1. TOP
  2. 小鼻の毛穴のケア方法は?角栓をなくす簡単ケアとNGケアを徹底解説!

小鼻の毛穴のケア方法は?角栓をなくす簡単ケアとNGケアを徹底解説!

スキンケア
この記事は約 10 分で読めます。 59 Views

しっかりと洗顔をして汚れを落としているつもりなのに、気づくと小鼻の毛穴に角栓が・・・。

透明な状態でも気になってしまうのに、角栓が黒ずんでしまい「いちご鼻」になってしまうとメイクをしても目立ってしまい、憂鬱な気分になりますね。

 

そこで、普段の洗顔だけでは落としきれない角栓の除去方法とやってはいけない角栓ケア、角栓ができないようにするために気をつけることまで、徹底的にまとめてみました!
 
スキンケアならこちらの記事もおススメです。

 

小鼻の毛穴にできる角栓の正体

小鼻の角栓は皮脂と古い角質

角栓って何からできているのかご存知ですか?

小鼻の余計な皮脂や肌に残ったファンデーションなどの汚れが混ざってできたものだと思っている方が多いかもしれません。

実はそれらに加えて「古い角質」も混ざったものが「角栓」です。

皮脂、つまり「油分」が角栓の主成分だと思われがちですが、皮脂は角栓の成分のうち約30%に過ぎません。

約70%は古い角質でできているので、角栓の主成分はタンパク質だと言えるのです。

 

「角栓の主成分はタンパク質」

このことが小鼻の毛穴ケアに大きく関わってくるのです。

 

小鼻の角栓ができてしまう原因

それでは、小鼻の角栓はなぜできてしまうのでしょうか?

角栓は、皮脂と不要な角質、ファンデーションなどの汚れが混ざって毛穴の中で固まってしまうことによってできるもの。

そして、角栓の7割は古い角質からできています。

つまり、不要な角質が多ければ多いほど角栓ができやすくなると言うわけなのです。

 

では、不要な角質が生み出される主な原因は何なのでしょうか?

健康な肌であれば、ターンオーバーにより古い肌細胞は剥がれ、新しい肌細胞が生まれてくるので肌に不要な角質が残ることはありません。

しかし、肌の乾燥や摩擦による刺激、生活習慣の乱れなどによりターンオーバーがうまくいかなくなると、古い細胞が角質となって肌に残ってしまうのです。

したがって、小鼻の毛穴の角栓が気になって念入りに洗顔やクレンジングをすればするほど、肌が乾燥して角栓が成長してしまう・・・という悪循環に陥りやすいんです。

 

なお、いわゆる「イチゴ鼻」と呼ばれる黒い角栓は、半透明の角栓が酸化して黒ずんでしまったもの。

原因は半透明の角栓と全く同じで、毛穴に放置されて時間の経ってしまったものが黒い角栓になってしまうのです。

 

小鼻の毛穴ケアにおすすめの方法

小鼻の毛穴にできてしまった角栓を取り除きたい場合、どのようなケアがオススメなのでしょうか?

 

毛穴を柔らかくする「毛穴体操」

肌や毛穴が硬くなっていると、その中にある角栓も当然取れにくくなってしまいます。

週に2~3回、毛穴体操を行うことで毛穴が柔らかく保たれるので角栓が取れやすくなるのです。

 

毛穴体操のやり方
  1. 小鼻の両側に両手の中指と薬指を当てて、鼻を軽く挟む鼻を左右に軽く動かす
  2. 上下に動かす
  3. 回すように動かす
  4. 最後に小鼻を軽くつまむ

 

あくまで軽く、優しく動かすのが鉄則です!

肌をこすったり力を入れすぎたりすると角質層にダメージを与えてしまうので気をつけましょう。

 

蒸しタオルや鼻ラップで毛穴を開く

「オイルやホットタオルで角栓を溶かし出す」という情報を見かけることもありますが、角栓の主成分は油分ではなくタンパク質なので温めても角栓が溶けるようなことはありません。

しかし、蒸しタオルや鼻ラップで毛穴を開くことで角栓をゆるめて取りやすくすることは可能です!

