1. TOP
  2. VIO脱毛後のお肌の黒ずみが起こる原因と改善方法

VIO脱毛後のお肌の黒ずみが起こる原因と改善方法

 2018/01/29 ボディケア 美容
この記事は約 8 分で読めます。 90 Views

欧米ではVIOの脱毛に気を使うのは常識ですが、日本でもVIO脱毛する人が増えて来ています。

薄着になる梅雨明けの季節は、ほとんどの女性が脇の下や腕、足など、いろんな部位のムダ毛が気になりますよね。

しかし、VIO脱毛した後に気になるのが肌の黒ずみではないでしょうか。

せっかくキレイに処理しても色素沈着などで、人前に出られない状態にということもあります。

この黒ずみは厄介なことに、脱毛してからでないとわからないものです。

脱毛後に黒ずみを目の当たりにして悩み始めるという方もいらっしゃることと思います。

それでは、これから黒ずみの起こる原因と改善方法についてお話します。

黒ずみの原因

メラニンによる色素沈着

日本人はメラニンの保有量が多い人種で、年齢とともにホルモンの関係で沈着していく傾向にあるそうです。

ですから、個人差はありますが黒ずみがあるのは自然なことなのです。

 

ホルモンバランスの悪化

ホルモンバランスが悪くなると黒ずみが起こります。

お肌を美しく保つための栄養分が体内で不足していると、ちょっとした刺激でも黒ずみが起こって、なかなか元の肌色に戻らなくなるのです。

 

衣服や下着による摩擦

VIOは、一日の中で入浴の時以外下着や衣類による刺激を受けています。

生理中は生理用品によって肌がかぶれてしまう方もいますよね。

下着による刺激を最小限にするには、今着けている下着が自分に果たして合っているのかどうか、サイズや形、素材などを見直して下さい。

下着を脱いだ時に肌に跡がついているようだと、その場所が黒ずんでくるのです。

下着の素材でおススメは吸湿速乾加工された繊維で作られた綿や絹製品です。

これらの素材はお肌への刺激も少なく通気性にも優れているので、生理中のムレなどにも効果的です。

 

自己処理による脱毛

肌への刺激による原因として「毛を抜く」「剃る」と言った自己処理を行うことは、肌への負担が大きく黒ずみを進行させる原因です。

カミソリでムダ毛の処理を行ったときに、白い粉状のものがでますよね?

カミソリの刃はムダ毛と同時に皮膚の角質層を削ります。

これは、カミソリでムダ毛処理をしたために、目には見えない小さな傷がついているんです。

 

メラニン色素は肌を守るために生成されます。

何度もムダ毛処理をしていると、だんだんメラニン色素が表皮に蓄積して色素沈着ということになってしまうのです。

また、毛抜きで処理すると毛根を抜いたことにより炎症が起き、やはり色素沈着してしまいます。
このように自己処理を続けていると、肌へのダメージが蓄積されて皮膚が正しく再生されません。

その結果、徐々に黒ずみが悪化して気付いたときにはどうしようもなくなってしまうのです。

脱毛の自己処理はやめておいた方が良いでしょう。

 

黒ずみは不衛生な環境下で起こる炎症

デリケートゾーンを不衛生な環境の中においておくと炎症が発生します。

例えば生理用品を取り替えないで長時間使ったり、下着を取り替えないで汚れたまま何日も履き続けることで、炎症が起こりお肌が黒ずむのです。

 

黒ずみの改善方法

脱毛するときは専門のクリニックへ

黒ずみを抑えるためには、専門サロンや医療脱毛クリニックでVIO脱毛するのがいいでしょう。

肌への刺激は、専門のクリニックなどで正しく脱毛とアフターケアを受けることにより少なくなります。

VIOを清潔に保ちやすくなることからもおススメです。

 

また、脱毛と同時にお肌の黒ずみをケアできるようなケア用品やサービスにも力を入れています。

サロンやクリニックでは、肌にとにかくダメージを与えないと言うことを最優先にしています。

スタッフも、そのような処理にはくわしい知識をもったプロ達ですから、アドバイスを聞くだけでも参考になることと思います。

 

デリケートゾーンの保湿ケア

顔やボディーに保湿ケアはするけれど、VIOラインにしている人は少ないのではないでしょうか?

