またビキニが着られる!ストレッチマークはレーザー治療でキレイに消える

ボディケア

できてしまったストレッチマーク(妊娠線や肉割れ)は簡単に消えません。

痩せれば消えるだろうとダイエットして痩せたとしても、いったん皮膚に妊娠線や肉割れの跡がついてしまうと、消えない場合がほとんどです。

 

ストレッチマークが気になって海や温泉に行けないと思っているあなたに朗報です。

消えないと思われていた妊娠線や肉割れを消す治療法があったのです。

ストレッチマークが消えるなんて、こんな嬉しいことはありませんよね。

この記事ではレーザーによるストレッチマークの治療法やおすすめクリニックについて紹介しています。

レーザー以外の治療法はこちら↓

 

ストレッチマーク(妊娠線・肉割れ)が消えない理由

妊娠すると急激にお腹が大きくなるため、皮膚が限界を超えて伸びきって肌の奥にある真皮(しんぴ)が裂けてしまいます。

これを一般的にストレッチマーク(妊娠線)と呼んでいます。

 

ストレッチマークはお母さんにとって赤ちゃんを産んだ証の、いわば勲章ですが、できることなら消したいですよね?

妊娠線は簡単に言えば傷跡です。

はじめは皮膚が過剰に伸ばされて、毛細血管の色が透けて見えるのでピンクや赤紫色をしていますが、時間の経過とともに白く変化していきます。

徐々にストレッチマークの凸凹が深くなり、周囲の皮膚がさらに引っ張られてスジがたくさん出来てしまいます。

 

お肌は、表面から表皮(ひょうひ)、真皮、そして皮下組織から成り立っています。

表皮の厚さは0.2mmなのに対して、真皮は1.8mmと、お肌の90%を占めます。

その点では、真皮こそがお肌の本体なのです。

 

表皮の役割

バリア機能【うるおいを蓄え乾燥と外部刺激から肌を守る役割】

ターンオーバー【新しく生まれた皮膚が古い皮膚と入れ替わること、つまり新陳代謝】

 

真皮はお肌のハリや弾力を保つ役割を担っています。

皮膚の表面の傷はすぐに治りますが、真皮にできた傷やダメージは治りにくいものです。

できてしまった妊娠線の症状は時間がたつことにより目立たなくなりますが、残念ながら自然に消えることはありません。

 

ストレッチマークは真皮の断裂

一番外側にある表皮には柔軟性があるので、お腹が大きくなって皮膚が伸びてしまうのにも耐えることができます。

しかし、真皮には柔軟性がないので、急激な伸びに耐えることができません。

妊娠線や肉割れは、真皮の層(コラーゲン繊維)が裂けてしまうことによって起こるのです。

 

肉割れクリームの効果は主に「予防」

表皮での皮膚再生はクリームでできるのに対して、真皮で起こる肉割れは普段のスキンケアで改善するのは、非常に難しいとされています。

それは、肉割れが起きる真皮ではターンオーバーは起きないからです。

 

肉割れ線用クリームの成分と効果

肉割れ線用クリームの成分表を見ると、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなど真皮層を構成する成分が化粧品の保湿成分として配合されていることがあります。

しかし、これらの成分は保湿成分として有効ですが、真皮層のコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン等を「継ぎ足す」という効果にはなりません。

 

また、シラノール誘導体(ゆうどうたい)という成分が入った妊娠線の予防クリームも利用した人達の口コミで広がり話題となっています。

シラノール誘導体は、海外の研究でも肉割れ線の予防に関する報告もあります

シラノール誘導体は肌の調子を整える作用があり、肉割れ線用クリームだけでなく一般の化粧品にも配合されている成分です。

ただし医薬品成分ではなく、肉割れを改善することや薄くしたりする効果は認められていません。

 

化粧品に分類される(医薬品・医薬部外品ではない)肉割れ用のクリームにシラノール誘導体が入っていることで大きな効果があるような印象を受けます。

しかし、その効果は他の保湿クリームと変わりません。

既にできてしまった肉割れ線をクリームなどの化粧品で消すことは難しいです。

あくまでも『予防としての効果がある』と認識しておいてください。

 

