1. TOP
  2. 毛穴の黒ずみはレーザー治療が確実!5種類のレーザー比較と選び方

毛穴の黒ずみはレーザー治療が確実!5種類のレーザー比較と選び方

スキンケア 美容
この記事は約 11 分で読めます。 15 Views

「毛穴パックやピーリングをしても毛穴の黒ずみがなくならない・・・」

そんな悩みはありませんか?

 

鼻の毛穴が黒ずんでいるとメイクで隠すことも難しいし、顔を見つめられると「毛穴を見られてる!?」と恥ずかしくなってしまうし本当に嫌ですよね。

 

頑固な毛穴の黒ずみはセルフケアだけでなんとかするのは難しいところ。

本気で改善したいと思っているのであれば美容皮膚科でのレーザー治療を視野に入れた方がいいかもしれません。

 

そこで、今回はレーザー治療の種類やメリット・デメリット、エステと美容皮膚科の違いなどについて徹底的にまとめてみました。

見つめられても怖くない、毛穴レスな肌を目指しちゃいましょう。

 

毛穴の黒ずみの種類と原因

「毛穴の黒ずみ」はどれも同じに見えるかもしれませんが、実は2つのタイプがあるんです。

タイプごとに原因や対策が違ってくるので、自分がどちらのタイプなのかしっかり把握しておきましょう。

 

毛穴のつまりによる黒ずみ

メイク汚れや皮脂、古い角質などが混ざり合って毛穴の中に残り、固まってしまうと角栓ができます。

角栓は酸化することで黒っぽい色になるので、毛穴の黒ずみになってしまうのです。

 

触った時に表面がザラザラしているのであれば、毛穴のつまりによる黒ずみだと考えられるでしょう。

 

色素沈着による黒ずみ

シミやソバカスと同じように、メラニンによる色素沈着でも毛穴は黒ずんでしまいます。

 

メラニンは肌の内側にある真皮層を、紫外線などの外部刺激から守る役割があります。

ターンオーバーが正常であれば、不要となったメラニンは古い角質と一緒に剥がれ落ちてしまうので肌には残りません。

 

しかし、ターンオーバーがうまく行われないとメラニンがいつまでも肌に残ってしまうので、黒ずみとなってしまうのです。

 

触ってみてザラザラしなければ、こちらのタイプの黒ずみです。

 

毛穴の黒ずみに効果のあるレーザー治療5つとそれぞれのメリット・デメリット

レーザー治療はたくさんの種類がありますが、その中でも特に毛穴の黒ずみ改善に効果のあるレーザー治療5つについて、費用やメリット・デメリットも含めて紹介したいと思います。

 

フラクショナルレーザー

ミクロレベルの細かいレーザーを点状に照射して、真皮にまで到達する小さな穴を空けて熱を注ぐ治療です。

熱により傷ついた肌が治癒する力を利用して古い肌を生まれ変わらせます。

 

毛穴の中の老廃物を出しやすくするので、毛穴つまりタイプの黒ずみにも効果があります。

また、肌に弾力が出て毛穴まわりの肌をふっくらさせるので、毛穴をキュッと引き締めることで毛穴の黒ずみを予防することもできます。

 

施術時は火花が当たったような熱さを伴う痛みを感じますが、麻酔の使用することも可能です。

 

フラクショナルレーザーには

  • 皮膚を削るアブレイティブタイプ
  • 熱で肌再生を促すノンアブレイティブタイプ

の2種類があります。

 

アブレイティブタイプ

炭酸ガスを使って皮膚を削るタイプのフラクショナルレーザーです。

肌を一部蒸散させる治療法でハードな施術に使用される分、長いダウンタイム(施術後、回復するまでの期間)が必要だったり、浸出液が出てしまったりなどのデメリットがあります。

 

 

 

ノンアブレイティブタイプ

肌に細かい熱ダメージを与えて凝固させる治療法です。

施術後は赤みやヒリヒリ感もありますが、比較的ダウンタイムが短くて済むのがメリットです。

 

 

フラクショナルレーザーにかかる費用の目安は1回の施術で2~5万円程度です。

1回だけでは効果が実感できないので、5~6回ほど施術を受ける必要があります。

ダウンタイムとして次の施術までは約4週間空けないといけないので、治療期間として半年ほどかかると考えておいた方がよいでしょう。

 

