【ペタンコ髪を復活】髪のボリュームが減ったなら毎日のケアを見直して!

ヘアケア
スポンサーリンク

最近、髪のボリュームがなくなったと感じることはありませんか?

「髪にハリやツヤがなくなってきた」

「抜け毛も増えてきたような・・・。」

 

髪のボリュームが減った原因は単純に年齢のせいと片付けていませんか?

実は他にもストレス・食生活・生活習慣・髪のお手入れなど原因も様々です。

 

正しいケアができていないと5年後あなたの髪の毛はもっと薄くなって、手遅れになってしまうかも知れませんよ?

そうなる前に毎日の習慣を出来る事から変えて下さい。

 

この記事では髪のボリュームが減ってしまう原因や、髪のボリュームを取り戻して美しい髪を保つ方法などを紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

髪のボリュームが減る原因

加齢や老化による

髪のボリュームは、男性、女性とも30代頃から減る傾向にあります。

主な原因は加齢・老化ですが、頭皮の老化により髪の毛が細くなり、ボリュームが減ったように感じるのです。

女性の場合は、女性ホルモンの変化も影響を与えています。

出産や妊娠により、女性ホルモンのバランスが崩れることによって髪質が変化します。

そのためハリやツヤのあった髪がしんなりとぺちゃっとしたようになり、見た目のボリューム感がなくなります。

 

男性の場合は、髪の毛の太さが20代前半でピークを迎え、30代に入ると髪が細くなるのが顕著に実感されます。髪が細くなるために、ボリュームが減ったと感じるのです。

 

慢性的ストレス

一時的なストレスなら問題はありませんが、慢性的且つ過度のストレスは抜け毛の原因にもなります。

 

強いストレスなどで自律神経が乱れる

ホルモンバランスが崩れる

頭皮や毛根に栄養が行かなくなる

髪が細くなる・抜け毛や切れ毛が増える

 

不規則な生活習慣

食生活や生活習慣も髪の健康に影響を与えます。

乱れた食生活や睡眠不足など、血行を悪くするような生活習慣は要注意です。

髪の毛の成長に必要な栄養は血液によって運ばれるため、血行が悪くなると毛根に十分な栄養が行かなくなります。

血行を悪くするNG習慣
  • 喫煙
  • 運動不足
  • 睡眠不足

 

また、栄養バランスを欠いた食生活では髪にも栄養が届かなくなります。

 

普段からの髪の扱い方

  • 髪のとかし方
  • ドライヤーの使い方
  • パーマやヘアカラー、エクステなど

髪や頭皮を傷めることをしていませんか?

薬剤などで髪にダメージを与えるので、髪のキューティクルがはがれ、髪がパサついたり抜け毛や切れ毛の原因になります。

刺激の強いシャンプーを使用したり、シャンプーやスタイリングフォームの洗い残しも頭皮にダメージを与えます。

さらに、頭皮がしっかり洗われていないと、毛穴に皮脂汚れが詰まり、これも髪を傷める原因になります。

日頃からの髪の扱い方が悪いと…

  • 抜け毛が増えて髪が細くなる
  • ボリュームがなくなる
  • 蓄積されたダメージで新しく生えてくる髪が弱々しく細くなる

 

と言ったことに繋がるのです。

 

髪のボリュームの減りを抑える対処法

生活習慣の見直し

まずは、食生活や睡眠時間などの生活習慣を見直してみましょう。

タンパク質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂取するように心がけてください。

お菓子の食べすぎや過度なダイエットは禁物です。

体の健康は、髪の健康でもあります。

 

睡眠は十分に取るようにしましょう。

そして、抜け毛の原因にもなるストレスを溜めないように、自分なりにストレス解消法を見つけましょう。

軽い運動仕事中の気分転換は大切です。

また、過度の喫煙や飲酒も髪にダメージを与える原因になりますので、できるだけ控えるようにしましょう。

 

シャンプーやドライヤーの使い方の見直し

髪のボリュームが減ったと感じたら、今まで使っていたシャンプーを今一度見直してください。
シャンプーを変えることで髪のボリューム感を変えることもできます。
若い頃のハリやツヤのある髪には、しっとり系のシャンプーが良いかもしれません。

しかし年齢とともに細く弱くなってくる髪にはノンシリコン系のシャンプーで軽やかな仕上がりにする方が良いでしょう。

 

