元彼がラインを未読無視!その理由と対処法

恋愛
スポンサーリンク

元彼にあなたのラインメッセージを未読無視されてしまったら…。

メッセージを読みもしない未読無視は、少なくとも読んでもらえている既読無視より精神的なダメージが大きいものです。

 

あんなにラブラブだったのに、無視されるようになってしまったのはどうしてなのでしょうか。

そこには何か理由があるはずです。

理由が分かれば、解決の糸口も見つかるかもしれません。

 

ここでは、元彼があなたのラインを未読無視する理由と対処法を探ってみましょう。

 

 

スポンサーリンク

未読無視と既読無視の違い

基本的なことですが、未読無視の仕組みと既読無視との違いを確認しておきます。

ラインの未読無視とは、ラインアプリでメッセージが届いているのに読まず、返事もしないことで、未読スルーとも呼ばれています。

 

読んだ上で返信がないのなら考えようもありますが、読んでさえもらえないというのはショックですよね。

未読無視は、届いたのを知っているのに読まない場合と、ブロックしていて届いたことすら気づかない場合の2通りが考えられます。

 

メッセージを開かない

まず1つ目は、メッセージを開かない場合です。

ラインの基本的な仕組みとして、メッセージが届いたらスマホの画面に表示されるようになっています。

これは「通知」と呼ばれるライン独自の機能です。

 

この通知機能によって着信は把握できますし、表示された時にメッセージの一部も読めます。

その後、ラインアプリを開いてあなたとのトーク画面に進んでメッセージを読むと、あなたのメッセージの脇に小さな文字で「既読」と表示されます。

既読になったけれど返事が来ないのが、「既読無視」です。

 

もしも相手があなたとのトーク画面を開かなければメッセージをすべて読むことはできませんし、「既読」の表示も出ません。

忘れているのか意図的なのかは別として、相手がトーク画面を開かなければ「既読」にはなりませんし、返事のメッセージも書くこともできません。

つまり、未読無視ということになるのです。

 

ブロックしている

もう1つの可能性として、相手があなたをブロックしている可能性があります。

その場合は、あなたがメッセージを送ったことも相手のスマホに表示されませんし、トーク画面にも表示されません。

つまり、相手にメッセージが届かないということになります。

 

ブロックの仕組みとして、ブロックされている相手には分からないようになっているので、メッセージを送った人にしてみると、ブロックされているのか単にトーク画面を開かないだけなのか区別はつきません。

いろいろあって別れた元彼は、あなたをブロックしている可能性もありますよね。

 

 

未読無視する理由とは

未読無視の理由としては、相手があなたのメッセージをきちんと読みたくない理由があるはずです。

あなたのメッセージを読まない理由とは、どんなことなのでしょうか。

 

ブロックしている

もう関わりたくないと思い、関係を断ち切るためにブロックしている場合です。

ブロックするとメッセージを送られたことも気づきません。

 

この場合は、元彼はもう新しい道を歩み始めているということなので、あなたから連絡しないほうが良いでしょう。

どうしても連絡を取りたい場合は、ライン以外の方法を使うしかありません。

電話する、友人を介するなど工夫し、その場合も元彼の迷惑にならないようにすることが大切です。

 

忙しいから

スマホを手にする時間がないほど忙しい場合も考えられます。

仕事中はプライベートのスマホを使ってはいけない会社もありますし、会議や食事会が始まってしまうと2、3時間スマホを見ることができないということもありますよね。

電車などでの移動中も同僚と一緒だと見る暇がないかもしれません。

スポーツや趣味の時間中も長い間スマホを手にしないことになります。

 

さまざまな理由で、ラインアプリを操作している時間が取れないということは起こります。

その場合は未読のままですが、無視するつもりではないので、気長に待てば返事がくるはずです。

ただし、読むのが面倒だと「忙しい」というのを理由にして未読のままにしておくこともあります。

 

