1. TOP
  2. ウォーキングでヒップアップ! 普段の歩き方にひと工夫してみませんか?

ウォーキングでヒップアップ! 普段の歩き方にひと工夫してみませんか?

 2017/04/07 ボディケア 健康
この記事は約 9 分で読めます。 340 Views

引き締まってキュッと上がったヒップは、足が長く見えるだけでなく若々しい印象も与えてくれます。

欧米人はヒップが大きくてもスタイルが良く見えるのは、おしりが上がっているから。

日本人のヒップが下がってしまう人が多いのは、歩く姿勢が悪いせいと言われています。

歩く姿勢を正しくしてお尻を上げるのが、ヒップアップウォーキング法の目的です。

 

垂れ尻は損してる!?ヒップアップの必要性

ヒップアップすると足が長く見える

おしりが垂れてくると位置が下がるだけでなく、太ももとおしりの境目にも肉がつき太ももがおしりの延長のように見えてきます。

ヒップアップをして、おしりと太ももの境をハッキリさせる事で、足を長くしてスタイル良く見せてくれます。

1センチヒップが上がると足が3センチも長く見えると言われているんですよ。

若々しさはヒップアップで決まる

ご年配の方のおしりを見ると、痩せている人でもおしりが下がって盛り上がりが無く、四角い箱がついているように見える方が多いですね。

筋力が衰えてしまうご年配の方ならいざ知らず、若いうちからこのような四角いおしりでは後ろ姿が老けて見られてしまいます。

後ろ姿の若々しさは、姿勢とヒップの上がり具合で決まると言っても過言では無いのではないでしょうか。

何を着てもキマらない

パンツやタイトなスカートなど、下半身にフィットするような服は、本来おしりがある部分に一番ゆるみがあり、そこから下に向かってシェイプしていく形に作られています。

でも、おしりが下がってしまうと腰回りの一番太い部分が本来あるべき位置から下がってしまうため、不要なゆるみが出たり、引き締まっているべき場所がパツンパツンになっています。

せっかくの洋服のデザインがイマイチ決まらずに残念な事になってしまうのはそのためです。

 

ヒップアップウォーキングとは

多くの日本人女性の悩みである、下腹からヒップや太ももといった部分は、そこを意識して歩く事で引き締め、筋肉を鍛える事が出来ます。

ウォーキングは脂肪燃焼効果がある有酸素運動ですから、筋肉の引き締めと贅肉の燃焼のダブルの効果で見た目の変化が体感しやすい運動です。

ヒップアップウォーキングは姿勢が重要と言われています。

姿勢がよくなる事で、上半身への血流もよくなり頭がスッキリすると言う人もいます。

 

なぜヒップアップウォーキングでお尻が上がるの?

何も意識せずに歩く時は、姿勢が悪かったり、ダラダラと歩いてしまう人も多いのです。

そんな歩き方をちょっと意識するだけで、今まで使われていなかった筋肉が使われて、ヒップアップに効果を発揮します。

誰でも簡単に出来るウォーキングから見直す事で、自然と無理なくヒップアップが出来るのです。

 

お尻を下げる悪いウォーキング方法

猫背

歩きスマホやバッグを肩から下げた状態で歩いていると、肩甲骨も動かず、前傾姿勢で腹筋を使わずに歩いてしまっています。

そのせいで、だんだん足が上がらなくなってきて、すり足で歩くようになってきます。

こうなると、ヒップや太ももの筋肉をあまり使わないような歩き方になってしまっています。

そのような歩き方を続けていると、どんどんおしりまわりの筋肉が衰えていき下がってきてしまいます。

悪い膝曲げ歩き

足を伸ばして歩けば良いというわけではなく、重心を意識するのがポイントです。

猫背の逆で反り返った姿で膝を曲げるのは高齢者によく見かける悪い膝曲げ歩きです。

背筋を伸ばして、姿勢はやや前傾状態で。

足を出した時、膝を曲げ重心は進行方向にあり、そのままの重心位置をキープしつつ膝を伸ばします。

次の足を踏み出す時に進行方向に重心を移動させるようにして、膝を曲げ歩くのが良い膝曲げ歩きです。

O脚

O脚は普段の歩き方や姿勢の悪さによって、足の向きや形が変形したものです。

歩く時に足の爪先が外側に向いていたり、足を蹴り上げずにちょこちょこと小走りのように足を前後に動かすように歩くことなどが、O脚を引き起こすと言われています。

O脚の原因となる歩き方=おしりが下がる歩き方 と言えるのです。

 

