1. TOP
  2. 口の中にある臭い玉は簡単に取れる!これであなたも口臭ゼロ!

口の中にある臭い玉は簡単に取れる!これであなたも口臭ゼロ!

健康
この記事は約 8 分で読めます。 70 Views

「毎日ちゃんと歯磨きしているのに口臭が消えない」

「昔はなかったのに、最近は鼻に抜ける嫌な臭いを感じる」

 

あなたは口臭でこんな悩みをお持ちじゃありませんか?

もしかしたら、その口臭の原因は臭い玉かも知れませんよ。

 

臭い玉は放っておいても害はないのですが、数が増えると口臭がひどくなることがあります。

自分で取る事は扁桃を痛めてしまう危険があります。

 

この記事では臭い玉を安全に取る方法や、臭い玉ができにくくする方法を紹介します。

 

 

口の中にある臭い玉とは

くしゃみをしたら、口の中から出てきた白い塊。

手に取ると、小さいのになんだか臭う…。

それが「臭い玉」と呼ばれているものです。

 

臭い玉の正体

臭い玉は、正式には膿栓(のうせん)といい、細菌の死がいやウィルス、食べ物のカスが貯まって固まったものです。

見た目は乳白色で米粒大ですが、時には1cm以上に大きくなることもあります。

潰すと強烈な悪臭がするため、臭い玉と呼ばれています。

臭い玉ができていたとしても身体には何の害もありません。

 

臭い玉は扁桃にできる

臭い玉は、喉の奥、左右両側にある扁桃にできます。

(以前は扁桃腺と呼ばれていましたが腺ではないということで扁桃に改められたそうです)

扁桃はアーモンドのような形をした親指ほどの大きさのリンパ組織です。

 

臭い玉は誰でも扁桃にできて、通常は唾液によって胃に流されます。

ところが、唾液が少なくて喉が乾燥していると、臭い玉は流れていかずにそのまま残ってしまいます。

扁桃の表面にある陰窩(いんか)という直径3~4mmの小さな穴に貯まったまま固まってしまい、目に見えるようになってしまうのです。

 

臭い玉ができやすい原因は喉に細菌が増えることだった

素となる細菌が喉に増えることで臭い玉ができやすくなってしまいます。

風邪の症状や鼻炎といった病気はのどに細菌やウイルスを増やす原因です。

すぐに治ればいいのですが、病気が長期化、常態化するほど臭い玉は増えていきます。

風邪を引きやすい、鼻炎持ちなどで臭い玉ができやすい人はまず病気の治療しましょう。

 

口の中の臭い玉を取る方法

臭い玉を自分で取る方法をいくつかご紹介します。

ただ、取れないからと力を入れすぎたり、何度も繰り返すと喉の粘膜を傷つけることになります。

そのせいでかえって臭い玉ができやすくなることもあるので、くれぐれもご注意ください。

 

臭い玉をシャワーで取る

大きく口をあけ、扁桃をめがけてシャワーを当てると洗い流せる場合もあります。

当ててもすぐに取れない場合は、水圧で喉を痛めることになるので、長時間当てることはやめましょう。

 

臭い玉をうがいで取る

喉の奥に行きわたるようにガラガラと音をたててうがいをしただけで、臭い玉が吐き出される場合があります。

鼻から水を吸い込み口から出す、鼻うがいも効果的です。

鼻うがいは塩水で行うことで鼻や口内の細菌や鼻水を洗い流して、鼻粘膜の機能を回復させる効果も

あります。

 

鼻うがいの方法はこちらの記事で紹介しています

 

臭い玉が見えない

扁桃を押してみると、隠れている臭い玉が見えるときもあります。

軽く押しただけでは見えないからと、先の細いピンセットやピック等で必要以上に押すと扁桃を傷つけ悪化させてしまいますので注意してください。

 

※汚れた指などで触れると扁桃に細菌を付着させ、臭い玉の原因を自分で作ることになります。

 気になるからと言ってむやみに触れるのは控えましょう。

 

 

臭い玉は耳鼻科で取ってくれる

耳鼻科では専用の扁桃専用洗浄管を使って臭い玉を取ってくれるところもあります。

扁桃の陰窩に管の先を入れ、水圧をかけて臭い玉を洗い出します。

それでも不十分の場合には扁桃専用ガラス吸引管で、何度か吸引して臭い玉を吸い上げます。

多少の苦痛はありますが、臭い玉が取れて違和感と臭いから解放されます。

治療費は保険適用で数百円ですので、耳鼻科で取ってもらうのが安全で確実です。

 

ただし、放っておいても問題はないからと取ってくれない耳鼻科もあるので事前に確認した方がいいでしょう。

 

