【着痩せ効果抜群!】胸が大きい人に似合うトップスでスッキリ見せコーデ

ファッション

胸が大きいとどんな服を着ても実際より太って見える気がして、新しいコーデを試すのが怖くなったりしませんか?

ピタッとしたトップスは胸を強調しすぎてしまいますし、かといってゆったりとしたシルエットだとお腹が出ているように見えてしまうんですよね。

 

「流行の服を着ても胸のせいでかっこよく決まらない」、「胸を強調しないトップスが見つからない」と頭を抱えている人必見!

今回は胸が大きい人が陥りやすいNGファッションと、胸元すっきりで悩み解消と着やせをかなえる優秀トップスをご紹介します。

 

胸が大きい人にはNGのトップス選びとは

「胸が大きいコンプレックス」を気にせずにファッションを楽しむために、「なぜ胸が大きいとスタイルが決まらないのか」、「どんなトップスを選べばスタイリッシュになるのか」を知っておく必要があります。

まずは胸が大きい人が陥りやすいファッションの落とし穴と、トップス選びの注意点についてみていきましょう。

↑ 関連記事はこちら

 

胸が大きい人の悩みとトップス選び

胸が大きいことによって選べるファッションアイテムがごく限られてしまっている、というのは胸が大きい人にありがちな悩みです。

これはトップス選びを間違ってしまうことで「余計に胸が大きく見える」または「肩幅やお腹周りが実際よりも大きく見えてしまう」から、新しいアイテムに手が出せないんですよね。

 

この悩みを解消するためには、胸を強調しないトップスや視線を胸元から外すトップス、ウエスト周りをすっきり見せるデザイントップスを選ぶのがおすすめです。

 

胸元のデザインはトップス選びの重要ポイント

では実際に、どのようなデザインのトップスを選ぶと悩みを解消していけるのでしょうか?

そのポイントは3つあります。

 

デコルテを強調する

デコルテ(鎖骨周り)のきれいなラインを出すことで、胸へ視線が集中しない他、「綺麗な鎖骨=痩せている」という印象を与えることができます。

 

胸以外の露出を増やす

鎖骨もそうですが、肩や二の腕、お腹など胸以外の肌色部分を露出させることで視線を胸以外の部分に逸らすことができます。

ただし、このファッションはオフィスには不向きです。

 

胸から下は絞る

胸から下がストンとしたデザインだと、胸のふくらみから裾まで同じサイズ感になってしまい、見た人には「お腹が出ている」と勘違いされがちです。

しかしアンダーバストもしくはウエストに「絞り」デザインを加えることで、「胸が大きいけれど太っているわけではない」という印象になります。

 

胸の大きさを強調してしまうNGトップス

そして、胸が大きい人には絶対に選ぶべきではない「NGトップス」が存在しています。

どんなに流行のファッションアイテムであっても、胸の大きい悩みを持っているなら避けておきたいトップスは次の5つです。

 

タートルネック

胸元をふさいでしまうタートルネックは、タイトなシルエットで胸の大きさをさらに強調してしまうアイテムです。

 

ぴったりとしたリブニット

ニット自体胸が大きい人にとっては避けたいアイテムですが、ぴったりとしたリブニットはより胸元に視線を集めやすいトップスですので特に注意しましょう。

 

Aラインのワンピース

足元に行くにしたがって徐々に広がるデザインのAラインワンピースは、胸が大きい人が着ると体のラインがすべて隠れてしまい、体全体が大きく見えてしまいます。

 

かっちりしたブラウス

タートルネックと同じく、首元を隠すデザインのブラウスは実際よりも胸が大きく見え、さらに肩幅も広く見せてしまうトップスです。

 

胸元にフリルデザイン

胸元にフリルが付いたデザインのトップスは、視線を胸に集めてしまうためどうしても胸を強調してしまいます

フリルデザインのものを取り入れたいときには、胸や二の腕、肩回り以外の部分にフリルがついているものがいいでしょう。

 

 

胸元が開いたトップスを選ぶときの注意点

このように、胸が大きい人の悩みを加速させてしまうアイテムは「首元を隠すもの」、胸の大きさを強調しないトップスは「胸以外の肌を露出させるもの」ということになります。

だからと言って、肌を露出しすぎるトップスを選んでしまったり、胸元が開き過ぎたトップスを選ぶと女性から反感を受けることもあります。

 

オフィスでは露出を控える、女性同士の集まりではセクシーなアイテムを避けるなど工夫をするのがおすすめです。

胸の大きさを気にするあまり、TPOをわきまえない服装を選んでしまわないように注意しましょう。

 

TPOとは
時(Time)、所(Place)、場合(Occasion)に応じて服装を選ぶこと。

 

 

胸が大きい人でも着やせ効果抜群のトップス5選

以上のポイントを踏まえて、ここからは胸の大きい人でもすっきり見える実践しやすい「着やせ効果抜群」のトップスを5つご紹介します。

 

デコルテ見せで胸元すっきりトップス

襟抜きシャツやVネックのトップスなどで、さりげなくデコルテをみせることで印象をすっきりさせることができます。

オフィスではシャツのボタンを2つほど開けて襟を抜いてみる、広く開きすぎないVネックを選ぶなどすると好印象です。

ボトムスはワイドパンツ、ジョガーパンツなどにすると大人っぽい印象になります。

出典:amebaブログ

 