ウォーキングの前にヒップアップのための正しい姿勢を心がけよう!

ヒップアップのための正しい姿勢

前傾姿勢の歩き方がおしりを下げてしまうのですから、まずは正しい姿勢をマスターしましょう。

正しい姿勢は、あごを引き、背筋を伸ばし、お腹とおしりに力を入れ引き締めまっすぐ立ちます。

よく天井から糸で吊り下げられているようなイメージと言いますが、いまいちピンと来ない人もいるのではないでしょうか。

誰でも簡単に正しい姿勢を体験する方法は、膝立ちです。

足で全身を支えようとすると、どうしても筋肉が緊張してバランスが悪くなってしまいます。

しかし、膝で立つ事で骨がまっすぐ体を支えてくれます。

不慣れなうちはまず膝立ちで正しい姿勢の感覚を覚えると良いでしょう。

 

座り方が悪いとヒップが下がる!?

立ち方だけでなく、座る時の姿勢もヒップアップに深く関係してきます。

あなたは座る時どのように座っていますか?

もし、背もたれに腰を付けて猫背になってデスクワークをしている人は要注意です。

おしりの肉が太ももに押し下げられて下がっていきます。

椅子に座っている時も背筋を伸ばし、腹筋を意識し、ヒップに力を入れ正しい姿勢で作業しましょう。

 

ヒップアップに効果のあるウォーキングをマスターしましょう!

 

基本となるウォーキングの姿勢

ウォーキングは全身運動と言いますが、正しい姿勢が出来ていないと下半身だけで歩くことになり、おしりを下げるO脚の原因となるペタペタ歩きになってしまいます。

正しいウォーキングをするには以下の3つを意識してあるきましょう。

  • 肩甲骨・・・歩く時に上半身と下半身の動きをスムーズに連携させてくれるのがこの肩甲骨の動きです。腕をしっかり前後に動かす事で肩甲骨が動きます。

  • 丹田(たんでん)・・・人の体の重心がある場所で、へその下指4本下がった所にあります。ここを意識する事で体が安定してしっかりと地面を踏みしめて歩く事が出来ます。

  • 骨盤・・・骨盤も上半身と下半身の動きを連動させてくれます。骨盤は前に突き出すのではなく、やや前傾している(お腹をひっこめた状態)のが正しい位置です。

正しいウォーキングのポイントを確認しましょう

  • 顔をまっすぐに

肩や背中への疲労を和らげ、重心が前に乗りやすくなります

  • 胸は反らさない

胸から前に引っ張られるように意識をすると歩くスピードがアップします

  • 腕は左右平行に

斜めに振ると膝や腰を痛めてしまいます

  • 後ろ足でしっかり前に押し出そう

押し出そうとする事にヒップアップ効果があります

  • 着地はかかとから

かかとから徐々に前へと着地して最後に親指を着けるよう意識すると◎

 

更にヒップアップ効果をあげるには大股歩きで!

ふだん歩く歩幅のさらに前を目指して足を伸ばして着地します。

筋肉がたくさん動くので、自然と運動量もアップ!

