1. TOP
  2. 靴が臭い!12の対策で「出先で靴が脱げない」悩みをスッキリ解消!

靴が臭い!12の対策で「出先で靴が脱げない」悩みをスッキリ解消!

 2017/05/16 ボディケア
この記事は約 9 分で読めます。 208 Views

どんなに足を洗って清潔にしても、靴用の消臭剤を使っても臭くなってしまう靴のニオイ。

なんとかしたいものですね。特に困るのがお座敷タイプの飲食店などです。

これから美味しくご飯を食べるのに、誰かの靴のニオイや足のニオイが気になってせっかくの料理が台無し。

この靴のニオイってもしかして自分かも!?

そんなヒヤヒヤした思いをしたことってありませんか?

なんとかしたい靴のニオイ対策を12紹介していきます。

 

角質がニオイの原因かも!対処法はこちらの記事をどうぞ↓

靴が臭いのを何とかしたい

通気性の悪いゴム底、しょっちゅう洗うことの出来ない革靴。

靴はムレて臭う原因が起こりやすく、毎日お風呂に入って足は清潔にしているのに靴のニオイですぐ足が臭くなってしまいます。

出先で靴を脱ぐのが怖いと思う人も少なくないのではないでしょうか。

汗をたくさんかく夏に限らず、冬のブーツなど靴のニオイの悩みは1年中あります。

おしゃれな女性なのにブーツを脱いだらひどいニオイがしてきた…。

なんて事になったら後々まで笑い話にされてしまいます。

誰もが靴のニオイは気になるし、何とかしたいものなのです。

靴が臭いのは雑菌のせい

そもそも足の裏は人間の体重を毎日支えているので、皮膚が厚く、そのためそこからおちるアカも量が多いのです。

靴が臭いのは、そんな足の皮膚から落ちたアカと、人の体温で暖められ皮膚に常在菌が繁殖しやすい温度のおかげで雑菌の温床となってしまっているためです。

そんな雑菌が靴下や足に移って、あの悪臭を発しているのです。

こまめに洗えるスニーカーならいざ知らず、革靴などなかなか洗うことが出来ない種類の靴ならいつでも雑菌がウヨウヨ。

もう増える一方で、そのままではどんどん臭くなってしまいます。

靴が臭い人に試して欲しい12の対策

かっこいい革靴が大好き!

冷え性で足元を暖かくしないと辛い、でもそのせいで靴が他の人より臭い。

そんな靴の臭いを気にしている人にはぜひ試して欲しいニオイ対策をご紹介します。

 靴の臭い対策の基本は洗うことから

先程もお伝えしたとおり、靴のニオイの原因は元々足にいる常在菌です。

それが増えすぎたために臭くなってしまっているのですから、増えすぎた足の菌は毎日キレイに洗うことが効果的です。

家に帰ったらすぐに足を洗う習慣をつけると、靴のニオイが抑えられますよ。

その時には、石鹸でしっかり洗うとさらに効果的です。

靴が臭いのは雑菌のせい お酢で臭い対策を

洗っても取れない靴から移ってきた雑菌は、除菌をしてスッキリさせましょう。

足の皮膚の菌は酸性に弱いので、家で手軽に試せる除菌方法としてお酢をおすすめします。

洗面器にぬるま湯を入れて、大さじ2杯程度のお酢を溶かしたら、そこに足を5分ほどつけてみてください。

お酢のニオイがどうしてもダメだという人は、同じ酸性のレモン汁で代用することもできますので、こちらを試してみてはいかがでしょうか。

 靴が臭い人の対策!とにかく乾かす!

菌の繁殖する原因になってしまうのが、温度と湿度です。

体温ばかりはどうにも出来ないので、湿度で菌の繁殖を少しでも抑えましょう。

そのためには風通しをよくする方法が有効です。

靴が臭くなってしまう足の常在菌の繁殖を少なくするため、日頃から湿っていない状態を心がけ、できれば素足で過ごせると良いですね。

家族がいると、素足で歩き回るのを嫌がられることもあります。

そんな人は、5本指ソックスを試してみてください。

足の指の間と靴下の間に空気の層が出来ないことから、常在菌が増えるのを抑えます。

通気性がよい素材と謳っているものなら更に効果的です!

 もう試した?10円玉で靴が臭い対策が出来るんです

靴が臭い対策として、10円玉を入れるという方法を耳にしたことがありませんか?

10円玉は銅で出来ているので、銅イオンを発生させます。

その銅イオンが足の雑菌をやっつけてくれるんです。

10円玉で靴のニオイを防ぐ方法はとっても簡単で、靴の中に数枚入れておくだけ!

最初は10円玉が気になるかも知れませんが、だんだん慣れてくるそうです。

簡単な方法なので、今すぐ試してみてくださいね。

入れる枚数の目安は片足に3枚ずつ程度です。

お菓子の乾燥剤を捨ててしまう前に

袋入りのお菓子を買うと中に乾燥剤が入っていることがありますね。

この乾燥剤を捨てずにとっておいて、靴の中に入れてみましょう。

これは自分が履く時ではなく、帰宅して靴を休ませてあげる時に行うと良いです。

人が足を入れていなくても、靴の中で菌は繁殖をし続けています。

この菌を増えにくくするには除湿が効果的なんです。

靴を使う度にしっかり除湿したいので、毎日靴をとりかえ、しっかり乾燥させた靴を履くようにすると、靴が臭くなるのをなおいっそう抑えることができます。

靴が臭い人必見!重曹の消臭力

重曹というものをご存知ですか?