ビッグシルエットシャツで胸元から視線を逸らす

ビッグシルエットシャツは胸が大きい人に向かない、と感じている人も多いようですが、着こなしによっては逆に胸を隠す絶好のアイテムとなります。

襟ぐりと袖口が広め、カラーは落ち着いたカーキや紺、またはストライプを選びましょう。

 

襟ぐりとは
洋服の首回りに沿ったラインのこと。ネックラインともいいます。

 

にシャツの裾をボトムスにインすると、胸のふくらみは強調されず着やせ効果も出ます。

ポイントは「太い部分を隠して細い部分を出す」、二の腕や胸は隠しつつ腕の下部分だけ出すことでほっそりした印象を与えることができますよ。

出典:楽天市場

 

胸元に視線が向きにくいトップスはオフショルダー

デートの時にぴったりの着やせトップスはオフショルダーです。

肩やうなじを出してちょっとセクシーさを醸しだしつつ、胸元への視線を外すことができます。

片方の肩だけを出すワンショルダータイプもおすすめです。

出典:4MEEE

 

トップスはインして胸よりウエストを強調

トップスはできるだけインして下さい。

インすると胸を強調してしまう気がしますが、同時にウエストラインも強調することができます。

 

胸からウエストが同じラインだとお腹が出ているように見えてしまいますが、トップスをボトムスにインすることで「お腹の華奢さ」があらわれ「全体が細い印象」へと変わります。

出典:MINE BY 3M

 

ウエストマークで着やせ効果抜群トップス

インできないトップスやワンピースを着用するときには、ウエストマークベルトを使用してウエストラインを引き立たせましょう。

細いタイプのベルトよりも、サッシュベルトのような太めのベルトだとより効果的です。

出典:MINE BY3M

 

 

胸が大きい人の胸チラ対策

最後に、胸が大きい人が最も悩んでいると言っていい「胸チラ」を予防するための対策についてご紹介します。

この対策を知っていれば、視線逸らしのための「胸開きトップス」にも恐れず挑戦できますよ!

 

胸元は意外と見られている

「胸ばかり見られている気がする」、胸が大きい人の多くが感じていることだとは思いますが、この視線は男性だけではなく女性からも注がれているということを覚えておきましょう。

自分としては胸を強調しているつもりもないし、胸元を見せているつもりもないのに、「胸が大きいからわざと見せつけている」と同じ女性から言われてしまうことも多々あります。

特に社会人になるとその視線は強まるのですが、胸が大きいとどうしても小さい人よりも「胸チラ」しやすくなってしまうんですよね。

 

胸が大きい人は胸元ガードは必須

胸が大きいことは悪いことではありませんが、様々なトラブルを避けるためには「自分の胸がどのように見えているのか」ということを常に意識する必要があります。

毎日出かける前に様々な角度からファッションチェックし、「胸元が見えていないか」観察しましょう。

 

特に仕事に行くときには念入りにチェックし胸元をがっちりガードすることで、他人からの視線も気にせず過ごせるようになりますよ。

もしどうしても胸チラしてしまうようなファッションで過ごさなくてはいけない場合には、各種対策グッズを使って胸チラを予防していきましょう。

 

胸元が開いたトップスに使える胸チラ対策グッズ

デコルテだけ見せて胸は隠したい、深めのVネックによる胸チラを防止するときに使えるのがこちらのアイテムです。

ブラジャーにつけるだけで使える手軽さで、暑い季節にも使えます。

出典:楽天市場

 

胸が大きくても中が見えない下着選び

胸が大きい人の悩みとして、「ブラウスのボタンの隙間から胸が見えてしまう」ということがあります。

自分としては胸を見せたくないという気持ちからシャツのボタンを閉めているのに、上からもしくは横から胸が見えてしまうんですよね。

 

いつでもどの角度からでも胸をガードしたい人は、こちらのような「下着自体が胸を隠してくれる」ブラジャーを選びましょう。

落ち着いた色でセクシーすぎない柄が特におすすめです。

出典:楽天市場

↑ 関連記事はこちら

 

胸元を気にしないトップス選び

胸チラ防止対策用に、トップスまたはインナーを変えてみましょう。

シャツの中にチューブトップやタンクトップを着るだけでも胸チラ対策になります。

 

また、胸が大きいことを強調せずに鎖骨だけを出せる「ボートネック」タイプのカットソーも効果的です。

ちょっとお買い物に行くときや、近所を散歩するときなどにはこのようなアイテムで簡単に胸チラを予防することができますよ。

 

 

まとめ

「胸が大きい」というだけでファッションを制限されるのはとても勿体ないことですし、好きな服装をすることができないのは女性としてなんとなく悔しいですよね。

胸が大きいという悩みやコンプレックスは、ちょっとしたファッションテクとアイテム選びで解消できます。

様々な工夫で、もっとファッションを楽しんでみてくださいね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ファッション
オトカツ編集部をフォローする
オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。

コメント