口の中の臭い玉の対策と予防方法

臭い玉ができたなら耳鼻科か、もしくは自分で取ればいいと思うかもしれません。

一度完全に除去しても臭い玉はまたできてしまうので、洗浄と吸引を繰り返すことになります。

もし根本的に解決したいなら、手術で扁桃ごと取ったり、扁桃のくぼみを浅くすることで臭い玉ができなくすることはできます。

扁桃を取っても、成人であれば特に免疫力の低下やその後の生活に支障はありませんので、気になる方は耳鼻科で相談してみてください。

 

ただ、そこまでしなくても日頃からうがいをしてのどを清潔にしておくことで予防ができます。

 

口臭の原因は膿汁

口臭の原因は臭い玉、というよりその原料となる膿汁です。

膿汁とは、細菌が増えたときに扁桃から分泌される免疫物質である粘液に、細菌の死がいなどが混じり膿化したもの。

これが固まると臭い玉になってしまいます。

 

実は、口臭がない人や正常な人の膿汁は濃度が薄くてサラッとしているのです。

濃度が薄いと固まる前に唾液と共に胃に流されてしまうので臭い玉になりません。

つまり濃度がカギなのです。

 

口の中で細菌が繁殖することで膿汁が濃くなり、扁桃の陰窩や口内に貯まって臭い玉ができあがります。

つまり「細菌が繁殖しない薄い膿汁」であれば固まる前に胃に流されてしまうので、臭い玉ができません。

鼻や喉の疾患を治療して細菌を減らし、日頃からうがい等で「膿汁が薄くなるように口内環境を清潔に保つこと」がとても重要になります。

 

口呼吸の人は膿汁ができやすい

人は鼻で呼吸するので、鼻毛や鼻水が細菌やウィルスを体内に入れないようにフィルターの役割をしています。

 

ところが口呼吸だと、フィルター役の鼻を通らずに直接のどに細菌やウィルスが入ってしまうため非常に細菌が増えやすくなります。

また、常に口内が乾燥しているので、虫歯や歯周病等にもなりやすくなってしまいます。

 

口呼吸が原因で起こりやすくなる疾患には、臭い玉以外にもこんなにあります。

 

  • 口臭が強い
  • 歯周病
  • 虫歯
  • 舌苔が多い
  • 風邪にかかりやすい
  • アレルギー性鼻炎

 

口呼吸の自覚がある方は、鼻呼吸に変えるとメリットがたくさんありますね。

 

口呼吸の治し方

 

口呼吸を治す方法は様々なありますが、比較的簡単にできるものをご紹介します。

テープを貼る

医療用テープを唇に貼って鼻呼吸に変える方法です。

アマゾンやドラックストアで購入できます。

「口閉じテープ」や「口呼吸防止テープ」いう名称で売られているテープを唇に貼って寝ます。

粘着力が強めのものを選ぶと取れにくくてよいです。(30枚入って500円から1000円ほど)

寝ている間に無意識でテープをはがしている場合もあるので2枚重ねて貼る等の工夫が必要です。

 

スポット法

上顎のスポットというところに舌を置くことを意識する方法です。

鼻呼吸の方は常にスポットに舌が触れている状態なのですが、口呼吸の方は舌が垂れ下がっている状態が癖になっているため、まずは舌がスポットに触れている状態を意識するトレーニングをしましょう。

 

トレーニング1

舌を伸ばし、スポットに舌で触れ5秒間ほど維持。

これを5回繰り返します。

 

トレーニング2

スポットに舌で触れ、舌を離すときに「タッ」という音を出します。

最初はゆっくり、「タッ」という音がきれいに出るようになったら、徐々に回数を増やします。

 

 

常に、舌の位置を意識するだけでも違ってきますよ。

がんばって、鼻呼吸を定着させていきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

臭い玉の正体から原因、取る方法、予防や対策についてご紹介しました。

誰の口の中にもできる可能性がある臭い玉。

膿汁が粘っこくなるのが根本的な原因です。

まずは、風邪や副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎等の疾患や炎症を治療して膿汁に細菌が繁殖しない状況を作りましょう。

毎日のうがいというのは、風邪の予防だけでなく、臭い玉を作らないための予防にもなりますね。

これを機に、うがいを毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

 

\ SNSでシェアしよう! /

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 指・足と顔のむくみを取る方法16選

  • お腹の調子を整える生活習慣やマッサージ&ツボのまとめ

  • 風邪と蓄膿症の違いを見分けるポイントと症状別対処法

  • 女性ホルモンを増やす方法|ボディライン・美肌・更年期障害の悩みはこれで解消!

  • ホルモンバランスを整える方法は? 原因を知り効果的に対処

  • 本気で縁を切る! 腰痛を軽減するマットレスおすすめランキング