カーボンピーリング

超微粒子のカーボンが入ったクリームを毛穴の黒ずみに塗ってからレーザーを照射する治療法です。

レーザーがカーボンの黒い色に反応することでカーボンが一瞬のうちに蒸発し、一緒に古い角質や角栓も除去されるという仕組みです。

 

また、レーザーの熱による毛穴を引き締めたり、熱でダメージを受けた肌が回復する時にコラーゲンが生成されることでターンオーバーの促進に繋がったり、肌に様々なメリットがあります。

 

照射するレーザーの種類によってはシミにも効果があるので、毛穴つまりタイプと色素沈着タイプの両方の黒ずみを改善する効果が期待できます。

しかも即効性があるのがメリットです。

 

施術時の痛みは輪ゴムで弾いた程度なのでほとんどありません。

施術後は軽いヒリヒリ感や赤みが出て、一時的に肌が敏感になります。

ダウンタイムはほとんど無いですが、レーザーの種類によっては1週間ほど赤みがつづくこともあります。

 

費用の目安は、鼻のみで15,000円前後です。

施術は6回程受けると効果が実感できるでしょう。

 

サーマクール

 

厳密にはレーザーではないのですが、高周波で真皮層にダメージを与えて肌の再生を促進する治療法です。

肌表面を冷やしながら施術をするので表皮には全く負担がかからないという点がメリットです。

 

その効果は「即効性」と「持続性」のどちらも実感できるのが特徴で、施術後の引き締め効果は一時的なもの(3日間程度)ですが、その後1~6ヶ月ほどかけて徐々に肌にハリが出ていきます。

 

しかも増えたコラーゲンはほとんどそのまま定着するので、1回の施術で治療が終了するという手軽さもメリットだと言えますね。

ダウンタイムもほとんどありません。

 

ただし、毛穴の黒ずみに全く効果がないわけではありませんが、どちらかと言うとたるんだ毛穴を引き締めるための治療法です。

 

費用の目安はショット数によりますが、10万~30万円とかなり高額になってしまうのがデメリットですね。

 

アファームマルチプレックス

 

フラクショナルレーザーの原理に近い治療法です。

波長が異なる2種類のレーザーを当てることで、表皮と真皮の両方に働きかけることができます。

コラーゲンの再生を促す効果があり毛穴を引き締めてくれるので、毛穴詰まりタイプの黒ずみを予防できます。

また、色素沈着を改善する効果もあるので色素沈着タイプの黒ずみにも効果があります。

 

ダウンタイムは1週間程度と比較的短く、ノーダウンタイムの治療法よりは高い効果が期待できるのがメリットです。

費用の目安は、鼻だけであれば1回2万円程度です。

 

YAGレーザー

どちらかというとシミの治療に使うレーザーなので、色素沈着タイプの黒ずみ向きの治療法です。

表皮と真皮に届く2種類のレーザーを必要に応じて切り替えることで、シミの色素が浅いものと深いものに効率よく働きかけてくれます。

 

強い痛みを感じる場合があることと、ダウンタイムが2週間程度と比較的長いことがデメリットです。

費用の目安は1回1万円前後です。

 

毛穴の黒ずみに効果のあるレーザー以外の治療法

 

レーザー以外にも、毛穴の黒ずみに効果のある治療はあります。

「レーザーはやけどの心配があるし何となく怖い・・・」と悩んでいる人は、選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

 

ピーリング

一般的な「ピーリング」は、酸性の薬剤を肌に塗ることで古い角質を取り除く「ケミカルピーリング」のことです。

市販のピーリング剤を使えば自宅でもセルフケアもできますが、美容皮膚科では市販のものより強い薬剤を使うので、その分高い効果が期待できます。

 

一度の施術で完全に毛穴の黒ずみが改善できるわけではありませんが、何度か施術を受けることで徐々に黒ずみが目立たなくなってくるでしょう。

毛穴つまりタイプと色素沈着タイプのどちらにも効果があります。

 

また、皮脂の過剰分泌を抑えたり毛穴を引き締めたりする効果もあるので、毛穴の黒ずみが目立たなくなってからも定期的に施術を受けると黒ずみを予防できますよ。

 