歩幅も平均的になり、リズミカルにウォーキングを続ける事が出来ます。

大股で歩く事により、股関節がよく動きリンパの流れをよくする効果もあります。

リンパの流れがよくなれば、足のむくみ解消にもなり、自然とスラッとした足になれるでしょう。

 

ウォーキングの時の後ろ足がヒップアップには大切です

ヒップアップのエクササイズとして、足を後ろに蹴り上げるものがありますね。

それと同じような運動をウォーキング中に行うことになります。

ただ歩くのではなく、蹴る足と着地する足、着地はかかとからという動きを常に意識すると自然と正しいウォーキングの形になります。

それと同時に良いリズム感が生まれてきますので、自然と歩くスピードも上がり、楽しくウォーキングする事が出来るでしょう。

ウォーキングが楽しくなれば自然と続ける事が出来るので一石二鳥というわけです。

 

バレリーナのようなウォーキングで負荷をプラス

ヒップアップウォーキングを更に進化させて、負荷を増やした歩き方をご紹介します。

  1. 足を前に踏み出し着地した時に軽く膝を曲げて体全体を沈み込ませます
  2. 後ろ足を上げる動作と同時に膝を伸ばし、更につま先立ちで伸びをします
  3. そのまま後ろ足を前に出さず、前の足に重心をかけて後ろの足はバレリーナのように後ろに蹴り上げます。この時前の足はつま先立ちで膝も伸びている状態です

後ろの足を前に出し、また1から3を繰り返し歩きます。

 

ヒップアップウォーキングの目安

 

ウォーキングは週に3時間程度を目安にすると良いと言われています。

しかし、週に1度ではなく、1時間くらいを3日に分ける感じで、実質1日おき程度に歩くよう心がけると良いでしょう。

なかなかそんなに時間が取れないという人は、毎日の通勤・通学、買い物などの時にヒップアップウォーキングを意識して歩いてみてはいかがでしょうか。

 

ヒップアップをサポートするアイテム

正しい姿勢や筋肉を意識して歩くだけのヒップアップウォーキングですが、朝は忙しいし帰宅する時は疲れていてそんな気分になれない・・・そんな人もいる事でしょう。

なかなか思うようにヒップアップウォーキングが出来ない人は、ヒップアップをサポートしてくれるアイテムを使うと回数や時間が短くても効果を上げる事が出来ます。

もちろん、通常のヒップアップウォーキングが出来る人が普段から使っても良いですよ。

着るだけで姿勢がよくなる補正下着

前傾姿勢で歩いていると、下半身に贅肉が付きやすいというお話をしましたが、履くだけで姿勢を良くしてくれる補正下着もあります。

ヒップアップをサポートする矯正下着は、履くだけでヒップの引き締め、骨盤ベルト作用、O脚矯正作用もありますのでそれだけでもシルエットがキレイになります。

ヒップアップウォーキングシューズ

ただベタッと床や地面に足の裏を付けて歩いているよりも、不安定な状態の中で立つ姿勢を維持しようとすると下半身に負荷がかかってヒップアップします。

例えばスケート靴を履いて歩く時をイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。

履くだけで、そんな不安定な状態を作り出す靴がヒップアップウォーキングシューズとして販売されています。

いくつかのブランドから発売されていますが、どれもこの不安定な状態から立ってまっすぐ歩こうとする事により、下半身の引き締め、特にヒップアップに効果があるようになっています。

 

まとめ

ヒップアップのためのウォーキングは継続する事が大切です。

ダイエットなどは全てそうですが、やめてしまうと少しずつ元に戻っていってしまいます。

一度始めた運動は、出来るだけ継続して行うようにすると良いですね。

ウォーキングは、歩き方ひとつですので周りに誰もいない帰り道など、出来る時に少しでも続けていく事が大切です。

\ SNSでシェアしよう! /

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • お尻を引き締める方法を毎日10分実践すれば下半身もスッキリ!

  • 一週間で効果あり!即効性がある太ももを細くする方法を紹介

  • 脇の臭い対策ってどうするの?ワキガは汗の臭いと違う?その原因は?

  • おしりのニキビが治らない!すぐにできる対処法やニキビ跡の消し方

  • ワキガ対策クリーム選び7選 効果アップ方法や自宅で出来るケアも紹介

  • 二の腕を即効細くするならストレッチと筋トレの組み合わせが効果大!