料理でふくらし粉の代わりに使用することのある白い粉状の物質で、カルメ焼きを作っているのを見た事がある人なら、目にしたことがあるあの粉のことです。

スーパーやドラッグストアで簡単に手に入れることが出来ますが、これがニオイ取りに非常に効果が高いんです。

重曹を使ったニオイ対策を2つご紹介します。

靴に行う対策

重曹のニオイ対策の1つ目は、靴に使う方法です。

もう履かなくなった靴下や、捨ててしまってもかまわないようなハンカチに重曹を入れ、漏れないように縛ります。

それを靴の中に入れておくだけです。

重曹がニオイの元をどんどん中和してくれますよ。

足に行う対策

人の足のニオイは酸っぱいように感じますね。

これはこのニオイが酸性臭であるということです。

中性の重曹には、酸性臭を中和してくれる働きがあります。

2つ目の重曹を使った対策は、直接足の酸性臭を中和して消す方法です。

重曹を大さじ2杯入れて溶かしたぬるま湯で足湯をしてみてください。

足のニオイも取れて、足湯によるリラックス効果もあり心身ともにリフレッシュできますよ。

ミョウバン水でニオイ対策

重曹は知っていてもミョウバンはあまり目にしたことがない人もいるかも知れません。

漬物を作る時に使うものなので、スーパーマーケットなどに置いてあります。

価格は50gで100円程度と、リーズナブルに手に入ります。

ミョウバンは水に溶かすと酸性になります。

酸性がアルカリ性を中和するのを利用して、汗の匂いやペットのおしっこなどアンモニア臭を消臭するのに使われます。

それだけでなく、酸性の抗菌や殺菌作用で皮膚についた細菌の繁殖を防いでくれるのです。

ミョウバン水の作り方はミョウバン50gに対して1500ccの水で溶かすだけです。

それをスプレーボトルなどに移して10倍くらいに水で薄めたものを靴の中にスプレーして消臭します。

直接足にスプレーすることも出来るので、足と靴の両方の消臭をすると良いですね。

 ニオイ対策には炭が効く

炭は冷蔵庫の消臭剤にも使われているので、ニオイ取りとして長い実績と信頼があり、ご存知の人も多いでしょう。

炭の消臭は、細かく開いた穴でたくさんのニオイ成分を吸着して取るというものです。

炭の汚れが靴に付かないように、ガーゼなどでくるんでから靴の中に入れるようにしましょう。

通気性の良い靴下やストッキング

有名芸能人の中には、素足に革靴を履くことをトレードマークにしている人も居ますが、湿気やニオイの対策には靴下やストッキングを履いてから靴を履く方が良いでしょう。

その時に使用する靴下やストッキングも通気性の良い素材を選びましょう。

通気性が悪いと逆に湿気を逃がしにくくなってしまうので、逆効果なこともあるのです。

ニオイが強くなる食べ物に注意!

靴の悪臭の理由の大部分は雑菌が原因ですが、人には体臭というものがあります。

人の体から分泌される汗のニオイや脂のニオイです。

雑菌のニオイにこれらのニオイが混ざると、さらに悪臭になってしまいます。

靴の雑菌予防だけでなく、自分の体臭予防をすることで、靴のニオイを防ぎましょう。

体臭が強くなる食べ物は、脂の多い肉類、乳製品です。

これらをちょっとだけ控えることで、靴が臭いのが緩和されるでしょう。

ストレスを軽減でニオイ対策

足のニオイと言えば汗のニオイだと思う人もいるでしょう。

実際は雑菌のニオイなのですが、汗の水分と人の分泌物のニオイも靴が臭い原因になっていることには違いありません。

足が臭いんじゃないだろうか?と気にしすぎていると余計に汗をかいてしまいますよね。

気にしすぎからくるストレスを抑えることで、汗を少なくして、結果靴が臭くなるのを抑えることが出来ます。

消臭スプレーの選び方

消臭スプレーにはいくつかの種類があります。

雑菌を死滅させるタイプとニオイに吸着してニオイそのものを取り去るタイプなどです。

外出先での靴のニオイが気になる時は、即効性のあるニオイを吸着してなくすタイプがおすすめ。

サッとスプレーするだけでニオイが取れますので、実際靴が臭くてもあまり人に気づかれる事もないでしょう。

靴が臭いのはなかなか取れない

ワキガの人を除き、汗はほとんど無臭なことが多いですが、脂分など雑菌の栄養になることから、汗を吸った靴や衣類などから悪臭がしてきます。

特に革靴などは、雑菌が死滅してもニオイが皮に染み付いてしまったりして、なかなか取れずに結局捨ててしまった・・・という人も少なくないでしょう。

靴にニオイがしみつく前に、しっかり悪臭の元である雑菌を予防したいですね。

  1. 温かい環境
  2. じっとりと湿度が高い
  3. 汗や皮脂などの餌を与えない

これらが雑菌の繁殖を助けることになるので、この3つに気をつけると良いでしょう。

まとめ

靴が臭い対策として、様々な方法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

靴のニオイの原因は雑菌であり、その餌である、人の分泌物や体温が雑菌を増やしてしまっていました。

ニオイの取り方も除菌による原因の除去から、即効性の高いニオイの吸着まで様々です。

時と場合によって、色々な方法を使い分けるのが良い対策と言えます。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • あそこの黒ずみは誰にもある事?美容外科や自宅での改善法教えます

  • 夏のにおい対策【永久保存版】で「汗くさい」なんて言わせない!

  • 胸が垂れる原因にサイズは関係ない!?生活習慣が垂れ胸の原因かも?

  • 今さら聞けない!下の毛の処理方法はどうするの?

  • ストッキングでむくみもスッキリ♡脚痩せ効果で美脚になる!

  • デリケートゾーンのかゆみを鎮める応急処置と生理中の正しいケア