実はこれがミソなんですね。

肌が乾燥すると色素沈着が起きるので保湿をしっかりすることで改善されます。

ですから、美白乳液をVIOラインにたっぷり塗ってください。

 

また、専用の美白化粧品も数多くつくられています。有名な品物として「ヴィエルホワイト」や「ジャムウソープ」などがあげられます。

ただし、これらの美白化粧品に即効性はあまり期待しないでくださいね。

使い続けているうちに肌の調子が整い、黒ずみも薄くなってきます。

焦らず根気よくケアしてみて下さい。

 

美白化粧品を選ぶ際に気をつけることは、肌への優しさを考慮してください。

IラインとOラインは粘膜にも塗ることになりますから、粘膜にも使える商品であることが大切です。

美白効果が高いからと言って肌を痛めてしまっては元も子もありません。

ネットでの情報などを活用して信頼できる商品を選びましょう。

初めて使う商品は、パッチテストをして、安全であることを確認してから使用してください。

 

また、乾燥のダメージから守るために、保湿ケアをして潤いを与えることが重要です。

保湿することで肌を摩擦から守ることにもなります。

人間の身体は外部からの刺激から自分自身を守ろうとしてメラニンを生成します。

乾燥した状態では摩擦が起きやすく、黒ずみができやすい原因となります。

脱毛して露わになった肌はそのままにせず、しっかりと保湿して乾燥を防いであげてください。

 

弱酸性石鹸の使用によって黒ずみを改善

普段、私たちが使用する石鹸は『アルカリ性』が多いです。

しかしデリケートゾーンを洗う場合の石鹸は『弱酸性』の製品をおススメします。

人間の肌は弱酸性だと言われています。

アルカリ性の石鹸は、洗浄力が高いのが特徴です。

デリケートゾーンは常に「尿」や「おりもの」など、アルカリ性の物質に触れています。

そこに洗浄力の高いアルカリ性の石鹸を使うと、必要な常在菌まで落としてしまいます。

その結果、臭いの悪化や肌への負担を招いてしまい、黒ずみの悪化にも繋がります。

弱酸性の石鹸は人の身体が弱酸性ですから、弱酸性状態を守りながら洗えます。

その成分の中の

  • ミョウバン
  • ジャムウ
  • アロエ

 

などは、デリケートゾーン特有の気になる臭いやかゆみを抑制します。

  • ジャムウ
  • 甘草エキス
  • カミツレエキス

 

などの配合物により、黒ずみを薄くする働きにも期待ができます。

継続して使用することにより黒ずみの悪化を防ぐことが出来ます。

 

Vラインの黒ずみ対策には女性用ボクサータイプのショーツがおススメ

一般的な女性のビキニタイプのショーツは、ビキニラインにゴムが入っており、動くたびに肌が擦れ、摩擦が起こります。

脱毛によってクッションの役目であったムダ毛を処理すると余計に刺激を受けやすくなり、黒ずみの原因になります。

そこでおススメしたいのがボクサータイプのショーツです。

このボクサータイプのショーツは、ビキニタイプと違ってゆったりとしているので、Vラインが擦れにくくなります。

また、しっかりとお尻全体を包み込んでくれるので冷え性予防にも効果的です。

しかし、デートの時など履きたくないこともあると思います。

その時はビキニタイプ、そして家にいるときはボクサータイプとするなど履き分けて、できるだけビキニタイプの下着をつけている時間を少なくして下さい。

それから、締め付けのつよいストッキングやジーンズなども同様に注意しましょう。

 

食事のバランスに気をつけましょう

食生活によって、黒ずみの原因となるメラニンを抑えることもできます。

重要な栄養素としてビタミンCがあげられます。
ビタミンCの豊富なピーマンやブロッコリー、キャベツ、アセロラなどの野菜を意識的に取り入れてください。

栄養補助食品のサプリメントなども取り入れて体の内側からのケアもしておきましょう。

 

まとめ

黒ずみを起こさないようにするには自己管理が大切です。

黒ずみを生む原因がVIO脱毛自体によって起こることではないことが、今までの話の中でお分かりかと思います。

脱毛処理の前後に行うケアが問題なのです。毎日正しいケアをしっかりしていれば、きれいなデリケートゾーンを保てることが出来るのです。

キレイになるためにVIO脱毛をするのですから、しっかりと脱毛以外の部分でも対策を行っておきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • お尻の黒ずみケアやニキビ対策方法|ちゃんと気づいてますか?

  • リンパの流れを良くする方法13選 むくみを取ってスッキリボディに

  • クリニック脱毛を考えている人へ!知っておきたい基礎知識

  • デリケートゾーンの黒ずみに間違ったケアしてませんか?

  • 【自宅で簡単】骨盤を小さくする方法で小尻が叶う!ストレッチやグッズ10選

  • VIO自己処理の方法|これだけ抑えておけばまず大丈夫!