妊娠線を確実に消すならレーザー

レーザー治療は光の束を集中させた熱の刺激で患部をいったん焼いて、皮膚の自然治癒能力で正常な皮膚を取り戻させるという治療法です。

上手くいけばほぼ元通りにもなる治療方なので効果は高いと言えます。

 

さらにレーザー治療では、クリームと違って「真皮」に直接働きかけることが可能です。

レーザーの熱によって真皮層にあるコラーゲンの生成(せいせい)が活性化することで、古い皮膚がはがれて新しい皮膚に生まれ変わります。

 

ストレッチマーク(妊娠線)のレーザー治療

 

ストレッチマーク(妊娠線)のレーザー治療が出来るのは、主に美容皮膚科や美容外科クリニックなどです。
レーザー治療では出来てしまった妊娠線に熱の刺激を与えることで、伸びた筋肉を引き締めて収縮させ、症状を改善させる働きがあります。

レーザーなら肌内部のコラーゲンも再生させてくれるので、保湿効果や肌を滑らかにする効果も期待できます。
レーザー治療には4種類の治療法がありますので、ここから順にご紹介していきます。

  • フラクセルレーザー

フラクセルレーザーは皮膚が本来持っている再生する機能に働きかけることが出来ます。

このレーザーは一般的にニキビ治療などでも使われています。

 

・お腹や腕など脂肪が多く妊娠線が出来やすいところ

・凸凹した妊娠線

 

このような場合の治療に向いています。

  • サーマクール

サーマクールは表皮にダメージを与えない方法として近年注目されています。

サーマクールは肌の深いところまで届く高周波で熱を与えて、肌のたるみやしわを解消する方法です。
高周波(ラジオ波とも呼ばれます)はレーザーより何倍もの強さを持つ電磁波の一種。

真皮を引き締め、コラーゲンの生成を促します。

他のレーザー治療ではどうしても表皮にもダメージを与えてしまうため使用機会が限定されます。

しかしサーマクールなら効率よく真皮や皮下組織にラジオ波が働きかけることが出来ます。

  • ヤグレーザー

ヤグレーザーは赤みの原因となってしまう毛細血管に、レーザーを当てて治療する方法です。

皮膚の深いところまでレーザーが届くので、コラーゲンの増殖を促す働きがあり、妊娠線を薄くする効果があります。

  • クールタッチ

クールタッチは主にニキビ治療用に使われているものです。

単一の波長をもつ低温のレーザーで細胞の働きを活性化させることで妊娠線を薄くする働きがあります。
低温の治療の為、他のレーザーと比較して火傷などの可能性が極めて低いのが特徴です。

気になる効果については

「ほとんど目立たなくなった」

「薄くなった」

という方もいれば、効果が得られにくいと感じる方もいるなど、個人差はあるようです。

 

レーザー治療で妊娠線が消える原理

レーザー治療で妊娠線が消える原理は簡単に説明するこんな感じです

  1. 妊娠線ができている部分にレーザーを照射することで、皮膚に「軽いやけど」を負わせる
  2. 火傷を皮膚の自然治癒力で治す過程で、真皮や皮下組織にできた傷を改善する

 

さらに、レーザー治療にはコラーゲンの再生効果があるので、妊娠線の治療に加え、お肌の保湿や滑らかさを手に入れることもできます。

他にも、この原理で小じわや傷跡、ニキビ跡の改善も期待でき、1990年代から美容形成外科、2000年頃から美容皮膚科でも取り入れらている信頼のおける治療法です。

 

レーザー治療の費用

妊娠線の範囲や深さによって、レーザーを照射する回数などが異なるため、かかる費用も変わってきます。

安いものでは1回1万円程度から、高くて20万円程度のものまであります。

一般的な妊娠線の場合、3~5回程度はレーザーを照射する必要があり、妊娠線の改善にはおよそ10~20万円はかかるものと考えておいてください。

多くのクリニックでは無料カウンセリングを実施しています。

費用や回数の詳細が知りたい場合は、いくつかのクリニックでカウンセリングを受けてみるのが確実です。

 