これは、読んですぐに返信しないといけないと思っている人に多い行動です。

責任感が裏目に出て、すぐに返事ができない状況だったら初めから読まないと考えているわけです。

 

こういった人は読んですぐに返事しなくても大丈夫だと分かれば、すき間時間にさっと読んでくれるようになるので、すぐに既読にならないと心配という人は、とりあえず目を通して既読にしてもらうように伝えてみるのも1つの対処法です。

 

ですが、いろいろあって別れたばかりの元カノからのメッセージとなると、「忙しい」のを理由に面倒がって読まないということもあり得ますよね。

 

優先順位が低いから

仕事やプライベートでラインを頻繁に使っている人は、メッセージが来てもすぐに読む暇がありません。

ほかの人とやり取りをしている間にあなたのメッセージが届いても、優先順位が低いと後回しになり、そのうちに忘れられてしまいます。

別れた彼女からのメッセージは、返事をしなくても咎められないので、優先順位が低くなってしまいがちです。

どうしても返事が欲しい時は時間を置いて何度か確認のメッセージを送ると、そのうちに返事が返ってくるでしょう。

 

内容が重たすぎるから

男性によくあるパターンとして、長い返事を書かなければいけなくなると書くのをやめてしまうことがあります。

もしあなたがいつも、長い返事を必要とする込み入った内容のメッセージを送っていたとしたら、「また返事書くのは面倒」と思って開かなくなってしまうわけです。

 

重たい内容は、直接会った時や電話の時であれば対応しやすいですが、メールのやり取りは、書くのを面倒がる男性の場合はスムーズにいきません。

適当な返事になってしまったり、ニュアンスが違ってしまったり。

そんなことでトラブルになるくらいなら、最初から読まないで「今度会った時に聞けばいいや」となってしまうのです。

 

連絡を取りたくないから

あなたと連絡を取りたくない何らかの理由がある場合も未読無視が起こります。

ブロックするほどではないけれど、もうやり取りしたくないという場合、読んでしまうと返事をしなくてはならなくなるので、最初から読まないわけです。

この場合、メッセージの内容がどうこうということではありません。

 

これはある意味、電話に出ないのと同じです。

内容を知ってしまえば対処せざるを得ないところを、あえて見ないようにして関わらないようにしています。

既読になると返事をしないわけにいかなくなると思い、最初から読まない選択をしているのです。

こうしてみると、読んだ後も対処しないでほったらかしにしている人よりも、ある意味責任感がある行動とも言えます。

 

 

未読無視を解消する方法

ブロックされているとメッセージが届きませんが、そうでなければラインメッセージの文章の初めは着信時にスマホの画面に表示されます。

冒頭部分は目に入りますが、その後メッセージを開かなければ未読のまま。

逆に言うと、未読のままであっても冒頭の文だけは伝わっているということにもなりますよね。

 

ですので、少しでもメッセージを読んでほしいと思ったら、メッセージの初めの部分を工夫してみましょう。

始まりの文章に、相手が興味を示しそうな内容が入っていると、そのまま全文を表示して読んでくれる可能性が高まります。

興味を持つ内容は人によって違いますが、質問形式の文面だと開いてもらえる確率が高まります。

 

それでも反応が悪い場合は、ラインを諦め、ほかの方法を使うのも1つのやり方です。

電話やほかのSNSも有効に利用しましょう。

 

 

まとめ

以上、ラインの未読無視の理由について考えられる可能性をお伝えしました。

結局のところラインの未読無視は、元彼の意思表示とも言えます。

つまり、あなたのメッセージを読んで返信するつもりがないという可能性が高いのです。

 

はっきりと言葉で言わないけれど態度で示しているということなので、そんな元彼の気持ちを察してあげましょう。

どうしても用事がある時は、読んでもらいやすいメッセージを送るか、電話など別の方法を取り、迷惑にならないように配慮することも大切です。

後味が悪くならないよう、大人の対応ができると良いですね。

 

↑ 関連記事はこちらから

 

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
恋愛
オトカツ編集部をフォローする
オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。

コメント