1. TOP
  2. 結婚しないことで得られるメリット。親不孝にならない生き方とは

結婚しないことで得られるメリット。親不孝にならない生き方とは

恋愛
この記事は約 7 分で読めます。 217 Views

30代も終わりに近づくと、結婚していない人は自分が親不孝かもしれないと悩む時期があると思います。

親不孝だと親からはっきり言われる人もいますし、結婚して子育てをしている友人や同僚を見ると気になってしまう人もいるでしょう。

でも、結婚しないことは本当に親不孝なのでしょうか。

 

広く周りを見渡してみると、活躍している人には結婚していない人もたくさんいます。

その人たちが親不孝かと言えばそうではありませんよね。

 

じつは、結婚しないメリットはたくさんあり、とくに女性にとっては結婚しない選択肢は人生を別の意味で成功させる要因になります。

自立して自分らしい人生が送れたとしたら、あなたの気持ちも充実し、それは親にとっても喜ばしいことになるでしょう。

もちろん、結婚こそが親孝行と思い込んでいる親はいますが、親の期待する生き方に合致できないから親不孝とは限りません。

 

ここでは、適齢期を過ぎて結婚していない女性のメリットをお伝えし、親不孝にならない生き方について考えてみたいと思います。

 

 

結婚しないと親不孝になる?

結婚しないとどうなるのかという問いに対しては、メリットもデメリットも両方あるとお答えしたいと思います。

でも、まずはデメリットが気になるかと思いますので、一般的に考えられる「結婚しないと親不孝になる」という問題点についてまとめておきましょう。

 

結婚しないでいると、周囲や親から「まだ結婚しないの?」と聞かれるようになります。

孫の顔を見せるのが何よりの親孝行と思っている親もいます。

親は、本心では娘のやりたいようにと思っていても、近所づきあいでいろいろと言われることもあるでしょう。

世間一般の風潮は相変わらず、結婚と出産がいちばん大切だと考えられているとも言えます。

 

でも、焦って結婚して失敗するのは困りますよね。

それは親も同じことのはず。

じつは、親の約6割が、良い結婚相手がいなければ結婚しなくても良いと考えているというアンケート結果も出ています。

 

良い結婚相手がいないのに無理に結婚するとどうなるでしょうか。

意外に相性が良く、幸せな家庭を築ける場合もあるでしょうが、愛情が薄いままだとつらい時に乗り越えられないかもしれません。

せっかく結婚してもすぐに離婚になってしまうようであれば、無理な結婚はしないほうが良いですよね。

 

また、結婚しても親に迷惑ばかりかけて親不孝をすることもあります。

結婚相手が悪くて借金を背負ってしまう、子育てができずに親に任せてしまうなど、結婚しても親孝行になるとは限りません。

どこか無理して結婚してしまうとそういったリスクも高まります。

↑ 関連記事はこちら

 

結婚しないで得られるメリット

結婚しないで得られるメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

50代になってから縁あって結婚する人もいますから、結婚しないというのは、30代、40代でしない場合について考えてみたいと思います。

 

この年代だと結婚して出産、子育てをする人が多い年代ですが、結婚しない女性には家庭や育児にかかる時間がない分、自由に過ごせます。

このような場合、メリットとして次のようなことが考えられます。

 

自分のしたいことができる

職業に関して言えば、結婚・出産しないほうが確実にキャリアを積むことができます。

結婚して子育てをしている人と、独身でブランクなく仕事を続けている人とでは、キャリアの差は歴然ですから、仕事が大好きな人は独身か、結婚しても子どもはいないほうが理想の自分に近づけるでしょう。

 

また、仕事以外でも、好きな時に旅行に出かけたり、思い立った時においしいものを食べに行ったり、自分の気持ちのおもむくまま自由に過ごすことができます。

趣味の世界にお金をかけることもできるので、茶道や華道などの趣味に本格的に取り組み、そのうちにそちらが本業になるという人も。

資格試験を受けてスキルアップし、独立する人もいます。

ファイナンシャルプランナーや行政書士などの定番の資格試験のほかに、最近では、整理収納アドバイザー、カラーコーディネートなどもあります。

こういった新しい資格試験は、段階を踏んでステップアップできるものとして人気が高まっています。

 

