1. TOP
  2. フラッシュモブでプロポーズを成功させる7つの手順

フラッシュモブでプロポーズを成功させる7つの手順

恋愛
この記事は約 9 分で読めます。 89 Views

フラッシュモブとは

フラッシュモブは、企画者がSNSなどで参加者を集め、参加者以外には知られずに事前に計画して行う、たった数分のサプライズイベントです。

フラッシュは「一瞬」、モブは「群衆」を意味していますが、その名の通り、急に人が集まってゲリラ的にパフォーマンスを開始し、突然終わって解散するのが特徴です。

 

一般的には、にぎやかな音楽に合わせてかっこいいダンスパフォーマンスをするのが魅力。

ダンスのほかには、合唱、合奏、ドッキリの企画などがありますが、友人や知人が参加していると盛り上がりは最高潮に!

 

フラッシュモブ自体が目立つパフォーマンスなので、それだけでも目を引きますが、パフォーマンス後にプロポーズやプレゼントをするのにも効果的な演出になります。

そこで、プロポーズ、披露宴、誕生日、記念日などでよく行われているのです。

 

正味5分くらいのイベントですが、周囲を巻き込んで感動の嵐が沸き起こりますから、成功すれば一生思い出に残ることになるでしょう!

 

フラッシュモブでのプロポーズの成功率は?

フラッシュモブはとても派手な演出なので、恥ずかしがりの日本人には向かないように思えますが、年々利用する人が増えています。

ただし、成功するかどうかは難しいところ。

成功率は50%に満たないという統計も出ています。

その反面、フラッシュモブを楽しむ人が増えているのも事実ですから、周到に準備して成功させたいものですよね。

 

フラッシュモブでプロポーズする7つの手順

では、どうしたらフラッシュモブを大成功に導けるのか、手順を追ってポイントをまとめておきましょう。

 

相手の意向を探る

フラッシュモブを成功させるいちばんのポイントは、「驚かせる相手がフラッシュモブをどう思っているか」です。

自分が夢中で準備し始めると、意外に見落としやすいですが、成否を分ける大切なところですよ。

 

フラッシュモブは、人によっては拒否反応を起こすこともあり、プロポーズの失敗にもつながります。

だからと言って、これはサプライズイベントですから、間違っても「やってもいい?」なんて聞けません。

さりげなく意思を確認しましょう。

 

もし、お相手が大勢に注目されたり、突然のハプニングが起こったりするのを苦手にしていたら、フラッシュモブは諦めたほうが良いと思います。

どんなにすばらしい演出でも、根本のところで理解してもらえず、かえって反感を買ってしまうことも多いからです。

 

相手がどう思っているか分からないという人は、事前に一緒にフラッシュモブの動画を見てみるのもおすすめです。

反応を注意深く観察すれば、おもしろいと興味を持っているか、絶対イヤだと思っているか分かるでしょう。

お相手がフラッシュモブをOKだと感じていると分かったら、次に進みます。

 

プロポーズする日と場所を決める

日にちは、お互いにゆっくり過ごせる日がベストです。

相手の誕生日や2人の記念日なども印象深い演出をしやすいですね。

また、フラッシュモブに参加してほしい友人などがいれば、その人たちの都合も考慮しておきます。

 

プロポーズにはシチュエーションも大切です。

高級ホテルや高級レストラン、貸し切りのリムジンなどもおすすめ。

思い出に残る演出をねらうには、とにかくとびっきりスペシャルな場所を選びます。

 

プレゼントを選ぶ

プロポーズの時に大きなプレゼントを渡すと、さらに盛り上がります。

大きな花束、特大のプレゼントボックスに入ったエンゲージリングなど、ぜひ目立つ演出で効果を高めましょう。

 

最近では、ダイヤモンドだけを贈るというのも人気です。

指輪のサイズやデザインの好みに悩まず、相手の好きにさせてあげられるので、おすすめですよ。

プレゼントは、用意に時間がかかることもあるので、早めに選んで準備をしておきましょう。

 

フラッシュモブ業者を選ぶ

フラッシュモブは、そもそもSNSで見知らぬ人にも協力してもらう方法ですが、実際に自分で人集めをするのは困難です。

集められたとしても、すばらしいダンスを踊れる可能性は残念ながら低いでしょう。

 

そこで利用したいのが、専門業者です。

いくつか人気の業者がありますので、希望に合う業者を選んで相談するのがおすすめです。

 

業者に委託する場合についてまとめておきましょう。

 

業者に委託すると、成功の確率は確実に上がります。

外さずにしっかり盛り上がり、良い思い出が作れるでしょう。

費用はかかりますが、素人だけで作るよりも質の高いサプライズになりますし、用意する側も安心して本番を迎えられます。

 

最近では「Flashmob Japan」、「Surprise Labo」など、企画を請け負ってくれる代行会社が増えています。

ダンサー5~8名で20万円前後が相場ですが、キャンペーンで割安になっていることもあるので、コマメにチェックしてお得に利用すると良いですね。

 

会社によっては、振り付けレッスン込みのところもあります。

プロのダンサーを核として、友人たちに協力してもらい、よりダイナミックな演出が可能になります。

 

また、フラッシュモブだけでなく、音楽の生演奏、リムジン送迎なども請け負っているところもあります。

こういうところだと、フラッシュモブに加え、素敵な演出を考えることもできそうですね。

 

