1. TOP
  2. 短期間でおしりの肉を落とす方法。簡単エクササイズでキュッと締まる

短期間でおしりの肉を落とす方法。簡単エクササイズでキュッと締まる

 2018/01/31 ボディケア 美容
この記事は約 10 分で読めます。 102 Views

おしりは自分の目が届かない位置にあります。

最近、パンツスタイルが決まらない、と気づいたらおしりに肉がついて大きくなっていた!

なんてことになっていませんか?

 

女性ならキュッとひきしまって上がったヒップ、憧れますよね。

でも残念なことに、一度おしりに肉がつくと簡単には落とすことができません。

 

「だからと言ってあきらめたくない!」

そんなあなたにピッタリな短期間で効果が期待できるおしりの肉を落とす方法を紹介します。

 

おしりに脂肪がつく原因

今まで何も気にしなかったおしり。

気づくとショーツからおしりの肉がはみ出している!

 

別に太ったわけでもないのになぜでしょうか。

おしりに脂肪がつく原因を見てみましょう。

 

骨盤のゆがみ

骨盤は、体の中でも一番大きな骨で、上半身と下半身をつなぐためにとても必要な骨です。

  • 長時間座って仕事をする職業の人
  • ハイヒールを良く履く人
  • 妊娠・出産を経験した人など

 

骨盤がゆがんでいる可能性があります。

 

骨盤がゆがむと、骨盤内の血行が悪くなるため、おしりの脂肪が代謝されにくくなります。

また、骨盤が開いていると骨についている筋肉や脂肪が、骨と一緒に移動するためにおしりが横に広がって見えます。

 

セルライトの蓄積

セルライトとは脂肪の塊のことです。

でも、ただの脂肪の塊ではありません。

 

セルライトは皮下脂肪と老廃物が混ざって固まってしまったもの。

一度セルライトがついてしまうとなかなか簡単には落とすことができません。

セルライトは冷え性でむくみやすい人につきやすいです。

むくむと老廃物がたまります。

老廃物と脂肪が一緒になってセルライトになる前に脂肪を燃焼させること。

これでセルライトができるのを防ぐことができます。

 

おしりの筋肉の衰え

筋肉は脂肪を燃やすためにとても重要なのですが、年齢とともにおしりの筋肉は衰えていきます。

若い時は上向きだったおしりが下がってきて脂肪がつきやすくなるのは、おしりの筋肉が少なくなっているのも原因です。

 

おしりの脂肪を落とす方法

普通のダイエットをしても、おしりの肉を部分的に落とすことはなかなかできません。

ダイエットでは体にとって重要な臓器がある部分の脂肪は最後に落ちます。

おしりの脂肪が落ちるのはお腹とともに最後の方です。

 

それでは、おしりの脂肪を最優先に落とすには、どのようなことを行えばよいのでしょうか。

 

エクササイズで落とす

エクササイズでおしりの肉を効果的に落とすことができます。

おしりに筋肉を増やせば、基礎代謝が上がり脂肪を燃焼しやすい体質に変化するからです。

 

だからと言って、筋肉ムキムキになる必要はなく、今より少しだけ筋肉を増やすことを意識するだけでいいのです。

 

食事で落とす

食事でおしりの脂肪を落とすと聞くと、

「辛い食事制限があるのでは?」

と思ってしまうかも知れませんがそうではありません。

 

食事でおしりに脂肪がついてしまう原因は、脂肪と糖質の取りすぎです。

脂肪は1日に50gは摂取しないといけないという大切な栄養なので、脂肪だけを減らせばいいというものでもありません。

 

脂肪を減らすより、むしろ糖質を減らす方が体に脂肪がつきにくくなります。

糖質とは糖分はもちろん、ごはんや麺類、パンなどの炭水化物に多く含まれています。

 

糖質は体を動かすためのエネルギーです。

しかしエネルギーとして使われなかった分は中性脂肪となり体に脂肪として蓄えられます

おしりの肉を落としたいと思うのなら、まず糖質を抑える必要があるのですね。

 