レーザー治療のメリット・デメリット

レーザー治療のメリット

比較的短期間で効果が期待できる

施術方法によっては、皮膚のたるみや肌質がよくなる可能性がある

かなり酷い妊娠線の場合は、より効果が期待できる

 

レーザー治療のデメリット

費用の面で負担が大きい

治療技術があり信頼できる医師に出会えるかという不安がある

出産後に育児をしながら通院する手間がかかる

 

レーザー治療は熱の刺激を肌に照射するため、人によっては痛みを感じたり、皮膚が赤くなったりする場合があります。

火傷した跡のような症状が数ケ月続いたというケースもあります。

副作用が心配な方は、一度に広い範囲でレーザー治療をおこなわず、狭い範囲で皮膚の様子をみながら治療をすることをオススメします。

 

レーザー治療はクリニック選びが大切

クリニックの選び方ポイント

医療機器の安全性

美容皮膚科で使う治療マシンは、海外(特にアメリカ)の正規代理店から購入した治療機器がほとんどです。

しかし、中には正規代理店ではない「海賊版」の機械を使っているクリニックもあります。

海賊版の治療器はピカピカと光っていても必要な出力が出ず、効果がなかったり、逆に強すぎて予期せぬ事故があったりという口コミを見かけます。

ストレッチマークの治療をするはずが、逆に肌トラブルを招いてしまっては本末転倒ですね。
海賊版の治療器は驚くほど安いですから、正規品の機器を使っているクリニックに比べて料金設定がかなり安い場合があります。

安全性や信頼の点で問題がありますので、他のクリニックと比べて格安すぎるクリニックは避けた方がいいでしよう。

 

 

カウンセリングが重要

妊娠線は正しい治療をしなければ消えなかったり、もっと悪化してしまうこともあります。
正しい治療のプロセスをカウンセリング時にしっかり確認することが重要です。
また、カウンセリングの際にそのクリニックの雰囲気や、治療をしてもらうドクターや看護師さんが信頼できるかをしっかり見極めるのも大切です。

 

美容皮膚科や美容外科クリニックを選ぶポイント

技術力を必要とする治療においては、どんな治療をするかよりも誰が治療するかが重要となる場合があります。

したがって、クリニック選びで重要なのは経験豊富な医師のいるクリニックを探すことです。

そして、「美肌のジャンルで熟練の医師が直接治療をしてくれるどうか」も美容皮膚科やクリニック選びの大切なポイントです。

 

特に美容外科の施術は経験がものを言います。

どんな高機能な治療機器を使っていても、治療する人が経験の浅い医師やスタッフであれば、最善の結果にはなりません。

 

また、治療が流れ作業になっていないかも見極めてみましょう。

美容皮膚科の治療とケアは、安心・安全・誠実が一番大切です。

 

 

妊娠線の炭酸ガスレーザー治療の口コミ

炭酸ガスレーザー治療とは

コラーゲンは肌が傷ついたときに、肌を元の状態にするために生み出されるという性質があるんです。

炭酸ガスレーザー治療はこの性質を応用して、肉割れしている箇所に炭酸ガスを注入します。

意図的に傷をつけることで、肌の再生機能を利用してコラーゲンを発生させる治療法です。

炭酸ガスレーザー治療の口コミ

[surfing_su_list_ex icon=”icon: github-alt” icon_color=”#ec6363″]

  • 「若い時にできたお尻の肉割れが気になり、炭酸ガス治療が効くと聞きましたので施術を受けました」
  • 「注射ですので針を刺す時の痛みが少しと、ガスが注入される時の痛みがありますが、10分ほどで終わりました」
  • 「痛みをすぐに忘れてしまうほど、なんともないです」
  • 「傷は問題なくて、すでに想像以上に綺麗です」

[/surfing_su_list_ex]

 

 

ストレッチマークのレーザー治療におススメなクリニック

レーザー治療でおすすめのクリニック5選(東京)

都内には沢山の肉割れレーザー治療ができるクリニックがありますが、その中でおすすめのクリニックを5院紹介します。

 

