【実は美肌効果があった】ラクトフェリンのおススメサプリ&化粧品3選

スキンケア
スポンサーリンク

「お肌を美しくして見た目年齢を若くしたい!」

「健康的な美肌を手に入れたい」

そう、思っていませんか?

 

美肌を手に入れるためには外側からのケアも大切ですが、体の内側からもしっかりとケアしてあげる必要があります。

体の内側から健康になることで、お肌を美しくすることができるからです。

 

体内からのケアに最適なのが、「ラクトフェリン」という成分です。

今回は、ラクトフェリンの美肌効果とラクトフェリン配合のサプリや化粧品についてまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

ラクトフェリンについて

ラクトフェリンは牛乳など多くの哺乳類の乳に含まれている成分です。

「ラクト」は乳、「フェリン」は鉄と言う意味があり、その名の通り鉄が含まれているので淡いピンク色をしています。

 

人間の唾液や涙、母乳にもラクトフェリンは含まれています。

特に、産後数日間の初乳に多く、生まれたての赤ちゃんを感染症から守る働きがあるのです。

 

 

ラクトフェリンには

  • 抗菌・抗ウイルス作用
  • 免疫力を回復する効果
  • 腸内環境改善
  • 貧血を改善する効果

 

などの働きがあるので、様々な健康効果が期待できますよ。

 

また、サプリメントなどで口から摂取したラクトフェリンが胃で消化されることで、「ラクトフェリシン」という物質が生じます。

この「ラクトフェリシン」にはラクトフェリンよりも強い抗菌作用があり、胃や腸で病原性大腸菌O157やピロリ菌等を退治してくれるのです。

 

一部のラクトフェリンは胃で消化されず、そのまま腸に届きます。

そして、腸内の免疫細胞に働きかけることで体の免疫力を上げてくれるのです。

 

ラクトフェリンの美肌効果

最近ではラクトフェリンの健康効果だけではなく、美肌効果も注目が集まっています。

ラクトフェリンには、どのような美肌効果が期待できるのでしょうか?

 

美肌とスリムな身体、両方を手に入れたい方はこちらもどうぞ↓

 

腸内環境の改善

ラクトフェリンには腸内環境を改善する働きがあるので、便秘解消に効果的です。

また、ラクトフェリンは腸内の悪玉菌から鉄を奪い取ることで悪玉菌の成長を阻害します。

更に、整腸作用のあるビフィズス菌を増やす働きもあるので腸内細菌のバランスを整えてくれる効果があるのです。

 

便秘と肌のコンディションには密接な関係があるんです。

まず、便秘になると腸内に有害物質が増えてしまいます。

体は増えた有害物質を排出しようとしますが、便秘のため出口が詰まってしまっていると腸壁から有害物質を吸収するしかありません。

この場合、吸収された有害物質は汗や皮脂として肌から体外に排出します。

 

もともと肌細胞には肌に溜まった汚れを排出するという仕事があります。

ですが有害物質の排出という手間が増えると、肌に汚れが溜まって肌荒れを起こしてしまいます。

つまり、便秘を解消して体内に有害物質を溜めないようにすることが、肌荒れの改善につながるのです。

 

また、腸内環境が良くなることで食べたものの栄養吸収率もアップするので、同じ食事量でも栄養を効率的に摂取できるようになります。

美容に効果的な酵素やホルモン、ビタミンも腸が生成しているので、そういった面でもラクトフェリンは美肌に効果があると言えるでしょう。

 

更に、腸には自律神経を調整する働きもあるので、腸内環境が良くなることで新陳代謝がアップして血行も良くなります。

血行が良くなることで酸素や栄養が肌にしっかり届くようになるので、肌が健康になるんですよ。

 

抗酸化作用

ラクトフェリンの持つ抗酸化作用も、美肌に効果があります。

 

人が紫外線を浴びると生成される過酸化物質は、タンパク質と結びついてシミの原因になってしまいます。

しかし、ラクトフェリンには抗酸化作用があり、過酸化物質を除去してくれるのでシミを予防できるのです。

ラクトフェリンはアンチエイジングにはもってこいの成分なんですよ。

 

免疫力アップ

実は、ラクトフェリンの効果の一つである「免疫力アップ」も美肌に効果があるんです。

 

人の体を守る「免疫細胞」はT細胞、B細胞、顆粒球、マクロファージ、NK細胞などの種類があり、白血球の中に存在しています。

免疫細胞は体の中に入ってきたウイルスや細菌と戦うことで私たちの体を守っているんです。

ラクトフェリンは、免疫細胞の中の「NK細胞」に働きかけ、活性化させる作用があるので免疫力アップに効果があります。

 

即効性はありませんが、健康で美しい肌を作るためには免疫力を高めて外敵に負けない丈夫な体を作ることが大切です。

体の免疫力をアップすることで肌のバリア機能も高くなるので、美肌作りに効果があるんですね。

 

ラクトフェリンとコラーゲン、エラスチンの関係

肌のハリや弾力を保つのに欠かせないエラスチンやコラーゲン。

これらの成分はもともと人間の肌に存在していますが、加齢とともに減っていってしまいます。

 

そんな中、ラクトフェリンにコラーゲンやエラスチン、生成量を増やす効果があるのでは?と期待が寄せられています。

今はまだ人の肌にラクトフェリン受容体が見つかり、そのメカニズムが解明されつつある段階です。

しかし、ラクトフェリンはコラーゲンやエラスチンを作り出す線維芽細胞に直接働きかけ、活性化させる作用があると期待されている成分なのです。

 