生活習慣を見直す

 

次のような生活習慣の人はおしりに脂肪がつきやすくなります。

  • 脚を組む
  • 立つときに片方の足に体重をかけている
  • カバンを同じ肩や腕で持っている
  • 猫背
  • 内股で立つ
  • 小股で歩く
  • ソファに浅く座る
  • 長時間座りっぱなし
  • 全身が冷えている

 

特に長時間座ることの多い人は、知らず知らずのうちにおしりの血行が悪くなったり、骨盤の歪みにつながります。

座りっぱなしにならないように、注意をしましょう。

 

短期間で効果が出るおしりの肉を落とすエクササイズ

短期間でおしりの肉を落とすのなら、おしりに筋肉をつけるのが一番です。

おしりの肉を効果的に落とすエクササイズのやり方を紹介します。

ブリッジ(ヒップリフト)

おしりに張りを持たせる効果があります。

ウォーキングなどの有酸素運動と組み合わせると、さらに効果がアップしますよ。

  1. つま先をそろえて足の裏を床につけます。
  2. くるぶしとひざに隙間ができないようにしながら、腰からおしりを持ち上げ、肩と手で体を支え15秒キープします。

 

ヒップエクステンション

おしりの上部に効果があるエクササイズ。

左右各20回ずつを3セットするのが効果的です。

  1. 床に両手両足を肩幅に開いて四つん這いになります。
  2. 腰がそらないように注意して、反動をつけずに息を吐きながら片方の足を腰の高さまで持ち上げて元の位置まで戻します。

 

サイドレッグ

おしりの外側に効果のあるエクササイズです。

まずは左右各10回ずつを3セットずつを目標に頑張ってください。

  1. 脚をそろえて立ち、腰に手をあて背筋を伸ばして片方の足を横に持ち上げます。
  2. 反対側も同じようにします。

※バランスをとるのが難しい場合はイスや壁に手をついても大丈夫です。

 

ワイドスクワット

足を大きく広げてするスクワットは、おしりの筋肉に効果があるのに、脚に負担がかからないエクササイズ。

脚はあまり鍛えたくないけど、おしりはしっかり鍛えたいという人にオススメです。

10回を3セットしましょう。

 

  1. 脚を外側に45度の角度に開いて立ちます。
  2. 太ももと床が水平になるまで背中をまっすぐにしたままゆっくりとしゃがんだら元の位置まで戻りましょう。

 

ランジ

ヒップアップ効果だけでなく、下半身全体を使ってするので、脂肪燃焼に効果的なエクササイズ。

左右各30回を3セット。

 

  1. 両足を軽く開いてまっすぐ立ちます。
  2. 手を腰において息を吸いながら片足を前へ踏み出し、後ろ脚のひざが床につかないところまでしっかり腰を下ろします。
  3. 吐きながら元の位置に戻り、反対側の脚も同じようにします。

バレエエクササイズ

ヒップアップに効果的なエクササイズ。

左右各10回を3セットします。

 

  1. 左手を壁に添えて右手は腰に置き、右足を後ろにまっすぐ伸ばし上へ蹴り上げるように持ち上げます。
  2. 息を吸いながら少し足を下ろして、再度足を持ち上げます。
  3. この動作を1回とカウントし、10回行い、反対側も同じようにします。

 

おしり歩き

とっても簡単で、テレビを見ながらでもできるおしりの肉を落とすのに効果的なエクササイズ。

  1. 足を伸ばし、背筋を伸ばして床に座り、腰を前後に動かしながらおしりで歩くように前に進みます。
  2. 前に進みきったら同じようにして後ろに下がり、1回3分を3セットします。

 

男性のおしりの肉を落とす方法

男性のおしりについた肉を効果的に落とす方法を紹介します。

 

ハムストリングスを鍛える

おしりの肉を落とすには、ハムストリングという太ももの裏にある筋肉で、「大腿二頭筋」「半腱様筋」「半膜様筋」を鍛えます。

 