ドライヤーの使い方でも、髪のボリューム感は変わってきます。
乾かす時に髪の根元を浮かせるようにするのがポイントです。
髪の生えている方向とは反対側に髪を浮かせて、手櫛で根元を乾かしていきます。
つむじなど、いつも同じ方向に髪を分けているのも薄毛になる原因です。
ドライヤーで乾かす時に、いつもとは逆方向に髪を乾かしてみるとボリュームが出ます

自分でできる頭皮マッサージ

髪の健康には頭皮の血行が大きく影響しますので、頭皮をマッサージするのも効果的です。

洗髪の後にタオルで髪を包み、ゆっくりと頭皮をマッサージしてみましょう。

頭に爪を立てないように気をつけて、モミモミするような感じでするとよいでしょう。

育毛剤を使うのも一つの方法です。

 

男性用だけでなく女性用の育毛剤も出ていますので、付けるときにマッサージするとより一層効果的と言えます。

 

髪のボリュームが大きく見える髪型にする

行きつけの美容院でボリュームが多く見えるようなカットをオーダーしてみましょう。

美容師さんは髪の専門家ですので、気軽に相談するのも一つの方法です。

ボリュームアップに適したシャンプーやスタイリングなどのヘアケア商品を提案してもらいましょう。

 

髪を美しく保つ方法とは

いつまでも美しく、健康な髪を保つにはどうしたらよいでしょうか。
日常的に出来る方法を紹介します。

正しい洗髪方法とは

髪を美しく保つためには髪を洗うことは基本です。

しかし意外と正しい洗髪を知っている人は少ないのではないでしょうか。

  1. 洗髪前にブラッシングをします。
    ここでホコリなどの汚れを落としておくことにより、シャンプーの泡立ちも違います。
  2. シャワーで頭皮をしっかり濡らします。
  3. いったん両手で髪を挟むようにして、水気を押し出します。
    水気が多い髪は泡立ちが悪くなる原因です。
    泡立ちが悪いと髪同士の摩擦が多くなり、髪を傷めてしまいます。
  4. シャンプーは一度手のひらで泡を立ててから、頭皮にのせていきましょう。
    直接髪につけると、泡立ちが悪くなったり、毛穴や髪にシャンプーが残ってしまうこともあります。
  5. 髪を洗うときは、指の腹で頭皮をマッサージするように洗いましょう。
  6. 洗い残しのないようにやはり頭皮からしっかりシャンプーをすぎ落としましょう。

 

タオルドライの方法

洗髪後は、自然乾燥せずに必ずきちんと乾かしましょう。
ドライヤーを使う前に、タオルで髪の水分を取ったりしますよね?
その際のタオルドライの方法も間違っていると、髪を傷めます。

洗髪後の濡れている髪は、キューティクルが開いている状態です。
キューティクルとは、髪一本一本の表面をおおっている角質で、水分を維持する働きをしています
つまり、髪にツヤを与える役割をしているのです。

髪を拭く時の注意点

 

  • タオルは吸水性の高いものを使う
  • 頭全体を包み、指の腹でマッサージするように優しく拭く
  • 髪先をタオルに挟み、パンパンと優しく叩くようにして水気を取る

 

タオルドライでゴシゴシと強く髪を拭くとキューティクルが破壊されてしまい、一度破壊されたキューティクルは元に戻りません。

 

ドライヤーの使い方

タオルドライの次はドライヤーでしっかり髪を乾かします。

髪をドライヤーの熱から守るために、洗い流さないトリートメントをつけるのも有効です。
手のひらにつけてから、髪全体になじませましょう。

ドライヤーを使うときは、約20cmほど髪から離しましょう。
早く乾かしたいからといって、髪に近づけすぎると頭皮や髪を傷めてしまいます。

まずは髪の根元から乾かしていきます。

  1. クセのつきやすい前髪の根元
  2. 髪全体の根元
  3. 毛先

 

という順番で乾かしていくと良いでしょう。

この順番で乾かすと、乾かしすぎて髪を傷めることもありません。

また、左右に髪を振って、分け目を作らないで乾かすことも大切です。
分け目から髪が薄くなってくることが多いため、髪のボリューム感を出すためにも分け目を作らないようにしましょう。

 

まとめ

ヘアスタイルで、若く見えたり老けて見えたりと、印象ががらっと変わります。
日頃のお手入れを少し気をつけるだけで、髪の印象も変わっていきます。

いつまでも若々しくいられうように、日頃の努力も大切ですね。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
ヘアケア
オトカツ編集部をフォローする
オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。

コメント