用します。

また、1ヶ所から広い範囲に広がっていくので注射の回数も少なく済みます。

ガス自体は薬品ではなく気体なので短時間で肌から抜けてしまい大きな副作用が出にくいのも特徴です。

また、皮膚を通して照射するレーザーと内側からの炭酸ガスでは、肌へのダメージは大きく変わってきます。

 

 

まとめ

肉割れ予防は難しいことではなく、「肉割れが出来る前」に「肉割れに効く成分」の入ったクリームを使用するというシンプルなものです。

妊娠中や体重の増加が気になっている場合はお早めの使用をオススメします。

同時に、興味があればぜひ炭酸レーザーの記事も参考になさってください。

この記事が肉割れのお悩みの手助けになれば幸いです。

 

\ SNSでシェアしよう! /

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • おしりのたるみにサヨナラ! たるむ原因と効果的なヒップアップ方法とは

  • マッサージで足を美しく!ふくらはぎを揉むだけの美容&健康効果7つ

  • ムダ毛を薄くする方法をコスパ重視でまとめました

  • VIO自己処理の方法|これだけ抑えておけばまず大丈夫!

  • デリケートゾーンのかゆみを鎮める応急処置と生理中の正しいケア

  • 胸に脂肪をつける方法はコレ!バストアップの基本は乳腺を育てる事にあった!!