ハムストリングを鍛えることで殿溝(でんこう)と呼ばれるおしりと太ももの裏の境目がはっきりする効果があり、引き締まったシルエットとなります。

 

ハムストリングを鍛えるには、片足スクワットが効果的です。

左右各10回ずつやりましょう。

 

片足を曲げて甲を椅子に乗せ、そのまま前足を直角になるまで曲げ元に戻ります。

 

スクワット(大腿四頭筋を鍛える)

大腿四頭筋は太ももの前側にある筋肉です。

体の中で一番大きな筋肉なので、この筋肉を鍛えることで脂肪燃焼効果が期待できます。

大腿四頭筋を鍛えるには、スクワットが効果的です。
ダンベルなどをもって負荷をかければさらに効果がアップします。

 

  1. 脚を肩幅程度に開き、顔を正面に向けてください。
  2. ひざが直角になるまで背中を伸ばしたままゆっくりしゃがみ、元の位置に戻ります。

 

ヒップリフト

おしりの筋肉を鍛えるのに効果的な方法です。

 

  1. 仰向けに寝てひざを立てます。
  2. 息を吐きながら腰からゆっくりとおしりを持ち上げ、ゆっくりと元の位置に戻しましょう。

 

ブルガリアンスクワット

ブルガリアンスクワットはおしりにとても効くスクワットです。

普通のスクワットが10~20回ほどできるようになってから実践しましょう。

ダンベルなどの負荷をかけると、さらに効果がアップします。

椅子などに足の甲を乗せ、前足を直角になるまで曲げ元に戻します。

 

中学生のお尻を小さくする方法

中学生の体は、まだ大人のようにふくよかではありません。

でも、思春期でおしりの大きさが気になるあなたに、おしりを小さくする方法を紹介します。

 

体を冷やさない

体が冷えると、血液の流れが悪くなり、老廃物がたまり、皮下脂肪がつきやすくなります。

自分のおしりを触ってみてください。

冷たくなっていないですか?

 

おしりが冷えると、そこに老廃物がたまり脂肪がついてしまっておしりを大きくしてしまう原因になります。

小尻を目指すのなら、温めて脂肪をためないようにする体にしましょう。

 

おしりに力を入れる

おしりに力を入れるだけで、おしりの筋肉を鍛えることができます。

やり方はとても簡単で、おしりの穴を閉めるように力を入れて、30秒キープするだけ。

 

どこでも簡単にできるので、ぜひやってみてください。

 

脚を組まない

骨盤がゆがむとおしりに脂肪がついて大きくなります。

脚を組むと、骨盤のゆがみを引き起こすのです。

 

骨盤がゆがまないようにするために、脚は組まないようにしましょう。

 

モデル歩きをする

猫背で内股や外股で歩いていませんか?

姿勢や歩き方はおしりにも影響します。

 

  1. モデルのように背筋を伸ばして、足を前に出す時はひざを曲げます。
  2. 脚を地面に着けるときにはしっかり伸ばし、歩幅は広くして歩きましょう。

 

おしりの筋肉も鍛えられ、小尻になりますよ。

 

まとめ

おしりの肉を落とす方法を紹介いたしましたが、エクササイズが効果的だということがお分かりいただけたと思います。

 

エクササイズの種類もたくさん紹介しましたが、最初からすべてをやる必要はありません。

まずはできるものからやっていき、慣れて来たら回数や種類を増やすといいでしょう。

毎日続けることが大切ですから、無理のない範囲から始めるといいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 脇肉スッキリブラのおススメ実力派4選を紹介!

  • VIO脱毛後のお肌の黒ずみが起こる原因と改善方法

  • お尻を引き締める方法を毎日10分実践すれば下半身もスッキリ!

  • 夏のにおい対策【永久保存版】で「汗くさい」なんて言わせない!

  • サプリメントでできる体臭対策を徹底攻略しませんか?

  • 卵殻膜美容液まだ使ってないの?手軽に美肌を手に入れる噂のアイテム