ラクトフェリンの使い方

ラクトフェリン配合のサプリメントで取る

ラクトフェリンは牛乳に含まれているので、牛乳を飲んだりプリンやヨーグルト、チーズなどを食べたりすれば取ることができるのでは?と思うかもしれません。

しかし、ラクトフェリンは「熱に弱い」という性質を持っています。

加熱処理をされているこれらの食材を飲んだり食べたりしても、ラクトフェリンを摂取することはできないのです。

 

加熱処理していないナチュラルチーズを食べればラクトフェリンを摂取できますが、その配合量100g中わずか0.3gという微量なもの。

これでは効率よくラクトフェリンを取ることができませんよね。

 

だからラクトフェリンを効率よく摂取するのにはサプリメントがオススメなんです。

美肌効果が判明する前から、ラクトフェリンの健康効果については分かっていたので、多くのラクトフェリンサプリが販売されています。

 

ちなみに、ラクトフェリンは酸にも弱いという事がわかっています。

口から取り込んだラクトフェリンのほとんどは胃で消化・吸収されて「ラクトフェリシン」という物質に変わってしまい、ラクトフェリンのまま腸まで届く事はほとんどありません。

 

胃で消化吸収されても健康効果はありますし、体が健康になれば美肌にも効果的です。

しかし、「美肌に特化した効果を得たい!」というのであれば、腸溶性のラクトフェリンサプリを選ぶと良いでしょう。

 

ラクトフェリン配合の化粧品を使う

ラクトフェリンに美肌効果が期待できると言われるようになり、最近ではラクトフェリン配合の化粧品も出てくるようになりました。

ラクトフェリンは肌の深層(角質層)に働きかけて新陳代謝を活発にすることで、お肌のハリや弾力をアップする力があると言われているのです。

 

ラクトフェリン配合のサプリ・化粧品

BELIVA(ビライバ) 濃純ラクトフェリンMAX

出典:BELIVA(ビライバ)

1日1回、3錠で300mgのラクトフェリンを取ることができるサプリメントです。

医薬品レベルの特殊コーティング加工「DDS(ドラッグデリバリーシステム)」を施すことで、腸までしっかりとラクトフェリンが届きます。

 

また、美肌成分としてヒアルロン酸・コラーゲン・コンドロイチンも配合しており、「美肌サプリメント」としてはかなり高い効果が期待できるでしょう。

 

90粒入り(約1ヶ月分)で税抜き9,000円と決して安いサプリメントではありませんが、これ一つで心身の健康と美容に効果があるので、コストパフォーマンスは高いと言えそうです。

 

ライオン ナイスリムエッセンス ラクトフェリン+ラブレ

出典:ライオン

ラクトフェリンに植物性乳酸菌である「ラブレ」をプラスしたサプリメントです。
特殊コーティングで、2つの成分をしっかりと腸まで届けます。

 

ラブレ菌は京都の漬け物「すぐき漬け」から発見された植物性乳酸菌です。

もちろん動物性の乳酸菌も人の体には必要ですが、日本人の腸には植物性の乳酸菌が馴染みやすいと言われているので、積極的に取りたい乳酸菌だと言えるでしょう。

 

定価は93粒入り(31日分)で税抜き6,720円ですが、定期コースであれば税抜き5,900円で購入できます。

(定期コースは3回以上の継続が条件)

 

ラクトフェリンラボ

出典:サラヤ

洗剤や石けんなどを製造する化学メーカー「サラヤ」のラクトフェリン研究から生まれたスキンケアシリーズです。

クレンジング、ローション、オールインワンゲル、クリームに純度の高いラクトフェリンを高濃度で配合しています。

 

ローション、オールインワンゲル、クリームにはラクトフェリンをキー成分とする35種類の美肌成分も配合しており、肌本来の力を引き出してうるおいやハリのある肌へと導いてくれます。

 

ラクトフェリンの摂取目安と副作用

ラクトフェリンの摂取目安量と効果的な摂取タイミング

ラクトフェリンの摂取目安量は特に決まってはいませんが、1日に100mgを毎日継続して摂取することで効果があるとされています。

一般的には1日に150mg~300mg程度の摂取が適量だと言われているので、この量を目安にすると良いでしょう。

 

また、ラクトフェリンのサプリメントは就寝前に取ることでより高い効果が期待できます。

就寝前~就寝中は胃腸がリラックスした状態になるので、ラクトフェリンが腸に届いた時に吸収率が高まるからです。

 

ラクトフェリンの副作用

母乳、特に初乳に多く含まれているラクトフェリンは、生まれたばかりで抵抗力のない赤ちゃんが飲んでも問題はありませんし、むしろ赤ちゃんを守る働きがあります。

このことからも分かるように、ラクトフェリンに副作用の心配はまずないと言って良いでしょう。

 

ただし、過剰に摂取すると腸の働きが活性化しすぎて、お腹がゆるくなることもあるので要注意です。

また、ラクトフェリンは乳由来の成分なので乳製品アレルギーの人も注意してくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

美容と健康に効果のあるラクトフェリン。

外側と内側、両方からのケアで心身ともに健康的な美しさを手に入れましょう!

 

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スキンケア美容
natsukiti23をフォローする
オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。

コメント