 

  • 蒸しタオル

水で濡らしたハンドタオルを電子レンジで1分加熱して蒸しタオルを作ります。

毛穴に雑菌が入ってしまわないようキレイなタオルを使い、加熱の際もキレイなお皿に乗せるようにしてくださいね。

加熱後は、火傷をしないよう必ず適温に冷ましてから顔に乗せましょう。

 

蒸しタオルを乗せて3分ほど置いたらOK!

肌が温かいうちに角栓ケアを行うと効果的です。

 

注意!
肌の水分が蒸発しやすい方法なので、なるべく小鼻のみにタオルを乗せるようにしてください。
頻繁に行うのは肌への負担が大きいので多くても週2回程度にしましょう。
乾燥肌の人は、蒸しタオルではなく鼻ラップがオススメです。

 

  • 鼻ラップ

蒸しタオルより手間がかかりますが、肌の乾燥を気にせず行うことができる方法です。

  1. サランラップを適切なサイズ(目安は5cm程度の正方形)に切り、小鼻を包みます。
    ※息苦しくならないように、鼻の穴部分は開けておきましょう。
  2. 鼻ラップをした状態で、半身浴をして毛穴を開きます。
    ※半身浴は38~40度のお湯に20~30分程度が目安ですが、個人差があるので無理は禁物です。
    汗をかいて気持ち良いと感じるくらいで上がりましょう。
  3. あとはラップを外して角栓ケアをしてください。

 

半身浴の発汗作用で毛穴の中の汚れも落ちやすくなり、美肌効果も期待できる方法です。

ただし、汗をたくさんかくので脱水になってしまわないよう、半身浴前にしっかり水分をとっておいてください。

半身浴中も水分補給できるようにしておくとなお良いです。

注意!
飲食後すぐの半身浴は内臓に負担がかかってしまうので避けてください。
食後は最低でも2時間経ってからにしましょう。

 

蒸しタオルも鼻ラップもメイクしたままだと毛穴に汚れが入り込んでしまいます。

必ずクレンジングと洗顔で肌を綺麗にしてからにしましょう。

 

毛穴が開いたら角栓を取ります

  • 綿棒✕オイル(ホホバオイルやオリーブオイル)

さて、毛穴が開いたら次は実際に角栓を取るためのケア方法です。

角栓を取るとは言っても、無理やり除去するような方法は肌へのダメージが大きいのでオススメできません。

角栓の主成分は油分ではないので、オイルや熱で溶かし出すという方法も、あまり効果は期待できないでしょう。

 

ではどうするのかというと、綿棒とオイルで優しくマッサージをして角質を浮き上がらせて除去するのです!

やり方はとっても簡単で、特別なアイテムも必要ありません。

綿棒にたっぷりとオイルを染み込ませ、鼻全体をくるくる優しくマッサージするだけです。

 

綿棒の滑りが悪いなと感じたら、肌にも少しオイルを馴染ませてください。

強く擦ると肌にダメージを与えてしまい、角栓ができる原因になります。

あくまでソフトに、力を入れずにマッサージするのがポイントです。

これだけで、頑固な角栓もしっかり取ることができますよ!

  • オイルはベビーオイルやオリーブオイル、ホホバオイルなど何でもOK。
  • 香料など不要な添加物が入っていないもののほうが肌への負担が少ないのでよりオススメ。
  • マッサージは指でもできますが、綿棒の方が細かい部分もマッサージしやすいです。

 

※オイルが肌に残ったままだと肌トラブルを起こしてしまうので、マッサージ後は洗顔を忘れずに!

洗顔後は保湿ケアも念入りに行い、肌が乾燥しないよう気をつけてくださいね。

 

小鼻の毛穴ケアでやってはいけない方法

剥がすタイプの毛穴パック

小鼻の毛穴ケアとして有名な剥がすタイプの毛穴パック。

きちんとしたやり方で行うのであれば一概にNG!とは言い切れませんが、基本的には肌へのダメージが大きいので避けるべき方法です。

 

剥がすタイプの毛穴パックは高い吸着力により角栓を根こそぎ取ることができるので、「角栓を除去する」という目的においては、非常に効果があると言えるでしょう。

しかし、角栓だけではなく肌に必要な角質や水分、油分まで取ってしまうので肌が乾燥し、不要な角質を生み出す原因となってしまうのです。

 

また、剥がすタイプのパックとの合わせ技でより角栓がごっそり取れる!と話題のオロナインパックも危険な方法なのでオススメできません。

オロナインH軟膏はあくまで医薬品なので、鼻にたっぷり塗って放置してしまうと肌が乾燥してしまうのです。

 

念入り過ぎる洗顔やクレンジング

角栓が気になりだすと、少しでも毛穴をキレイにしたいからと洗顔やクレンジングを念入りにやってしまう人も多いのではないでしょうか?

