1. TOP
  2. クレンジングで毛穴の黒ずみをスッキリする!オススメのクレンジング5選

クレンジングで毛穴の黒ずみをスッキリする!オススメのクレンジング5選

 2017/11/13 スキンケア 美容
この記事は約 9 分で読めます。 44 Views

「毛穴の黒ずみが気になる」

「メイクで隠すのが難しい」

鼻の毛穴の黒ずみケアで悩んでいる人は多いと思います。

 

角栓を取り除くためにオイルクレンジングでくるくるマッサージ。

でもスッキリするどころか、かえって黒ずみがひどくなってしまった!

そんな経験をした人もいるのではないでしょうか?

 

そんな失敗を繰り返さないために、毛穴の黒ずみをケアするクレンジングの方法やポイントをまとめてみました。

併せてオススメのクレンジング5選も紹介します。

 

毛穴の黒ずみケアはクレンジングがポイント

「毛穴すっきり」を謳うクレンジングはNG!

「毛穴の黒ずみをなんとかしたい」と思ってクレンジングを選んでいるのに、改善するどころか余計に酷くなっている気がする・・・。

そんな悩みのあるアナタ、もしかして「毛穴がすっきりする」タイプのクレンジングを使っていませんか?

 

「使うだけで毛穴の黒ずみがすっきり」「毛穴の角栓が取れる」などと謳っている毛穴ケア専用のクレンジングは、使ってみると確かに毛穴の黒ずみが綺麗になったように感じられます。

そして「このまま続ければ毛穴レスなスベスベ肌になれるのでは!?」と思うかもしれませんが、実はそれが大きな間違いなんです。

 

肌が乾燥すると毛穴の黒ずみが悪化する

このタイプのクレンジングを使い続けると毛穴の黒ずみが悪化する可能性があります。

それは毛穴がすっきりするタイプのクレンジングは一般的に洗浄力がとても強いので肌が乾燥してしまうから。

そして、毛穴の黒ずみや角栓の原因の一つは「肌の乾燥」なんです。

 

それでは、なぜ肌が乾燥すると毛穴の黒ずみや角栓ができるのでしょうか。

肌が乾燥する

乾燥すると毛穴付近の角質がガサガサになって剥がれてくる

乾燥した肌を守るため皮脂を過剰に分泌する

剥がれた角質と過剰な皮脂が混じり合って毛穴に詰まる

角栓や黒ずみになる

 

これは毛穴をすっきりさせるタイプのクレンジングに限らず、肌を乾燥させやすい洗浄力の強いクレンジングは毛穴ケアには向いていないということなのです。

 

毛穴の黒ずみをケアしたい場合、クレンジング選びのポイントは?

 

メイクの濃さに合わせてクレンジングを選ぶ

基本的に洗浄力の強いクレンジングは肌への負担も大きく、肌を乾燥させてしまいがちです。

ですから、毛穴の黒ずみをケアしたい場合は洗浄力の強すぎない、肌に優しいクレンジングを選ぶと良いでしょう。

 

しかし洗浄力が弱いとメイクがなかなか落ちず、洗うのに時間をかけてしまうというのは逆効果です。

クレンジングは手早くメイクを落とすことも肌を乾燥させないためには大切なことだからです。

 

つまり、クレンジングはメイクの濃さに合わせて選ぶのがポイントなのです。

メイクが濃い場合は洗浄力の強いオイル薄い場合は肌に優しいミルクといった風に使い分ければ、どんなメイクも時間をかけずにさっと落とせるので肌への負担を最小限に押さえることができるのです。

 

ポイントメイクはポイントメイクリムーバーで落とす

ベースメイクは薄いけど、ミルククレンジングだとアイメイクが落ちないからといって洗浄力の強いクレンジングを使うのはよくありません。

そんな場合は、ポイントメイクリムーバーでアイメイクだけを落とし、ベースメイクはミルククレンジングで落とすのがベストです。

 

安すぎるクレンジングは避ける

最近ではドラッグストアや百均などで安価なクレンジングを販売していますが、安すぎるクレンジングは避けましょう。

 

安すぎるクレンジングの原料は安さ重視で、肌への優しさは二の次なので毛穴にも当然良くありません。

クレンジングは500円以上のものが最低ラインですが、毛穴の黒ずみケアをしたいのであれば、できれば3000円以上のクレンジングを使うことをオススメします。

 

肌への優しさを最重要視する

クレンジングはメイクをしっかり落とすことが大前提ですが、その上で「肌への優しさ」も見逃せない重要なポイントです。

肌への優しさを重視するのであれば、W洗顔不要のクレンジングを使うと良いでしょう。

洗顔の回数が減れば、それだけ肌への摩擦が少なくて済むので肌の乾燥を防ぐことができるからです。

 

毛穴の黒ずみ対策にイチオシのクレンジングはクリームタイプとジェルタイプ

毛穴の黒ずみ対策にオススメのクレンジングはクリームタイプとジェルタイプです。

ミルクタイプより洗浄力が強いのでしっかりとメイクを落とすことができますし、オイルタイプよりは肌に優しく乾燥しにくいんです。

 

クリームもジェルも肌への負担が少なく、毛穴も開きにくいので毛穴の黒ずみ対策にはピッタリのクレンジングです。

ただし、オイルクレンジングほどの洗浄力はないので、濃いめのポイントメイクをした場合はポイントメイクリムーバーで落とすようにしてくださいね。

 

毛穴の黒ずみケアのためのクレンジングのポイント

クレンジング前に手を洗う

クレンジングをする前に、きちんと手を洗っていますか?