参加者を募る

サプライズ感を出すには、数人では少なすぎてインパクトが出ません。

徐々に人が増えていく流れを作るためにも10人以上はほしいところ。

まずは協力してくれる人集めが大切です。

 

業者と相談しながら友人や知人を募ります。

ダンスが上手な人、どうしても立ち会ってほしい人などには早めに声をかけておきましょう。

 

フラッシュモブのインパクトは、最初に上手なダンスを見せることがポイントです。

それには、最初の数人がしっかりしたダンスを踊れることが必要になります。

4~5人くらいのダンスが得意な人を集められるかどうかが成功の分かれ目になるでしょう。

 

踊れる人を集めるなんて難しいという人も多いと思います。

そんな時には、前の項でご紹介したような専門業者を通してプロのダンサーを頼みましょう。

5~8名でダンスをしてもらうのに20万円前後が相場です。

交通費を支払ったり動画撮影をプラスしたりすれば費用はもう少しかかりますが、プロに頼めば成功する確率はグッと高まりますよ。

 

 

練習する

セッティングができてきたら、ダンスや演出全体の練習をします。

実はこの練習がとても大切で、成功のカギを握っていると言っても過言ではありません。

 

動画で見るフラッシュモブは大成功しているものばかりです。

見ているだけで感動してしまうものも少なくありませんよね。

 

でも、フラッシュモブは簡単ではないのです。

良いダンサー、協力してくれる人、絶好のタイミングなどがそろわないと効果も半減です。

これを成功させるのに本当に大切なのは練習なのです。

 

「そんなこと?」と思われるかもしれませんが、フラッシュモブは練習なしには成功できません。

いくらプロに頼んだすばらしいダンサーがいても、協力してくれるメンバーがダンスを練習し、タイミングを覚えていてくれなかったら…

見ている人が楽しめるようなダンスを踊るには、かなりの練習が必要です。

 

安心して当日を迎えるには、事前に個人で練習してもらい、合同での練習も数回行うくらいの予定を組んだほうが良いでしょう。

驚かせる相手と一緒に住んでいる場合は、練習の時間を確保するのが難しいかもしれませんね。

練習しているのがバレてしまったら、企画が台無しになってしまいますから。

その辺りも入念に計画を練っておくことが必要になります。

 

 

本番

フラッシュモブは、何気ない一瞬から始まります。

遅れて入ってきた人にみんなが注目した瞬間、会場が暗くなって何かが始まる!という設定や、和気あいあいとした歓談の場面で、突如「あっ」と叫び声が上がり、みんな注目したところダンスが始まるなど…。

 

予期せぬタイミングでその場の人たちが1点を注目する瞬間が、フラッシュモブ開始には絶好のチャンスとなります。

逆に、このようなタイミングをうまく設定できないと、何となく始まってしまい、最初のインパクトを与えられずだらだらと終わってしまうことになりかねません。

仕掛けるタイミングは、あらかじめ入念に準備し、仕掛け人が協力して成功をみちびきましょう。

 

ここまでの手順が踏めれば、当日は準備万端なはず。

業者との最終チェックを済ませたら、自分もフラッシュモブを思いっきり楽しんで最高のひとときを迎えましょう!

 

 

フラッシュモブでおすすめの演出

フラッシュモブの最後でプロポーズ

フラッシュモブを使ったプロポーズの定番は、この演出です。

フラッシュモブでその場が華やかになった直後、すべてが止まり、静かになった瞬間、相手に近づいて感動のプロポーズ!

にぎやかな場が一転して感動の場面に変わり、映画の一場面のよう。

プロポーズを受けるお相手も周囲も感激のうずに巻き込まれるでしょう。

 

仕掛け人が嘘のプロポーズをしてから本当のプロポーズ

ダンサーの1人が、お相手にプレゼントを渡しながら嘘のプロポーズを。

驚いて断った後に、本当のプロポーズをします。

もちろん、本物のプレゼントや気持ちのこもった花束を添えて。

 

友人たちのアーチをくぐってプロポーズへ

フラッシュモブのクライマックスに、友人たちが向かい合ってアーチを作り、その中をくぐってお相手の元へ。

プロポーズの前に何かが起こりそうなワクワクした気分を盛り上げることができますよ。

 

 

フラッシュモブの注意点

ただし、失敗例もあります。

 

たとえば、練習不足によるもの

クオリティの高いパフォーマンスができず、グダグダになってしまうと、「今の何だったの?」となってしまいます。

人数が多すぎたり、練習期間が短かったりすると陥りやすい失敗例です。

 

自分だけでがんばるのも失敗しやすくなります。

どんなに綿密に計画しても、初めての経験では予測できないこともたくさんありますし、客観的にどう見えるかは意外に分からないものです。

プロに相談し、丁寧に進めるのがコツですよ。

 

いちばん怖いのが、相手に事前にバレてしまった時です。

「何か隠している?」と不審に思う気持ちが募ってしまうと、せっかくのサプライズに乗ってもらえない可能性も出てきます。

うまく内緒にしながら、相手を不安がらせないように配慮できると良いですね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 束縛男との交際や結婚について

  • 彼氏が音信不通になる15の理由。慌てず的確に対処せよ

  • 仲良しでいる秘訣とは?カップルが長続きする理由

  • 女性から告白の断り方。スマートな方法なら相手を傷つけない

  • 彼氏がメンヘラかどうかの診断方法とそうだった時の対処方法

  • デート中に携帯をいじる彼氏の心理とやめさせる方法