他人に巻き込まれずに済む

結婚や出産をすると、夫や子どものことについて、自分のことのように考え込まなければならないことが起こりますが、独身でいれば安泰です。

 

たとえば、夫が転勤する時について行くとしたら、自分の仕事や交友関係も見直すことになります。

子育てでは、自分のことは後回しにして世話をしなければならず、子どもの手が離れるまでは基本的に自分の

都合では動けなくなります。

時間的なことだけではなく、子どもが何かトラブルに巻き込まれれば、親として解決したり謝ったりということも起こり、精神的にもいつも平静というわけにはいきません。

子どもの手が離れるまでは、振り回されっぱなしでネガティブな気持ちにも陥りやすくなります。

 

夫や子どもがいなくても親のことで何かトラブルが起きる可能性はありますが、その場合も子どもの立場であることには変わりないので、その点は楽だと言って良いでしょう。

 

いつまでも恋愛ができる

独身生活を悲観せず、メリットを最大限に生かしてキラキラと生活している人は、周囲から見てもうらやましい存在です。

そんな人は、いつまでも恋愛ができます。

 

恋愛をしていると、人に優しくできますし、自分磨きもしたくなり、ますます素敵な女性にグレードアップできるでしょう。

 

結婚をしなくても信頼できるパートナーと一緒に生活するという選択肢もあります。

若い頃の恋愛とは違い、お互いにさまざまな人生経験を積んだ上での共同生活は、心も充実させてくれます。

結婚という形に縛られなくても自分らしさを大切にしていれば、あなたらしい素敵な生き方ができると思いますよ。

関連記事はこちら

 

経済的に自立できる

結婚して子供がいたら、自分が自由に使えるお金はかなり限られますが、独身でいれば好きな使い方ができます。

 

女性の収入は男性よりも少ないとは言え、独身で仕事を続けていれば貯蓄も増え、経済的なゆとりも増えます。

旅行はグルメに使うのも良し、ファッションや趣味に費やすのも良し、自分磨きも思う存分できるでしょう。

将来を見据えた人生設計も自分の分だけ考えれば良いので計画も立てやすくなります。

 

 

まとめ|親不孝にならない生き方とは

結婚しないことが親不孝かどうかは、親子の考え方しだいです。

親も子も、結婚すればこんなことができたのに、と思っているうちはお互いに幸せにはなれません。

たしかに親の考えを変えることは難しいのですが、少なくともあなたが気持ちを変えることはできるはずです。

 

自分は結婚しなくて親不孝だと思い込んで落ち込むのではなく、結婚しないで得られるメリットに目を向けましょう。

結婚しなかったからこそできることは、何にも代えがたいものです。

それに、パートナーはいつでも見つかるチャンスはあります。

年齢的に子育てはできないかもしれないけれど、生涯の伴侶はこれから先に見つかる可能性は大いにあります。

それも、あなたが自分の人生を肯定し、明るく生きていればこそめぐってくる出会いです。

まだ先の長い人生、どんなことが待ち受けているか分かりませんよね。

 

親にとっての幸せはあなたが心から幸せであることです。

結婚しなかったことが引っ掛かる親もいると思いますが、結婚しなかったけれどやりたいことができて幸せだと納得できれば気持ちも変わるでしょう。

 

まずは自分の気持ちを前向きにして過ごし、あなたの幸せを手に入れましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 好きバレしている男性に告白させる7つの方法

  • 女性から告白の断り方。スマートな方法なら相手を傷つけない

  • 結婚願望の強い男性を一発で見極める~特徴と心理、対処法まで~

  • 結婚しない男性の心理を逆手にとって結婚する気にさせる方法大公開!

  • 元彼を後悔させるのに効果的な5つの方法

  • 好きな人への誕生日サプライズ。2人の距離がぐっと縮まるマル秘テク