結婚しないまま同棲か長くなるとどうなる?同棲のその後

恋愛
スポンサーリンク

大好きな彼氏と一緒に暮らせるようになったのは良いけれど、落ち着いてみると、この先どうなるのかが不安になったことがあるという女性は多いようです。

 

先が見えない安易な同棲は自分を傷つけることになり兼ねませんが、最近はそうとばかりも言えません。

前向きな同棲も増えているのです。

 

結婚するカップル、別れるカップル、結婚しないけれど続くカップルなど、パターンはさまざまです。

同棲のパターンも人それぞれですが、長く同棲しているカップルは、その後どうなっていくのか、ここでは、パターン別に同棲カップルの行方を探ってみましょう。

 

スポンサーリンク

同棲のさまざまな形

ひと口に「同棲」と言っても、思いはそれぞれです。

男性と女性とで温度差が違うこともありますが、おおまかに次の3つに分けられます。

 

結婚が前提

結婚するつもりで交際していたけれど、事情があって先に一緒に住むことにするのが、このパターンです。

 

・転勤が早まった

・新居を早く購入した

・アパートの更新をしないで一緒に住むことにした

 

など理由はさまざまですが、1年くらいで結婚する予定になっていれば、結婚準備も楽しめるでしょう。

 

好きだから同棲

あまり先のことを考えずに始めてしまうパターンです。

アツアツのうちに結婚話が進むとスムーズですが、一歩間違うと泥沼に。

 

結婚しなくて良い関係

近年増えているのがこのパターンです。

適齢期を過ぎ、何年も一緒に住んでいるのに婚姻届けは出すつもりがないというカップルです。

それぞれのパターン別に、トラブルが起きる原因と解決法を考えてみましょう。

 

結婚が前提の同棲で発生するトラブルとは?

よくあるトラブル

結婚が前提だと思っていたのに、1年経っても結婚の話が現実にならない。

これもよく聞く話です。

もちろん最初はお互いに結婚前提だったのだと思いますが、どこかで気持ちにすれ違いが起きて、このままで良いということになってしまったのでしょう。

 

おもな理由はこんな感じ。

 

・恋愛感情が冷めてしまった

・価値観が合わなかった

・生活時間が合わなかった

・生活スタイルが合わなかった

・家族の関係が負担になった

 

いずれにしても、一緒に住んでみたらイメージとは違っていたというのが正直なところだと思うので、話し合って仕切り直しをする必要があります。

 

トラブルに陥らないために

結婚に話が進まないということにならないためには、最初から同棲の期間を区切っておくのもおすすめです。

半年、1年などの区切りでお互いの関係を見直して話し合う機会を作りましょう。

 

何となく一緒に生活していてたまっていた不満や将来への不安などを率直に語り合えれば、なし崩し的に同棲がだらだらと続くのを防ぐことができます。

面倒だと思っても2人の関係を真面目に考える機会なので、お互いのためになると思って前向きに話し合ってみましょう。

 

トラブルになってしまったら

何年も経ち、同棲がだらだらと続いてしまっている人は、早めに手を打つことが大切です。

まずは自分の気持ちに向き合ってみましょう。

このまま続けたいのか、結婚したいのか、あるいは別れても良いと思っているのか。

 

女性は適齢期を過ぎると、結婚するかどうかは待ったなしの気持ちの方も多いはず。

その反面、男性は後回しにしても構わない気持ちがあるので、ここは女性主導で関係の見直しを進めましょう。

 

「結婚するのか別れるのか」は1人では決められないことなので、一度立ち止まってお互いの気持ちを確かめることが大切です。

ゴールは1つではないので、いろいろな可能性について話し合えると良いですね。

 

何となく同棲を始めたカップルのリスク

同棲を始めるきっかけでいちばん多いのは、なし崩し的に一緒に住み始めるというものです。

荷物を置きっぱなしにして、そのうちにずっと泊まるようになり、家賃も安くなるからと同棲が始まります。

毎日ウキウキとした気分で楽しいですよね。

 

でも、このケースは最初に何も決めていないことが多いのです。

これが、同棲が長くなってきた時にトラブルの原因となってしまいます。

 

生活費のトラブル

最初に決めておくべき事として、生活費をどうするかという問題があります。

家賃や光熱費、さらに食費など毎日の生活にかかわるお金のことで、どちらかが多めに払っているというようなトラブルに発展しやすいのです。

これには家事分担もかかわってきて、家賃を払っているうえに買い物と食事の支度もして、などということになると不満がたまってしまいます。

↑ 関連記事はこちら

 

いつ結婚するの?