しかし、これは完全に逆効果です!

 

洗顔のし過ぎは肌の乾燥を招き、不要な角質や過剰な油分を作り出す原因となってしまいます。

角質や油分は角栓のもとになるので、結果として角栓のできる原因になると言うわけなのです。

 

洗顔やクレンジングでしっかりと汚れを落とすことはもちろん大切です。

しかし、角栓の主成分がタンパク質である以上、洗顔やクレンジング自体に角栓を取り除く効果があるとは言えません。

 

指や金属棒を使っての角栓押し出し

剥がすタイプの毛穴パックと並び、肌や毛穴へのダメージが大きいのが指や金属棒を使って無理に角栓を押し出す方法です。

角栓がにゅるっと取れるのが快感でついやってしまう・・・という人もいるでしょう。

しかし、無理に角栓を押し出すのは百害あって一利なし!

毛穴パック以上に肌にとって良くない方法です。

 

絶対に止めておきましょう!

 

小鼻の毛穴に角栓ができないようにするケアについて

せっかく角栓を取り除いても、また角栓ができてしまっては意味がありません。

小鼻の毛穴に角栓ができないようにするにはどうしたら良いのでしょうか?

 

肌が乾燥しないようにする

肌の乾燥は角栓の元となる不要な角質や油分を作り出してしまいます。

保湿ケアを怠らないようにするのはもちろんのこと、洗顔時のこすり過ぎや熱いお湯での洗顔も避けるようにして肌の乾燥を防ぎましょう。

 

また、紫外線も肌の乾燥の一因になるので紫外線対策もしっかり行ってくださいね!

 

ビタミンC誘導体とセラミドで保湿する

ビタミンC誘導体には肌の角栓や古い角質を除去したり、できにくくする働きがあります。

また、セラミドには毛穴の引き締めに効果があるので、セットで使うことで角栓をできにくくする効果が期待できるのです。

 

さらに、ビタミンC誘導体には肌の酸化を抑制する効果もあるので、酸化が原因の黒い角栓も予防できますよ。

 

ピーリング石鹸や酵素洗顔料で不要な角質を取り除く

角栓の主成分である不要な角質はタンパク質なので、基本的に油分を取り除くために作られたクレンジングや洗顔料ではうまく落とすことができません。

不要な角質を取り除くためには、タンパク質系の汚れに効果のあるピーリング石鹸や酵素洗顔料で優しく落とすのがオススメです!

 

ただし、長時間のクレンジングや洗顔、強くこすり洗いすることなどは肌に大きなダメージとなってしまいます。

また、強すぎるピーリングなども逆効果。

あくまで優しく洗うようにし、くれぐれもやり過ぎには注意してくださいね。

 

ターンオーバーを正常化する生活習慣

ターンオーバーを正常化するためには、保湿などの身体の外側からのケアだけではなく、内側からのケアも重要です!

  • 睡眠不足
  • 栄養バランスの悪い食事
  • ストレス

 

これらが重なると肌のターンオーバーがうまくいかなくなってしまうことも。

  • たっぷり眠る
  • 野菜中心の食事にして甘いものや油ものは控える
  • ストレスをうまく解消する方法を見つける

 

…など、ターンオーバーを正常化するための生活習慣をこころがけるようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今までのケアや生活習慣など、慣れていたものを変えていくのは大変ですが、角栓のないキレイな小鼻を目指して頑張っていきましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトカツ|大人のカッコイイ&美しい生活を応援します。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 色素沈着の原因は?作りたくないならセルフケアは必須!

  • いちご鼻を隠すとっておきのメイク技とおススメプチプラ化粧下地5選

  • 顔のほくろを除去したい!方法別メリット・デメリットや費用などを徹底解説

  • クレンジングで毛穴の黒ずみをスッキリする!オススメのクレンジング5選

  • ニキビの様なブツブツを治す方法は!?ブツブツの原因と治し方を徹底解説  

  • デリケートゾーンの黒ずみに間違ったケアしてませんか?