恵比寿美容クリニック

住所渋谷区恵比寿西1-3-11 BELLE恵比寿4階
アクセス恵比寿駅から徒歩5分(Google map
価格部分 1回9,800円~
電話番号0120-249-272
公式サイトhttp://www.ebisu-bc.com/

多数のメディアにも掲載されている「恵比寿美容クリニック」てす。

市販のクリームやマッサージでは治りにくい肉割れを10分間のレーザー治療で治していくというオリジナルの治療法です。

肉割れの大きさや範囲により料金は変わってきますが、初回のカウンセリング時に総額でどの程度必要か確認すれば安心ですね。

恵比寿美容クリニック公式サイト

 

美容皮膚科シロノクリニック銀座

住所中央区銀座2-2-2 ヒューリック西銀座ビル4F
アクセス銀座一丁目駅から徒歩5分(Google map
価格フラクセルレーザー 下腹 60,000円~
電話番号0800-222-1403
公式サイトhttp://www.shirono.net/

美容皮膚科シロノクリニックは、美容皮膚科でレーザー治療・エイジングケアを専門にやっています。

シロノクリニックのレーザー治療は、治療が難しいとされていた身体の肉割れ(ストレッチマーク)をコラーゲン再生+脂肪分解で改善させます。

シロノクリニックでは複数の治療機器の中から、皮膚の状態や症状、代謝などに応じた最適の機器を選んで治療をおこないます。

美容皮膚科シロノクリニック銀座公式サイト

 

大城クリニック

住所新宿区信濃町34番地 JR信濃町ビル2階
アクセス信濃町駅ビル内(Google map
価格範囲により異なる
電話番号0120-70-0046
公式サイトhttp://www.ohshiro.com/

大城クリニックは、世界ではじめてレーザー治療専門の病院を作ったクリニックです。

年間症例数2万5000件を超える実績があり、紹介による患者が多いのが特徴です。

大城クリニックでは患者さん一人ひとりに合わせた治療法を提案し、複数の機器の中から一番刺激の少ない機器を選んで治療をしてくれます。

大城クリニック公式サイト

 

湘南美容外科クリニック渋谷院(女性専用クリニック)

住所渋谷区宇田川町20-11 渋谷三葉ビル5階
アクセスJR渋谷駅ハチ公口より徒歩3分(Google map
価格CO2レーザー 4,500円~
電話番号0120-5489-02
公式サイトhttp://www.sbc-shibuya.com/

湘南美容外科クリニック渋谷院は医師・スタッフが全て女性です。

女性同士なら恥ずかしがることなく何でも相談でき、施術を受けるにあたって気になる点も全て解消することができます。

症例数も多く、安心・安全に治療を受けることができて、アフターケアも大切にしてくれるクリニックです。

レーザー治療はCO2レーザーをおこなっています。

湘南美容外科クリニック渋谷院公式サイト

 

エルクリニック新宿

住所渋谷区代々木2-10-4新宿辻ビル9F
アクセス新宿ルミネより徒歩3分(Google map
価格範囲により異なる
電話番号0120-590-276
公式サイトhttp://www.elcli.com/

エルクリニックは、美容皮膚科の草分け的存在として豊富な症例数と高い技術力を誇っているクリニックです。

麻酔を使用しなくても、レーザー照射と同時に冷風が噴出される機器などで痛みをほとんど感じることがありません。

費用については医師とのカウンセリング時に、自分が納得するまで配慮してくれた上で治療が始まります。

あとから高い金額を請求されたなんてこともなく安心です。

エルクリニック新宿公式サイト

 

 まとめ

クリニックのドクターは治療箇所のみならず、体質や体調などを総合的に診察した上で治療するため安心です。

妊娠線・肉割れを治療するなら専門の美容外科や美容クリニックに通うことをおすすめします。

 

レーザー治療の内容や費用などは、病院によってさまざまです。

美容外科の治療は自由診療のため保険が効かず、料金もクリニックが個別に設定しています。

同じような施術を受けても、複数のクリニックを比較するとかなり料金に差が出ることも珍しくありません。

 

そして、レーザーを使った治療法では傷跡や肌トラブル等が残る可能性があります。

まずはカウンセリングを受けて疑問や不安に思うことを聞いておきましょう。

 

コメント