超音波による毛穴洗浄

 

毎秒300万回ほどの振動を毛穴に当てて汚れを洗浄します。

毛穴がキレイになるのはもちろんのこと、血流やリンパの流れを良くする効果もあるので肌の新陳代謝がアップします。

 

施術はカウンセリングから始まり、マイクロスコープで毛穴の状態を見てから施術のスタートです。

まずは毛穴をクレンジング剤で洗い、その後超音波で毛穴を洗浄します。

 

仕上げに毛穴吸入のスチームで頑固な汚れを落としたり、トリートメントでお肌に潤いを与えたりして完了です。

 

吸引による角質や角栓の除去

 

ガラス管を毛穴に当てて皮脂や角質、角栓などの汚れを吸い出します。

毛穴つまりが原因の黒ずみも吸い出せるので、スッキリキレイにできます。

 

機械を購入すればセルフケアも可能ですが、自分でやると毛穴を傷つけてしまう可能性もあるのでプロに任せた方が安心ですね。

 

レーザー治療を受けるクリニックを選ぶ際の4つのポイント

どのレーザー治療を受けるかも重要ですが、やけどなどの肌トラブルを防ぐためにも施術を受けるクリニック選びも慎重に行わなくてはいけません。

 

  • 施術前にきちんとカウンセリングをしてもらえるか
  • 治療の種類が多く、様々なトラブルに対応してもらえるか
  • レーザー治療の技術力はあるか
  • 口コミの評価は高いか

 

 

この4つのポイントをクリアできているようなクリニックを選びましょう。

 

毛穴の黒ずみ治療を受ける場合のエステと美容皮膚科の違い

 

毛穴の黒ずみ治療を受ける場合、エステと美容皮膚科では大きな違いがあります。

それは「エステではレーザー治療は受けることができない」ということです。

 

レーザーは医療行為なので、医師が常在しているところでないと施術を受けることができません。

毛穴の黒ずみを改善するためにレーザー治療を受けたいのであれば、美容皮膚科に行きましょう。

 

毛穴の黒ずみを改善・予防するためのセルフケア

せっかくレーザー治療で黒ずみが解消できたとしても、今まで通りのケアを続けていては再び毛穴が黒ずんでしまう可能性が高いです。

毛穴の黒ずみを改善・予防できるようなケアや生活習慣を心がけましょう。

 

  • 正しい方法で洗顔をする

毛穴の黒ずみが気になって、洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシと洗ってしまう人もいるかもしれませんが、絶対にNGです。

洗いすぎるとかえって皮脂の分泌が多くなってしまいますし、ターンオーバーも乱れてしまいます。

 

程よい洗浄力の洗顔料を使い、擦り過ぎや洗いすぎに注意して洗顔しましょう。

洗顔後は保湿ケアを忘れないようにしてくださいね。

 

  • 鼻をいじりすぎない

毛穴の黒ずみが気になってついつい触ってしまうのも刺激になってしまいます。

また毛穴パックやオロナインパックなどのケアも使った時は角栓が取れてスッキリするかもしれません。

しかし開いた毛穴にまた角栓がつまるだけです。

肌に刺激を与えることで皮脂の分泌も過剰になってしまうので止めておきましょう。

 

  • 生活習慣を整える

質の良い睡眠や栄養バランスの取れた食事を取ることは、毛穴の黒ずみを改善するためにとても大切です。

また、ストレスは肌トラブルの原因になるので上手にストレスを解消できるような方法を見つけると良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

毛穴の黒ずみを改善するためにはレーザー治療が確実ですが、レーザーを受けて終わりというわけではありません。

その後のセルフケアでも黒ずみを予防できるように心がけて、毛穴レスな美肌を維持しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • クレンジングで毛穴の黒ずみをスッキリする!オススメのクレンジング5選

  • 小鼻の毛穴のケア方法は?角栓をなくす簡単ケアとNGケアを徹底解説!

  • 糖質制限で肌質改善!私が試して効果があった食事法を紹介

  • まつげをみるみる伸ばす方法!自力で簡単にまつげを伸ばすケアとオススメのまつげ美容液5選

  • 皮脂の分泌を抑える正しいスキンケアで美肌を目指そう

  • 色素沈着の原因は?作りたくないならセルフケアは必須!