手を清潔にしないままクレンジングをしてしまうと、手の雑菌が顔に付いてしまうことがあります。

クレンジング前に手を洗って、清潔にしておきましょう。

 

時間を掛けすぎない

毛穴の黒ずみや角栓を落とそうと、時間をかけて念入りにクレンジングしたり、クレンジングでマッサージをしたりしていませんか?

 

クレンジングの役割は、あくまで肌の表面の汚れをケアするためのものです。

念入りにクレンジングでマッサージをしたからといって角栓や黒ずみが落ちるわけではありませんし、かえって肌の乾燥を引き起こしてしまうことも。

クレンジングはできるだけ1~1分半で済ませるようにしてくださいね。

 

すすぎはぬるま湯で行う

お風呂でクレンジングをしている人の場合、シャワーの熱いお湯ですすぎをしてしまうかもしれませんが、熱いお湯は肌を乾燥させてしまうので良くないです。

また、シャワーもその水圧が刺激になったり、小鼻など細かい部分が洗い残しがちになったりすることも。

 

すすぎは手にすくったぬるま湯(32度がベスト)で、優しく丁寧に洗い流すようにしましょう。

 

毛穴の黒ずみケアにオススメのクレンジング5選

マナラ ホットクレンジングゲル

 

引用:マナラ

汚れをしっかり落としてくれるのに肌に優しい「美容液✕クレンジング」、それが「マナラホットクレンジングゲル」です。

 

一般的な毛穴がすっきりするタイプのクレンジングは肌が乾燥するので余計に黒ずみがひどくなることがあります。

しかし「マナラホットクレンジングゲル」は、美容成分で角質層を柔らかくしてから吸着力のあるゲルで汚れを絡め取るのが特徴です。

ですからW洗顔不要で肌に優しく、メイク&毛穴の汚れをスルンとキレイに落としてくれるのです。

 

美容成分は洗い上がりしっとりの潤い成分、弾力肌に導いてくれるコラーゲンサポート成分、透明美肌成分などを配合。

クレンジング後も肌がつっぱることがなく、使う度に透明感のあるモチモチ肌になっていくのを実感できるでしょう。

 

サッポー クレンジングクリーム

引用:サッフォ株式会社

「サッポー クレンジングクリーム」最大の特徴は、「洗浄剤としての界面活性剤を使用していない」という点です。

保湿クリームと同じ構造なので汚れを溶かしません。

汚れの種類に合わせてオイルを絶妙に配合することで、油性と水性の汚れにすばやくなじんで優しく浮かび上がらせることで汚れを落とすのです。

 

クレンジング後、肌にクリーム(オイル)が残りますが、洗浄力はないので肌に残っても問題ありません。

敏感肌で石鹸が使えない人は、このクレンジングクリーム1本だけでOKです。

 

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

引用:リ・ダーマ ラボ

「リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング」は、こんにゃくスクラブ配合のクレンジングゲルです。

 

一般的に、スクラブは肌にはあまり優しくないとされています。

しかし、「リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング」に配合されているのはぷるぷると柔らかい、極小こんにゃくスクラブです。

ですから肌に優しく、潤いを与えながら毛穴の汚れや古い角質を吸着し、落としてくれるのです。

 

更に42種類物美容成分を配合しているので、しっとりと明るく、ハリのある肌に導いてくれます。

濡れた手でも使うことができ、W洗顔不要ですっきりツルツルの肌に洗い上げることができますよ。

 

ラフラ バームオレンジ

引用:RAFRA

水をほとんど含まず「コラーゲン・ヒアルロン酸・はちみつ」などを配合した、「美容液で洗う」という新感覚のホットクレンジングバームです。

 

濃厚バームで擦らず洗えるしW洗顔不要なので肌に優しく、なおかつメイクも汚れもしっかりオフ。

植物由来の洗浄成分に徹底的にこだわっており、温感バームで肌をほぐした上でオリーブオイル・ひまわり・オレンジオイルで汚れを溶かすので突っ張ることなくしっかり洗い上げることができるのです。

 

オイルに引けを取らないクレンジング力と、美容パック級の潤いを兼ね備える最強のクレンジングと言えるでしょう。

 

D・U・Oクレンジングバーム

引用:D.U.O

クリームよりもテクスチャが重めのバームですが、この「D・U・Oクレンジングバーム」は、始めは固形なのに、肌になじませるととろける新感覚のクレンジングバームなんです。

 

最大の特徴は、これ1本だけで

  • クレンジング
  • 洗顔
  • 角質ケア
  • マッサージケア
  • トリートメント

の5つの役割を果たしてくれるというところでしょう。

 

独自技術のナノマトリクス構造が肌のすみずみまで行き渡り、W洗顔をしなくても皮脂やホコリなどの汚れをスッキリ落とすことができます。

更に、31種類のエイジングケア成分が角質層にスーッと浸透し、洗い上がりもつっぱることなく潤いを実感できるんです。

また、ソフトスクラブで古い角質を優しく取り除く効果や、ほんのり香るアロマでマッサージすることによるリラックス効果もありますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

肌に優しく、なおかつしっかり汚れを落とすことができるクレンジングでケアを続けて、黒ずみのないツルンとキレイな鼻を手に入れてくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ニキビの様なブツブツを治す方法は!?ブツブツの原因と治し方を徹底解説  

  • 脂肪を落とす漢方ですっきりスリムに。驚きのダイエット効果5つ

  • いちご鼻を隠すとっておきのメイク技とおススメプチプラ化粧下地5選

  • 顔のほくろを除去したい!方法別メリット・デメリットや費用などを徹底解説

  • まつげをみるみる伸ばす方法!自力で簡単にまつげを伸ばすケアとオススメのまつげ美容液5選

  • 皮脂の分泌を抑える正しいスキンケアで美肌を目指そう