何となく同棲を始めたカップルは、結婚に対してもあいまいなまま時間ばかり経ってしまうケースが多くなります。

「女性は結婚が気になっていても男性はそうでもない」ということも多いので、2人の温度差が広がるとトラブルに発展します。

 

女性によくあるのが、いつ結婚の話をしてくれるのだろうと不安になり始め、それがきっかけで2人の関係がぎくしゃくし、別れ話に発展してしまうというパターンです。

 

同棲から結婚へ切り替えるタイミング

お金の問題も結婚の問題も、最初からすべてを決めておくことはできないので仕方ありませんが、できるだけトラブルなしでスムーズに結婚に進みたいですよね。

それには、やはり節目ごとに話し合いをするのが良い方法です。

 

①同棲を続けるのかどうか

②続けるのであれば生活費はどうするのか

③結婚のことはどう考えているのかなど

 

気になっていることは早めに相談しておきましょう。

 

ただし、結婚についてはすぐに結論が出せることではありません。

1年後、2年後など、どうするかを考える目安を決めておくだけでも安心できます。

まだ早いからと言っていると、何となくの同棲が長引き、良いタイミングを過ぎてしまうこともあるので、時々見直す機会を作ると良いですよ。

 

いざ話し合ってみて、もしも相手に結婚の意思がまったくなかったら…。

あなたは結婚したいと思っているとしたら、残念ですが、早めに別れることをおすすめします。

同棲しているのに結婚する気がない男性は、待っていても気持ちが変わる可能性は低いです。

ずっと結婚しないか、新しい相手を見つけてしまうかどちらかでしょう。

女性は待っていたら適齢期を過ぎてしまうので、早めに見切りをつけ、新しいスタートを切った方が良いと思います。

↑ 関連記事はこちら

 

その一方で、「結婚しないで一緒に暮らす事実婚」も増えています。

法律上は結婚していることになりませんが、事実婚でも良いということであれば同棲は続けたほうが良いですよね。

 

次に、事実婚について考えてみましょう。

 

結婚しなくて良い関係に潜む問題点

近年増えているのが、婚姻届けを出さない事実婚のカップルです。

法律上は他人のままで、女性も改姓せずにキャリアを続けられます。

時代の先端を行くパターンですが、考えなければいけない問題もありますよ。

 

事実婚とは

事実婚とは、単に同棲しているだけではなく、夫婦としての自覚があり、一般的な夫婦と同じ生活を送っているカップルです。

事実婚の反対は婚姻届けを提出して成立する法律婚で、普通の結婚はこの法律婚を指しています。

夫婦別姓でいられる、別れても戸籍に影響がないなど、法律婚にはないメリットがあります。

正式に事実婚と認められれば、社会保険や公的サービスもある程度は受けられます。

でも、事実婚ゆえのトラブルも起こります。

 

事実婚で困ること

増えてきたとは言っても、まだまだ異端児扱いされてしまいます。

周囲に理解されにくいので居心地の悪さを感じることもあるでしょう。

 

また、子どもが生まれた時に非摘出子として母親の籍に入ることになります。

これを嫌って、妊娠を機に婚姻届けを出すカップルも少なくありません。

 

公的サービスはある程度受けられるようになったとは言っても、税制や相続に関しては厚い壁があります。

一般の夫婦と同じように生活していても、老後がどうなるかは考えておくべき点です。

 

結婚したくなったら

同棲から事実婚となったカップルが法律婚をしたくなった時は、婚姻届けを提出すれば正式に結婚できます。

とは言っても、「まずは同棲から始めるのが結婚への近道」と考えるのは危険です。

 

同棲→事実婚→法律婚という流れはあり得ますが、節目ではお互いの気持ちをしっかり確かめ合わないと段階を進むことはできません。

そのたびに、別れる可能性も含めて話し合うのは精神的なストレスが大きいですから、同棲の先に安易に事実婚から結婚への自然な流れを期待するのはやめましょう。

それよりも、お互いの気持ちがすれ違いを始める前に、結婚についてしっかり話し合うことが大切になります。

 

 

まとめ

今回は「同棲を始めたけれど結婚はどうなるの?」と不安を抱えている人へ、同棲のその後のパターンをお伝えしました。

同棲の初めは楽しいですが、落ち着いてくると先が心配になるものです。

泥沼にならないためには、次の3つが大切です。

 

・期限を区切り、話し合う場を持つ

・生活費や家事分担も話し合っておく

・早めに先の見通しを考えておく

 

けじめのある生活をすることで、お互いに気持ちよく過ごせますし、先の見通しも立てやすくなります。

結婚や事実婚など、同棲の先にはさまざまな形がありますから、いろいろな可能性を話し合い、幸せな関係を続けられると良いですね。

 

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
恋愛
オトカツ編集部をフォローする
オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。

コメント